Artesano de Circulos Concentricos

<   2009年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧


【映】千年の祈り

アメリカで暮らす娘の身を案じ、はるばる北京からやってきた父親。
12年ぶりの再会。離婚を経験し、精神的にまだそこから脱出できないでいる娘が心配で堪らない。
無口で笑わなくなった娘を見て、この子は楽しく暮らしているのかと疑問を持つ。
そして色々なツアーに参加して観光してもらおうとする娘に「おまえが幸せに暮らすアメリカがどんなところか見にきたのにおまえが幸せそうじゃないなら見る必要はないよ」と。

毎日娘の為に御馳走を作ったり、先の見えない恋愛にはまり、夜遅い帰りを寝ずに待っていたり。。。。何故か疎まれる。

兎に角ぎこちない。娘は父親に心を開こうとしない。父親はそれを離婚のせいだと思う。

しかしこれには本当の理由があったのでした。物語の最後の最後に爆弾のように落とされた娘の思い。


父親の愛情深い問いかけにそっけなく曖昧に答える娘に苛立ちすら感じたNagieでしたが最後の娘の告白になるほどね、お父さんのことをそんな風に見ていたら確かに笑って話せないわなぁと。
それでもその誤解の生活が長すぎはしないか。。。だって子供の頃から抱いていた疑問なんだから。

長く一人暮らしをすると、自分のライフスタイルが出来上がってくるのは誰でもでしょう。
Nagieも大学入学から一人暮らしをし卒業してしばらく経った頃、母親が上京して一緒に暮らし始めた。
自分ひとりで自由に過ごしていたところに、この映画の父親の如く御飯が作られていて、出かけるのも自分気ままに誰の断ることもなく出かけていたのが一々言わなければいけない・・・・
一人放っておくのは可哀想と思うと出掛けにくかったり、最初は本当に大変だった。
なんだか自分が荒れちゃって。。。そしてそれにどう対処していいのかわからなくただオロオロする母。
Nagieの友人から電話がかかってくると、帰ってこないNagieのことがわからなくて、何しているのかと聞いていたらしい。ごめんよー。

今はもう勝手し放題ですが(笑)そして離れられないほど大切。

この映画の最後に、ぎこちなく微笑む娘・イーランをみて心が温かくなりました。

素敵な映画でしたねぇ。

今日、バスに乗っていたら、優先席に座るおばぁさんがNagieに座れ座れと言う。
えーなんでよー。そんなに大変そうに見えたのかしら?確かに空腹で打ち震えるほどではありましたが。。。。
わかった!!後ろの若いお兄さんのバック(後ろに斜め掛けしたバックがお尻の所でぼてっていう人一杯いるでしょ?あれってリュックしょってるのと変わらないくらい迷惑な時ありますよね?)でガンガン押されて体が斜めになっていたからかも。

しかし複雑だ。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-11-30 21:24

ジョー

昨日は美容院へ行ってまいりました。前回時間がなくて出来なかったところをしてもらいに。

2回に分けなきゃならない忙しさって何さって感じですが…その日に限って時間が無かった上に兎に角だらしなくなった髪を切りたかった。
そして短くなった状態は私の嫌いなおばさん族に入ってしまいそう…

時々見かけませんか?白髪も気にせずやたらに短髪にして大島紬なんかの着物を洋服に仕立てた服をビシッと着こなしたファッション好き(拘りの?)の人…
あれ、嫌いなの…

だから残りの工程は必須。
これでフランス人(なんで?)へ脱出。


今回行ってみたらアルバイトの若いキラキラしたボーイズが。

昼間働いて夜間の学校に通っているんだとかエライ!

で美容院での常套句「これからお出かけですかぁ」という問いに…
「んー映画をねぇ、空気人形っていうのを観るんだけどストーリーもよいらしいんだけど大好きなオダギリジョーがちょっとだけ出てるのよぉ」って答えたら、食いついてきた…
「僕、オダギリジョー大好きなんです」

………………

そういえばロン毛に髭、帽子にファッション、どれを取ってもオダジョーだわ。

頑張ってるところがいいよねぇ。

帰りには「じゃあね、ジョー頑張ってねん」と言ってきました。

オーナーのS氏はじめスタッフ一同歓声が上がる。

面白いですなぁ。

彼の顔が真っ赤だったのは言うまでもなくです。

若者をからかうようになったらもう堂々のおばちゃん殿堂入りですな。
[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-11-30 10:07

【映】空気人形

公開から結構時間が経っている作品ですが珍しくのんびりモードで行って参りました。
当初気にはなっていても観る予定ではありませんでしたが映画の好みの合う叔母1号に、絶対Nagieちゃん好きだから行って来いってメールが届き、ではとなったわけです。

