Artesano de Circulos Concentricos

<   2010年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧


【映】蛇のひと

松山ケンイチくんが好きだとか瑛太がいいとか色々言いますがいつも不動の地位を守り続けるこの方…

西島秀俊さま。あの憂い感がたまらん。

そして相方女優は永作博美さん。こちらもいつの頃からかナチュラルな女優さんになりました。
昔アイドルだったんですよねぇ…何て言ったかな?

ある日会社の部長が自殺を図る。
それと同時して課長である今西(西島)が失踪してしまう。
会社のお金一億円を横領して…

会社のホープだったあの今西さんが横領だなんて。

何の因果か上司命令で部下であった陽子(永作)が今西を捜す羽目になった。
よくよく考えたら彼のこと何も知らないと実感。
とにかく手当たり次第の情報で動き出した陽子…

でも調べていけばいくほど今まで知っていた今西とは全く違うイメージの彼が浮かび上がってくる。

本当の彼は一体どんな人なんだろう?

彼のアドバイスで動いた人達がみんななんだか不幸になっている。

そして次第に今西の出生の秘密などが暴かれていく。

この映画を観ていて思い出した。
以前地方のカトリックの女子大で教鞭を取っていた牧師さんが患者さんでいらしたのですが、態々岡山からかよってくださっていた。
(当時勤務していたクリニックでは北海道、九州から普通にいらしておりました)
その方が『言葉というものは人を癒すこともできるけど殺めることもできるんです。武器持たぬ殺人です。だから気をつけて使わなきゃいけないんですよ。』
今でも心に深く残っている言葉です。

自分の発する言葉で、しかも計算し尽くして…人の人生をコントロールしてしまう。
いい時もあれば悪い時もある。

面白い映画でした。

患者さんのイザベルはNagieの男性の好みをこう評する。
『Nagie先生の好みは目に陰を持つ、何を考えているのかわかりにくい男性が好きなのですね…』

そんなことはない。わかりにくい人なんて面倒極まりない。
相手のことが分かっているからこそ気を遣える所ってあると思うんです。

ただみんなに言われてそうだなぁーと思うのは
飄々としているとか、何となく憂いがあるとか、静かに話す人が好きなんでしょうね。

俳優さんでも女優さんでもそういう人が好きだから。
多分自分にないものを求めるんでしょうね。
[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-09-30 10:39

ナイスなお店

青山グリエ@表参道

ここほんといいですよ。場所よくて、雰囲気よくて、お料理美味しくて、安くて。。。。。

ちょっと使うのにとても便利なお店、Nagieお気に入り店。
どこにしようかと迷った時にすぐに使ってしまいます。殆んどの方が気に入ります。

今回は、過日催したNagie企画イベントにデビューしてくださった画家の安藤純子さん(HPありますのでチェックしてみてください)を囲んでお食事となりました。
イベントでは殆んどお話をすることもなく、御挨拶だけになってしまうのが常。
大体その後で少人数で食事の席を設けて改めて御挨拶という形が定着しています。

a0070133_2010281.jpg

赤ピーマンのムースウニ添え。これ大好物なんです。色がなんとも悪いけど(写真がいまいちってことです)
味は抜群です。
a0070133_2012770.jpg

野菜のグリル、ハーブオイル。。。このハーブオイルがなかなか個性的でクセがあって美味。苦手派と大好き派わかれそうです。
a0070133_20132874.jpg

金目鯛の炭火焼。ふわふわで美味しかった。
a0070133_20141064.jpg

豚肉のグリル タプナードソース。ここの豚肉は本当に美味しい。肉食系ではない〇さまも私も大のお気に入りです。
a0070133_2015429.jpg

豚肉をメープルシロップで焼いて。。。。なんだっけなぁ。とにかく美味しい。これもNagieたち定番メニューかも。
a0070133_20164593.jpg
a0070133_2017394.jpg

デザート二つ。和栗のモンブランとサツマイモのチーズケーキ。

このお店、恐らくは2人を目安にしたポーションなのかも・・・どれもポーションが少なくちょっとずつ。
物によっては物足りなさが有るもののこれもまた女子の胃袋には最高にいい。

a0070133_20182350.jpg

真剣に取り分ける〇さま。
a0070133_20185459.jpg

何やら神妙に話す、ジムミちゃんと純子ちゃま。

a0070133_20195127.jpg

Nagieのお煎餅。〇さまのお土産。どんだけ渚なんだよー(笑)

先日行ったネイル。前回色々いじり過ぎて、2週間もすると変わらないから飽きるんですねぇ。まだこれかぁって感じで。
今度はシンプルにフレンチにシルバーラメのライン。涼しげなスミレ色が上品です。
a0070133_2022419.jpg


