Artesano de Circulos Concentricos

<   2010年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧


雅な心を感じる

お店に出会いました。

先日お散歩をしていました。お決まりのコースを歩いていたのですが何気なく灯りにつられて路地を除きこむとそこにはから傘がひとつ。。。。

新しいお店かなと行ってみれば凄く小さな和食屋さんでした。どうやらそこにお店を構えていくらか時間が経っているようです。いつも通っている道なのに全然気づきませんでした。

カウンター数席という小さなお店、日曜の夜だというのに満席状態。凄く気になり早速行ってまいりました。

道理で気づかなかったはずです、余りにも気付かれないのでここ最近傘を置き始めたのだとか。

微妙に茶会席の空気を混ぜつつのカウンター割烹(京懐石)。

35歳という若い店主さんでしたが15歳から京都へ出たのだそうです。
東京での和食とは一線を画しているような気がしました。

Nagieはあまり東京で和食はいただきません。電車賃かけても京都へ・・・という気持ちが強くて。

やはりねぇ、料理に華があるし美味しいし、おもてなしというものに対する考え方がちょっと違うような気がするんです。
東京での和食屋さんて色気がないっていうかビジネス的っていうか。

堪能させていただきました。お味はね・・・・もっと美味しいところがあるかもしれない。やはり京都の方が・・・・と思うところがあるかもしれない。
えらそうなことを言わせていただくならば味にも、手仕事にもまだまだ伸びる余地というかお勉強しなければならないところはたくさんあると思う。

でもね、御主人の精一杯おもてなしをしようという心が素晴らしい。

そのお店に足を踏み入れ、帰るまでの間どれだけお客様に楽しんでいただくか、そのお店の空間、店主の料理哲学など存分に、しかもさりげなく感じていただくかを一生懸命考えているお店。

今風に言えばホスピタリティってやつね。

a0070133_2392942.jpg

八寸で供されるお献立が大きなお盆に奇麗に飾りつけられて出された時には感動ものでした。それを銘々のお盆に移し盛られて出されました。

a0070133_23111820.jpg

糠漬けもしば漬けもみんな手作り。京都のぶぶ漬けを思わせる盛り付けですねぇ。

a0070133_23122534.jpg

大きな木の箱が出され蓋が開いたとたん、この様な見目麗しい景色が。。。。雅でしょー。全部手作りですって。全部食べたかったところですがここから一つセレクトするんです。

土鍋で炊かれたご飯は、おこげの部分もほんの一滴醤油が垂らされてお小皿に。残ったご飯はおにぎりにしてお土産に竹の皮に包んでくださいました。はい、ままさんの胃袋にしっかりおさまってしまいました。
a0070133_23163351.jpg


そしてさらに黒豆が好きでなんて言うお話をしたらなんとなんと黒豆までお土産に。
a0070133_23165353.jpg

a0070133_2317774.jpg

ふっくらぴかぴか艶々でしょー。上品な甘さで美味しかったですよー。

正直、そう通えるお店の値段ではございませんよ。でもね、それ以上に若き店主のおもてなしの心を感じる素敵なお店でございました。
東京に居ながらにして京都を感じることのできる。

また来月、お料理仲間の友人を誘って行ってこようかななんて考えています。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-02-27 23:21

viva!!ビューティホー野菜パラダイス

Nagieお気に入り店のひとつ、赤坂にあるやさい村大地。
サムギョプサルをいろんな葉っぱで包んで食べる。サンパセット。サンパとは包むってことらしい。

で、出てくる野菜の量が半端じゃない。
a0070133_2346037.jpg

長さ50cmはあろうかというプラスティックトレーにたくさんの野菜。この他にも手の届きにくい人用に別皿で出される。

a0070133_23475183.jpg
a0070133_2348978.jpg

巨大お肉ががんがん焼かれ、野菜にピリ辛の葱サラダににんにく味噌をのせて包んでごま油ベースのたれにつけて口に運ぶ。
a0070133_23501571.jpg
a0070133_23503211.jpg

只管、ルーティンにこの作業を繰り返す。この間に会話もし弾ける笑いにぶったまげてもいます。
はい、格闘技のようです。

シンプルな味付け、というか味付けらしい味付けはない。これが大好き。

今回、先日のNagie企画で初参加くださった有名お笑い芸人さんたちがたくさん所属する某大手プロダクションにお勤めするジムミさんがデビュー参加。
いやぁ、面白過ぎ。やっぱりレベル高いんですねぇ。でもね、ジムミさん曰く、こんなもんじゃないからと。
そうでしょうとも。。。周りはプロばかりですから。
どうやらNagieはつっこみどころ満載らしい。突っ込まれてるのに笑いが止まらないNagie。
ジムミさん最高。やはりやはり思った通り素敵な女性でした。
もう大好きになっちゃいました。次回も是非!!!!