結果、すごく良かったです。

性のはけ口として存在するLove Doll。。。。板尾創路演じる孤独な男の性の代用品としてのぞみはいた。(あった)
そんな人形が突然人間の心を持ち恋をする。

のぞみを演じるのは韓国の女優、ペ・ドゥナ。私の中での印象的な作品は、ポン・ジュノ監督の吠える犬は噛まないとかパク・チュヌク監督の復讐者に憐れみをかな。
ポン・ジュノ作品が多いかも知れませんね。

彼女の素晴らしい演技力でこの映画はかなり良くなっていると思いました。言葉を巧みに話す必要がない人形に韓国スターを起用する是枝監督はさすがです。
返ってたどたどしい感じが凄く馴染んでいました。

彼女が好きな人と歩くシーンで道にできる自分の影が中が空っぽだから光を透過した影になっていました。それを彼にばれないように影が映らないように移動するシーンがとても印象的。

この映画、単純に観てしまえばファンタジーラブストーリー。でもね、空気人形を通してしか恋愛できない男や
食べては吐いてしまう拒食症の女の子、ネット世界でしか恋愛できない若者。。。。などなど現代社会のコミュニケーションが取れなくなっている人たちの孤独がリアルに描かれている。

またところどころに生命というものを考えさせられるシーンも。
のぞみは人形であるが故に死というものを実感することもできないし、また空気を吹き込むことで生き返る。
そしてこのことがベースになって最後思いもしない結末がやってくる。
自分の愛する純一が死というものに直面しているところで必死に空気を送り込もうとするのぞみ・・・
Nagieはこのシーンに残酷さと同時に美しさも感じました。

人は本来空っぽなものだと思う。家族、恋人、友人、社会という関係性の中で空気を吹きこまれていくのだと思う。そうして私たちは曲がりなりにも人として存在している。

そして今、その関係性が崩れ始めているこの社会に対するメッセージ、人って面倒とか恋愛って面倒といってゲームの主人公に恋をする男の子がいるこの時代に対するアンチテーゼ。

さすがにドキュメンタリー作品に定評のある是枝監督さんだけあります。

いい映画でした。
凄く気になったのはどのシーンだったか荒れた部屋に飾られたブライス人形やプチブライスたち、可愛い。
やはりこのお人形。。。サブカル系おたく文化なのかな。

帰りは恵比寿の商店街にある小さな中華や、天童でままさんとご飯。こういうお店好きなんですよねぇ。
a0070133_21223159.jpg
a0070133_21225514.jpg

なんーでこんなでかいシイタケ入ってるんじゃ。肉野菜炒め肉抜き、シイタケも抜いてもらおう。

a0070133_2124366.jpg

チンジャオロースご飯。美味い。


内藤選手負けたねぇ。残念。でもねお疲れ様だね。かっこよいよ。好きだなぁ。
亀田弘毅、嬉し泣き、男泣きかぁ。これまた清々しいね。よかった。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-11-29 21:27

ALWAYS KAMAYA

オールウェイズ三丁目の夕日から名前をとったというなんともベタすぎるネーミングですが最近流行りの昔の建物をリメイクしてのカフェ。

a0070133_2333063.jpg
a0070133_2335141.jpg


この建物は旧市教育委員会庁舎、昭和9年に足利銀行栃木支店として建造された典型的な昭和初期の建築物で今では国登録有形文化財にしていされています。

それほど大きくもない空間ですがさすがに天井が高い分ゆったりした空間が演出されています。天井でゆっくり回る扇風機がなんともレトロでよい。今の時代にはレトロモダンとでもいいましょうかね。
a0070133_2374825.jpg


飾られている本や写真もどこか懐かしいものばかり。叔母1号にとってはまさしくの時で写真をみてはこんなエプロンしてたわとかこういう髪してる子いたねぇと微笑む。
a0070133_2392458.jpg
a0070133_2394316.jpg


なんとも素敵な空間でとても気に入りました。

お食事はこちらの名物、昔懐かしい味噌風味のハヤシライス御膳。ボリューミーです。
a0070133_23111340.jpg

a0070133_23113714.jpg


確かに喉越しに味噌のちょっとした酸味を感じますが芳醇でコクのあるソースはうっとりするような感じです。

帰りに建物の裏に回ってみたらこんなごっつい扉が。。。やはり銀行ですね。
a0070133_23141569.jpg




[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-11-28 23:15

jewel lipを手に入れよう

冬に向かって荒れる唇。。。乾燥対策で取り入れようというのがリップケア

只今猛特訓。俄かインストラクターのNagie。。。伊達にエステフリークではございませんよ。
Nagieが作った手順プリントに従って施術が進む。プラクティスプラクティス。
細かい細かい。。。

a0070133_8353149.jpg


a0070133_8354820.jpg



美容効果、抗菌効果の高いスイス製のアプリコットオイルで仕上げた唇はまさにぷるぷるです。
a0070133_836285.jpg


このオイルは歯周病にも効果がありますからオーラルマッサージにも使おうと練習中。
オーラルマッサージは加齢の敵、法令線にも効果ありですからぁ(笑)