先週から、連休や夏休みや代休でよく休んだなぁ。おかげで体がだいぶいい。
Nagieは家にいるとずーっと昼寝と片づけをしているんだということを発見。今日も午後休で帰りがけにご飯を食べて帰ってくるなり昼寝して、そして片づけ。捨てる捨てる。。。。
もう捨てるものなんてないだろうと思うんだけど色々出てくるんですねぇ。
まだまだ物を減らしたい。
引越し屋さん曰く、女の人ではかなり少ない方だそうです。これでも・・・・他の人ってどんななんだろうか?
夢は物のない部屋でシンプルに生きたい。

そして連休で溜まりに溜まった料理稽古の写真を整理。1年分も溜めていた。
Nagieはデスクワークに向かないことを実感。ずーと座ってルーティンに作業することの苦痛を。
おかげで左手~肩背中が凝ってしまったよ(左利きなもんで)
a0070133_202739.jpg



[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-09-27 20:32

陰影礼賛@国立新美術館

a0070133_8271572.jpg


爽やかなお天気の中、午前の仕事が終わった後お散歩がてら国立新美術館まで。
写真、絵…様々な形で陰影を表現しておりました。
Nagieはやはり写真ですねぇ。モノクロにはまりつつある今、ビビビって感じでしたねぇ。
とはいえ岸田劉生の自画像らも怖いくらい凄かったけど

a0070133_82924.jpg
a0070133_8292370.jpg


何となく触発されて撮ってみたものの…
ビルの鏡面に映し出されたビル。ちょっと歪んだ線が面白い。

青山の交差点もモノクロで撮ると、なんだか昔の風景みたいです。

国立新美術館の後ミッドタウンにショッピング。
こういう所に買い物に来ることは殆どないNagieですが、冬物のニットが余りにも黒ばかりで偶には色物が欲しいしパンツも欲しかったのでお気に入りブランド、ジョセフヘ。

綺麗なサーモンピンクのニットカーディガンと横太ボーダーのセーター、そして黒のシンプルなパンツを1本。

早速今朝仕事に行くのにカーディガンを出したら、わが家の老眼ままさんが…
『へぇ、Nagie綺麗な色だねぇ〜、どこの?ユニクロ?』

いくら私がユニクロでしょっちゅう服を買っているからってそりゃぁないよ。

物凄く細い糸で出来た繊細なカシミヤのニット…手触りだって全然違う。
さすがにユニクロの単価では出来ますまいよ。

まだまだ修行が足らないな。
ユニクロ着ていてもシャネル?って言われちゃうくらいにならなくちゃ????


ままさん、あれほど見る目があった人なのに…これをユニクロって言っちゃうかな…
[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-09-26 08:29

夏休み

本日の陽気に似合わず夏休みをいただきました。

朝早起きして向かった先は横浜です。

a0070133_1561114.jpg


横浜美術館で始まったドガ展。
エトワール。。。。確かに傑作でございました。

Nagieはデッサン画が思いの外好きなんだと今回実感しましたがドガのデッサンが見事でこの人の絵を描く力みたいなものが改めてわかりました。

以前、岡本太郎氏のデッサン画をみた時にも、普段あの奇怪な造形的な絵をみ慣れていたので物凄く驚き、一見力強いんだけどよくみると繊細さがにじみ出ているななんて思ったものでした。

油絵、彫刻、パステル、写真・・・・様々な手法で表現されているんですねぇ。

しかもどれをとっても美しいんですよ。
写実的に捉えていたかと思うと印象派的だったり・・・ドガは印象派なんですよね。
でもねぇ・・・印象派って言葉だけでいいのかしら?そんなことを思いました。
こういう括り分けってよくわからないなぁ。
まぁ、Nagieは詳しい美術史みたいなものには興味がないし、
そこを知ってしまうと楽しみも増える分知識で絵をみてしまうようになってしまって
瞬間的に感じるってことに鈍くなりそうな気がして。

横浜美術館のカフェには大好きな奈良美智さんの作品ぬいぐるみが巨大椅子に寝ておりましたぁ。
可愛いなぁ。
a0070133_15191350.jpg


ランドマークの高層ビルの谷間から覗き見える観覧車。夢と現(うつつ)だなぁなんて苦笑いして眺めておりました。
a0070133_15203768.jpg


はぁ、昼寝までしちゃったし・・・・さてとネイルでも行くか



[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-09-24 15:25

己が心。。。焦がれしは。。。。

今、猛烈、この方に会いたい。

a0070133_22543420.jpg


a0070133_22545287.jpg

写真家の津田直さん。

弱冠32歳(たぶん)という若手写真家さんですが物凄く感じるものがある。
写真集のタイトルもいい。物凄く詩作的です。

詩人のような哲学者のような

全然違うのですが世界で最も美しい詩と言われているジョン・キーツにどことなく似てるなぁなんて思ってしまいました。

特に漕という写真集では詩も同時に書き添えられているのですが物凄く言葉が素敵なんですねぇ。
何と言えばいいのでしょうか。。。。

わが心に、一滴の滴りがぽとりと。。。
それが水紋が広がるようにじわーっと心の中に広がり、そして私の体の血肉に沁み渡っていく。

こんな感じ。

装丁や紙質など、出版業界の不景気さもどこえやらというほどの贅沢な作りの本です。
一ページごとが全てデザイン化されたように美しい。

静かなる美しさってこういうことをいうのではないかしら?