そして帰り駅に向かう途中、ぎゃざをが真剣にカメラを向けている。
a0070133_23564516.jpg

中国帰りのぎゃざを。。。若干viva、にぃはおですから。

はてこの先にあるものは??????

a0070133_23574919.jpg


従妹のsu-mixも真剣に撮っておりましたぞ。

最高の夜でした。

vivaviva。。。。どんどん。。。。

そうそう、先日のブログに書いたJamilくんです。
a0070133_011011.jpg

Jamilくんは先日片想イノ想イカタでメジャーデビューしたそうです。
ブログが堪らなく可愛くておかしい。

是非一読あれ。
ブログタイトル、このへんな外国人はこれからも日本にいるのです。MAYBE・・・



[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-02-26 00:08

TVの力って

凄い。

先日チューボーですよ。を久しぶりに観ていたら牡蠣とほうれん草のグラタンをしていました。

Nagieままさんの大好物。

で、これを観たら行かねばならぬお店は。。。。。武蔵小山ピッコリーノ。

a0070133_8294648.jpg

あっつあっつでほくほくのジャガイモがたっぷりグラタン。一気に心をふわっと包み込む。

はち切れそうな牡蠣が凄い。ままさんご満悦でした。
a0070133_831132.jpg


そしてお決まりのサラダにその他諸々。。。。

a0070133_832012.jpg

すっごい高さのサラダの量でいつもここほどに(この値段で)出してくれるお店ってないなぁと思う。

a0070133_833925.jpg

a0070133_8332599.jpg

薄くてパリパリクリスピーなピザ生地がお腹に軽くていい。お気に入りの茄子とトマトのピザ。

ここのピザはとにかく味付けがほんと少なくていい。変に味付けしたトマトソースを使っているお店が多い中凄くシンプル。

味付けをしていないものが好きなNagie(料理って言わないか。。。)にとってこんなお店が大好き。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-02-25 08:36

今年お初。。。

おいけんさんのところにじゃじゃ詣で。大好物のじゃじゃ麺。

ジャージャー麺ではないですよ、じゃじゃです、じゃじゃ。。。。

壁一面のサインが圧巻です。またまた増えていましたよ、すっげぇです。
a0070133_21282059.jpg

他の壁にもぎっしりです。さてこのサインの中にうまいぞと書いてるところがあります。JAMILくん。

おいけんさんが私の知り合いだと。。。。んー芸能人の友達がいるほどNagieの生活は華やかじゃないぞ、誰だろうと暫く考えて唸っておりました。
あっ!!もしかしてもしかして。。。。前においけんさんのところに行った時に出会ったトトロのリュックの彼かしら?と問うた。あたりーーーー。

えーーーっ、そうなのと驚いた。なんでも今月デビューしたんだとか。彼はねぇ、凄く人柄がよさそうで確実に純粋系です。
あまりにも可愛らしくてNagieの携帯の中にぱちり。。。。もちろん今でも保存してあります。
あの彼がねぇ。くぅ。。。許されるならその写真を載せたいよー。おいけんさん、確認とってくでぇ。

肝心のじゃじゃphotoを忘れちゃいました。食べることに夢中でいつも忘れるんですよー。おいけんさんのHPから持ってきました。
a0070133_21353795.jpg
a0070133_21355643.jpg

麺はラーメンというよりうどん。
しっかりかき混ぜてラー油と酢で好みの味に仕上げて食べます。おーーーー久しぶりだよー、涙出てくる。
故郷(岩手の出身でないのですが)を感じるんですよー。
a0070133_21375311.jpg

少し残して卵を割り入れてかき混ぜお箸ごとおいけんさんに渡すと新たに肉味噌とスープを足してくれます。
a0070133_21391414.jpg

それにまたラー油&酢で好みの味に仕上げてぐびぐびと飲み干す。うまいうまいうまいう・ま・いぃぃぃぃぃ。

ほんと病みつき。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-02-23 21:42

4年の歳月をかけて。。。

ようやく形になったネックレス。。。。。
a0070133_20342642.jpg

足かけ4年、実質1年てところじゃないかな。。。前の教室で作りかけだった。そして次の教室では彫金のやる気が失せてしまい、主にピアスづくりをメインに。

去年の秋から今の教室に移りやっと本格的彫金を再スタート。下手な上にブランクがあったので基本のコースからスタートしていたNagieですがなんとなく、この作りかけの作品を見せてみたら。。。。