実施開始まであと少し、本番に備えて毎日少しづつ練習です。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-11-27 08:39

本日のお食事会は。。。。

名ぜりふのオンパレード。

おひとりさま・・・・どうどうと痛々しい。

そうなのかぁ。

久しぶりに新中国家庭料理浅野@飯倉に行って参りました。この時期の浅野には、人々の心を一瞬にして溶かし幸せの世界へいざなうメニューがあるんです。

まずは前菜のサラダなどから始まっておんな3人食べるわ食べるわ。

a0070133_01638100.jpg
a0070133_0165363.jpg


そしてNagieの好物、ふかひれ茶碗蒸し。ふわふわの卵が体に優しく堪らない。本当これを一口、口に含んで目を閉じれば既にトランス状態になれます。
a0070133_0171349.jpg

a0070133_018507.jpg


干し海老などを使いあっさりしたお味のまこもたけの炒め物
a0070133_0191231.jpg


ご主人がサービスで出してくださったこちらは簡単に言ってしまうとベーコンを氷砂糖と紹興酒で蒸煮したもの
これを花巻にとろり状態のスープと共に挟んでぱくつく。
豚肉の塩味ととろり餡の甘さが絶妙で、作り方を教えてくださったけれど、これはプロの味です。再現不可能な気がします。
a0070133_0201335.jpg


そして私たちを幸せの泉に運んでくれる絶品メニューはこれなんですよー。餃子鍋。本当に薄味で仕立てられ餃子の他には大根と白菜(しかも白い根元の部分これが甘くて美味しい)だけ。
そのままスープ仕立てにいただいてもよいし、四川風のたれにつけてもいいし、このたれをスープに少し入れて食べても・・・・どうしても美味しい。
a0070133_023415.jpg


仕上げはこの鍋に残ったスープでラーメンを。
a0070133_0264675.jpg


んー、最高の気分です。

この幸せの泉に溺れ過ぎないように。。。。。。


気をつけて。


やっとピアスが形になってきました。友人に頼まれてたのですがパーツが無くて全然作れなかったのですが昨日必死にお昼休み買いに行ってきました。疲れたぁ。

しずく型の大きなピンクアメジストには、白とピンクの淡水パールとアメジストにクリスタル。可愛らしい雰囲気になりました。
a0070133_030065.jpg


もう一つはレモンクォーツ。白と緑の淡水にクリスタルという組み合わせ。こちらは可愛らしさの中にもぐっと落ち着いた大人なイメージ。
a0070133_0311931.jpg


どちらもそれぞれに可愛らしい。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-11-27 00:32

人は何故ビジュアルに負けて。。。

しまうのでしょうか?

今日はお給料日。ささやかながらままさんに美味しいお刺身でも買って帰ってあげましょうとデパートへいざ。

そしたらですよー。もう入口すぐに新潟ふるさとフェアとかいって暖簾がぴらぴらしているじゃないですかぁ。

ふと眼をやったらてんこ盛りのいくらに蟹ですよ。ぎょえっ。

a0070133_21132221.jpg
a0070133_21133795.jpg


先日の健康診断でコレステロールが異常では全然ないけど気になりました(まぁ女性は高めでしょうが)というのにコレステロール総決起大会みたいなこのご飯に釘付け。

結局誘惑に負けて買ってしまいましたがお刺身より高くつきましたな。

ある日の夜中、そう月が・・・クレセント・・・とても冴え冴えとした夜でした。代官山をぷらぷら、相変わらずお散歩をしていた時、ガラス張りのお花屋さんにふと眼が止まった。
なんだか凄く幻想的で見惚れてしばし佇むNagieでした。
a0070133_2117624.jpg



そうそう最近巷で流行りのtwitterなるものを始めてみました。
Dr_joynagi。。。

どうしていいのかわかりません。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-11-25 21:23

ご満悦。。。。

出来上がったいくら・・・蟹身を使った茶飯おにぎりを半分にぱかっと割って中央に一杯はさんでぱくりぱくりと食べる。美味しいです。
しかし夕飯におにぎりを作るというママさんはちと変わり者ですよ。

a0070133_2252586.jpg


丸の内の患者さんに作ってもらったガラスビーズを使ってピアスを作ってみました。ガラスだけだとちょっと寂しい感じだったので中心にクリスタルのカット石をぶら下げてみました。
ぐっと華やかになりました。

a0070133_228817.jpg
a0070133_2282240.jpg


今レディース患者さん向けにリップエステなるメニューを考案中。これからの季節唇の荒れは気になります。
スイス製のアプリコットオイルで行う、オーラルマッサージ&リップエステは法令線対策やぷるるんリップを目指している女子には必須ですよね。