基本コースの必要ないじゃん。。。。これ仕上げてあげようよ。えっ、だってこれ本当は延々続くんだよ。。。。枝の部分が。
今のままでチェーンつけても可愛いよってことで楽な道をすんなり選んだNagie。

お花はちょうどよい季節です。梅です。中心にはパールをあしらっています。

a0070133_20394419.jpg


しかし・・・・今日以前の教室で一緒だったお仲間と久しぶりにご一緒でした。(前の教室が閉鎖となり移動してきたのです、本当に狭い世界ですねぇ、行くところがみんな一緒なんだから)
その内の一人のむんちゃんは、本当の仕上がりを知っているんです。えー、違うじゃん。。。いいのぉと非難の目。。。その眼にも負けずに楽な道を選びました。
だってね、仕事で毎日疲れてるもんね、これ以上無理だもんね。。。。言えば言うほど悲しいってこのことかしら。。。。とほっ。

でも大満足です。

そして現在進行中の彫り出し課題。ボルトを二つくっつけて捩じった様なデザイン。んー、これもねぇ、シビアなデザイン、シンプルなほど、直線的なデザインほどきっちり仕上げていかないとおかしい。
こういう男っぽいデザインが好きなくせに手が追い付かないという悲しい現実。頑張るわ。
a0070133_20482529.jpg


学芸大学にある隠れた(というわけでもないのですが地味な感じで好きです)名店、M-SIZE。
学大にある痩せるエステに通って太らない努力をしているNagieですが、本末転倒で帰りには時々お買い物してまいります。天然酵母で素材をとても大切にしているのが凄く伝わってくるパンばかり。どれを食べても舌に、体に優しい味ばかり。
a0070133_20485757.jpg


ネーミングも可愛いですね。
a0070133_20532630.jpg


Nagieの救世主的うどんや(蕎麦や)恵比寿にある藤屋。大好きな鴨すきうどん。
頃合いをみて運ばれてくる火柱メラメラの御膳。
a0070133_211374.jpg

そしてぇ真打登場。泡吹きまくりの熱々おうどん。
a0070133_2125072.jpg


身も心もあったまってほっこり。。。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-02-21 21:07

大好きな瓢亭

Nagieが京都で一番大好きな老舗料亭、瓢亭。
その御主人の言葉。

なんて素敵なのかしら。。。。なんて粋なのかしら。。。。


Nagieが京都に通う目的のひとつ。高橋氏本人とお目文字叶いますように。
料理には何度もお目にかかっておりまするが。



『あくせくしても仕方ない。

地道にやって、
その中に進歩があればよい。

できるだけ
自然でいること。

その辺の奥ゆかしさが
京都の味でしょうか。



京都料亭「瓢亭」 高橋英一』




ブラボー。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-02-16 23:24

また一人、日本文化の語り部が・・・・

10年以上前のこと。何気なく手にした雑誌、サライをペラペラとめくっておりました。

そして料理家・安部狐柳氏の書かれたエッセイに釘付けとなった。その文章は優しさに満ち溢れ、日本料理を、衰退する日本文化、料理人に対する憂いが淡々と綴られたおりました。

その頃既に日本料理にどっぷり浸かっておりましたNagieはどうしてもこの方に会いたいと強く思い、そこからの行動力ったら尋常じゃないわね。
いろんな方に阿部氏を知っているかと聞きまくり、あれやこれや八方手を尽くし、ついに安部先生が主催する料理会に参加することができ、会員制で営んでいた和食店にも伺うようになりました。
残念ながらNagieが伺った時には和食店は先生のお弟子さん方に受け継がれておりましたが。。。。
それでもNagieにとっては幸せだったんですねぇ。

そんな安部先生が先頃、逝去されました。なんとも悲しみ深きことです。

昔習っていた彫金教室での友人が懐石料理を習っているといい、聞いてみると当時フランス料理を習っていてそろそろ和食もやりたいなぁなんて思っていたNagieにとって、それは正しく通いたいお教室でした。
兎に角恐ろしく厳しいところでしたよ。怒られずに帰ってくることってあったかしら?
この家庭で作れる懐石メニューのお教室に行ったのをきっかけに、そこの先生が、師である志の島忠先生を紹介して下さり、当時先生が主宰されていた懐石料理研究所に入門。
それと同時に精進料理を習い始めてもおりました。そして先生がお亡くなりになったのを機にやめ、代わって志の島先生の所でNagieの面倒をよく見てくださったおばちゃまの紹介で小さな京懐石店(先生は四條流包丁道師範)で舌鼓を打ち(?)そして現在京都へ。約20年の軌跡。すげっ。
何といってもインド料理を皮切りに大学の頃から習っておりますからねぇ。

とにかくもっともっと上に。。。もっともっと知りたい。。。。きりがない。どれだけ教室に通っても全然足りない。
そして知れば知るほど日本料理の美しさや文化の素晴らしさを実感し感動する。

はて私はこれから誰に憧れて料理をしていけばよいのでしょう?
こうした日本料理の精神性はNagieの日々の精神(人づき合い、仕事。。。。)も鍛えてくれているんです。
(精進料理の先生が一番鍛えてくださいましたが。。。)

だんだんこうした文化を語れる方々が減ってきます。道しるべがない。。。。


今出来ることは志の島先生や、安部先生の書かれた本を出来るだけ集め熟読して体に叩き込むことかもしれないなとふと思う。

a0070133_2136299.jpg
a0070133_21361496.jpg





[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-02-16 21:40

音の力。。。。

って本当に凄い。

昨日のDJパーティーもそう。昨日まで知らなかった人たちが何故か一つの音楽で一帯感が生まれる。
共通言語なんですね。

本日大好きなフライドプライドのライブでした。日曜の夜はちょっと気分が乗りにくい。どうしようかなぁと思いながら取りあえずチケットだけは確保しておいた。

結果行ってよかった。横ちゃんのギターテクにパワーをもらい、SHIHOちゃんの歌に癒されたりパワー注入されたり。。。

今夜は国分弘子さんがゲストで参加。普段ギターとヴォーカルだけのフラプラ。これでも凄く素敵なんですがピアノが入ることでぐっと艶感が出るんですよ。これにはほんと驚いた。ピアノって凄いんだなぁと。
そしてピアノの他に鍵盤ハーモニカも吹いた。息の量なのか強さなのかはたまた口の部分(チューブみたいのじゃなくてサックスみたいなピースだった)の影響かとても力強くて素敵。
5月にしようと思っているサガンのライブ。友人のさとこさんも鍵盤ハーモニカを吹きこなす。
その影響もあってかなり見入ってしまいました。

まぁフラプラと国分さん。。。。いっそトリオにした方がと思うほどに息がぴったり。

今日ね、SHIHOさんの歌を聴いていてほんと日本語って日本の風土、日本人の骨格や声帯にあった言語なんだなって。
物凄く一つ一つの言葉を大事に歌う姿に感動しました。
そしてその日本語を聴いていると日本人て奥ゆかしい国民なんだな(だったんだな)ってちょっと嬉しい。

よくバイリンガルっていますが日本人の話す英語って物凄く強くて声高になりますよね。同じ人が日本語になると急にトーンが間延びしたようにのんびりしたりして。

逆に英語圏の方が話す英語には水が流れるような自然さがある。あたり前だけど。

国分さんとSHIHOちゃんのJAZZのスタンダードナンバー、LUSH LIFE、そして国分さんと横ちゃんの、チックコリアのスペイン、それぞれに息を呑むパフォーマンス。

そしてアンコールではSHIHOちゃんのお誕生日、そして大病を患い、辛い日々を送り、何度も心が折れそうになった国分さんがこうしてステージに生まれ変わって戻ってきた、お誕生日。。。。
これに合わせてフラプラの二人が国分さんへのエール、そして一緒にまた演奏できることの喜びを、彼女のオリジナル曲Happy Birthdayを演奏し会場中がハッピーバースデーと一緒に歌う。

なんて素敵なの。。。。涙こぼれた。

フラプラ、特にSHIHOさんのMCやライブの運びはかなり巧いと思う。確実に会場が一体になるんですよ。
凄い才能だなぁ。

年初めに阿佐ヶ谷とり成のライブで撃沈しちょっと不満が残っていただけに今日は最高でしたし、去年から考えてもここ最近で一番のライブでした。

そして今、全然疲れていない。。。。音って音楽って凄いねぇ。大好きだなぁ。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-02-14 22:19