楽しみです。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-11-24 22:12

なにこれぇー。

巨大椎茸。ままさんが実家に戻っていただいてきた。くぅ怖い、ますます椎茸が嫌いになるじゃないですかぁ。

a0070133_8241985.jpg
a0070133_824349.jpg


気をとりなおして。。。。大好きないくらの醤油漬けを作ろう。
生筋子ー。
a0070133_826372.jpg


約80℃のお湯に潜らせて身をほぐす。あちちだから急がないとね。ほぐれた身は奇麗で美味しそうですが味付けしてないから微妙です。
a0070133_8273878.jpg


これをまたあちちの温度のお湯につけると表面の細胞膜(?)が破壊されて浸け液を十分吸ってぷちぷちぱんぱんになった美味しい醤油漬けになります。これをご飯に一杯かけて食べます。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-11-24 08:29

弾む会話に。。。至福の一時

お食事友になりつつある丸の内の患者さんF氏とお食事。
人生の先輩でもあり、起業して今ではたくさんの従業員を抱える会社のTOPでもある彼はわたしの良きアドバイザーかも知れません。
兎に角話が尽きない、時間が足りないほどに吸収したいことがたくさん。

久しぶりにお会いし、とはいえ2か月ぶりか。。。。
これまた丸の内の患者さんに連れてきていただいてすっかりお気に入りになった新宿3丁目にあるブリッコラへ。
まだ数度しか伺っていないのに持前のずぅずぅしさでもう常連のようです。まぁこのお店も不思議な御縁でNagieの食べ仲間が色々繋がっているという。

混んでましたねぇ。この不景気に驚きですが真っ当な料理を真っ当な値段とサービスで提供するからこそ、起業努力がそこにあるからこその混雑でしょう。

いつもの通りメニューを見ることもなくお腹の具合と好みだけを伝えてお任せ状態。
まずはお野菜たっぷりのサラダ、鯖の燻製が入ってきました。鯖嫌いNagieですがこうすれば抵抗なく食べられるんだということを知りました。燻製にすると青魚独特の臭みと脂っぽさが抜けるみたい。Nagieにとって魚に酢の味は天敵のようでしたが問題なく美味しくいただけました。
a0070133_23115258.jpg


そしてこちらのお店のスペシャリテであるトローテ イン ブルー アルトアディジェ地方の伝統ヤマメ料理
白ワインとバターのソースが素敵です。ちょっとロシア料理っぽい。
これも最初見た時魚の皮の模様が全般グロテスクで苦手なNagieにとってはぎょぎょっっとしましたが食べてみるととても美味しいのでそこは頑張って見ぬふり(まぁ見えてしまうんだけど)です。3回も食べるとちょっと慣れてきました。
a0070133_2318027.jpg


そして野菜が食べたいという私たちの希望にそって川田農園(だったと思う)の野菜たちをグリルしただけ。美味しです。F氏も野菜が美味いとご満悦でした。よかった、ほっ。
美味しいところがあるよーとお誘いした手前ガッカリだけはさせたくないものね。
a0070133_23215576.jpg


ラスト〆のパスタはイノシシと牛蒡のパスタ。これは絶品のうまさで二人してにこにこ。
a0070133_23225593.jpg


今回も本当に楽しかった。映画の話、本の話、そして仕事の話(当院HPについてプロの目からアドバイス)。
凄くNagieの心の琴線に触れたのは九鬼周三という方の粋というものの考え方の話には引き込まれた。

Nagieはふとこの人は一体大学は何学部だったのかと思い、伺ってみた。
会社のテイストからすると理系って思いがちなのですが話せば話すほどに文学の薫りを感じてしまう。

彼の一言で今だNagieの胸に残っているのは『人生は放物線のように生きるのが楽しい、そしてその放物線は奇麗じゃなきゃだめなんだなぁ』と言ったこの言葉は、なんて美しいのだと感動しましたよ。
本人は忘れていることでしょうね(笑)

楽しい時間はあーっという間に過ぎてしまうんですね。

帰りにはこの愉しかった時間の余韻を楽しみたくて渋谷で途中下車。またまた一人のんびりsnootyfoxへ。
シェリートニック。
a0070133_23365075.jpg


そしてモルト。ボウモア
a0070133_2337213.jpg


美味しかったなぁ。そして相変わらず夜中に家までとぼとぼお散歩しながら帰ってきました。
代官山を抜ける時、閉まってしまったお店のウィンドウをじろーっと眺めるのが楽しいんですよ。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2009-11-21 23:39