Nagie企画

昨晩は恒例になってしまった(?昔は新年会はなかったのですが)新年会。
今回は去年夏にやって大好評だった音楽を入れての食べ飲み放題。場所はNagie行きつけの渋谷のバーsnootyfox。拘り屋さんが好きな場所。
このお店の通常のパーティー企画とは異にしてバックバーのお酒、飲み放題というお得感満載の企画、食べるものもまだこれで半分しか出てないのーってみなさんが驚いたくらいの量で6500円という会費は殆どの方が大満足してくださる。
a0070133_10421297.jpg
a0070133_1042261.jpg
a0070133_10424258.jpg
a0070133_10425680.jpg
a0070133_1043142.jpg
a0070133_10433116.jpg
a0070133_1043435.jpg
a0070133_10435784.jpg
a0070133_10441714.jpg
a0070133_10443092.jpg

最後に出された料理はダッチオーブン料理。これを作るためにわざわざ、ダッチオーブン料理が趣味の友人が鍋を運び入れてという手間が。。。見えないところで色々な方々が協力してくださっている。
感謝です。
DJの方も本業は建築設計。趣味とはいえ本当に凄い。
終わった後にお疲れ様でゆっくりお酒を飲みながらどうやって音楽をくみたてるのかと聞いてみたら、大体年齢層で最初この辺て決めておいて途中にちょっと冒険してみて一人でも歌っている人や踊っている人がいたらいけるって思ってその辺の曲も差し挟むっていうスタイルだそう。そして基本まっさらの状態で始めるんだとか。
彼とじっくり話したの。。。今回が初めてだけど凄く素敵な感性だったねぇ。

ここ数週間、仕事の新しい案件のこと、先輩先生が急に倒れて入院、実家の手伝い・・・もう体力的に限界に近くなんでこんなに重なった時期に新年会がやってきたんだとちょっと負け気味でしたが始まってみればみんなの笑顔に励まされ、音楽にパワーを注入してもらい楽しかった。

結局は自分が一番楽しんでいる。

次回は5月のサガンライブ。音楽は好みが分かれるからちょっと緊張ですが頑張ってみよう。

はぁ、タイシルクオーダー会はいつにしよう。。。。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-02-14 10:54

勝つことの意味って

何かな…

今朝の電車の中。

巨漢のお兄ちゃんが扉の所にデンと仁王立ち状態。

電車は遅延のせいでちょっと混雑。

表参道の駅で居座るにぃちゃんのせいで半分しか降りるスペースがない…

私も波に圧されてお兄ちゃんにぶつかりながらホームに出された。

全く、こいつが一旦降りたらスムーズなのに!どんなやつだよと思い、顔を見たら…

凄いです!絶対避けるものか…勝ったぜぃ!ってほくそ笑んでた。

虚しくないのかな?

だってね、絶対避けるものか僕!になるには相当全身に力を入れなきゃいけないわけでしょ〜人の流れに添って圧し出されてまた、さらって、乗り込んだ方が楽なんじゃない?

昨日の休日、Nagieは通常勤務。
当院理事長がひょこっと顔を出して下さって仕事の話&雑談…
この理事長が中々の切れ者で久しぶりにビジネス力のある、それでいて人間味ある歯医者と出会ったと思ったほど。

議論して出された勝ち負けにどんな意味があるのか…ということで話が盛り上がった。

Nagie先生は議論好きなの?勝ちたいと思うの?と。


Nagieは議論をして負けることは悔しいけど、頭がそこまで回らない故、勝てないことが分かっているので議論することが嫌いだ。面倒くさくもある。
と答えた。

でもこれだけじゃないんだよなぁ、本当の理由は…

どう表現したらよいのかしらと思案していたら…

あっ!正しく自分が思っていることを表現して下さったと思った。

理事長は…こう仰った。

議論は負ける方がいい…
何故ってどちらでも変わらないから。

だったら初めから勝つ意味がないじゃないか。

本当に勝とうと思ったら相当の理論武装とエネルギーが必要…

それにどんな意味がある?

それで自分の明日がどれだけ変わる?

政治家は勝つことが好きな人の集まりの典型。


これなんです!正しく…

政治がどうの…経済がどうの…
一々持論を展開して、たまに興奮している人っていますよねぇ。
先日もランチタイムに熱いトークを繰り広げている方々をみましたよ。
素敵な料理を前にしてするトークじゃないなぁと鼻白む思いで眺めておりました。


Nagieは日々与えられたことを粛々と変わらないテンションでこなしたい。
それって自分に厳しくないと意外にできないこと。

それに打ち勝っていくことの方が私には大切なのだ。

もう次元の違うことなんだよなぁ。


あー、昨日は色んなことに合点がいったな。
[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-02-12 11:02