とあるページは、

a0070133_2321736.jpg

大きなページの見開きにこの文字だけ。
ため息が出るほどに美しい。
物凄く理にかなった美しさを発していますよー。

a0070133_2343829.jpg

この写真は風景写真を近江雁皮紙で包んだのだそう。
近江雁皮紙の持つしわや紗感がまるで風や光を得たようになっているんです。
この発想が何て素晴らしいのって感動しちゃうわけです。

美しきものは 永遠の歓びである。

その愛らしさは増し 消え失せることは 決してないだろう。

それどころか さらに われらに 静かなる木陰と

甘美な夢 平安 そして 安らかな寝息の眠りを 与えてくれるだろう。

                            キーツ『エンディミオン』より


しかし同じ人として生まれてきたというのにどうしてこんなにも差があるのでしょうか?
自分の空虚な頭と人生を嘆く今日この頃。

そんなことを思いつつ・・・・今日は一日まったり。
片づけをして昼寝して、また起きだして片づけをして・・・・夕方ママさんと恵比寿までごはんを食べに出かける。

珍しく無性に飲みたくなった。
a0070133_231284.jpg

滅多に飲まない、しかもビールはさらに飲まないから、Nagieがビール飲みたいって言った時の吃驚顔が面白かった。
そして一言。
『酒が飲みたいというほど元気になったということだわね』と笑っておりました。
a0070133_2314484.jpg

ハンバーグはそんなに得意な食べ物じゃないのですが舞茸に心奪われちゃいました。

Nagieもママさんもご飯を抜いて。。。ママさんはニシンのマリネと小さなポテトグラタン。

なぜご飯抜きかと言えば、この後に目的があるからです。

恵比寿アトレ内の千疋屋にてこれ。
a0070133_2317811.jpg

バナナチョコレートパフェ

a0070133_2317365.jpg

マスカットパフェ

美味しかった。

結局Nagieはこんな程度なんですよ。
津田直さんみたいにはなれないんですよ。

ただこういうものを選択する(できる)目と感性だけは鈍らせないようにしたい。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-09-23 23:21

五穀豊穣を

ねがふ。。。。。

昨夜は十五夜さんでした。

a0070133_12101444.jpg

すすきを飾り

a0070133_12104733.jpg

秋の実りを飾る。

a0070133_12111344.jpg

そして・・・・食べる。

これが一番。

しかし団子がない。。。叔母1号よ、何故忘れた?




[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-09-23 12:12

歯医者の楽しみ

歯医者になってよかったと思う瞬間…

いい診療が出来たこと…ん~
これは当たり前というか楽しみでなくてやらなくちゃいけないこと…ですね。

Nagieの楽しみは、面白い患者さんに出会った時、やった~って~小踊りしてしまう。

本日来院の患者さん。
この方は担当制というよりもその日に在院しているドクターが診療するシステムで進んでいます。

今凝っているのは包丁。ローンを組んでまで拘り包丁をゲットしている。
だいぶ前に拝見させていただきましたが立派でした。
料理人でもあるからまぁね。

トランペットが趣味で、元々音大でクラシックを専攻していたのですが何時のまにかJAZZに凝り始め
たのだそう。
音楽を語らせたら時間が幾らあっても足らない。
だいぶ前の診療では大好きなCDをいただきましたが本日も語ってましたよ。
iPhoneを出してきて聴かせてくれて『これ、好き?』と聞かれたので…
『洗練された音はすごく好きですね。』と答えたら次回持ってくると…
えっ!今日で診療終わりですけどぉ。
何だか色々メモを残して去って行きました。

また、とある日…
ガリガリに痩せた髭をはやし肩まで髪が伸び、前髪も鼻先まで伸ばし放題の鼻ピィの青年がやって来た。
真っ赤な革のサンダルが個性的で目に止まった。
初診でいきなり…Nagie
『どこの山から降りて来たんですかぁ?』と。
彼は、驚くこともなく富士山からと答えた。
そこからあだ名は仙人となり大好きな患者さんとなった。
共通の会話は一つもないのに物凄くトークが弾むんです。
彼もお気に入りのミュージシャンを教えてくれて聴いてみてくださいという。
そんな彼も表参道に会社が移転して、新幹線並に超スピードで診療して終わってしまった。

こういう患者さん方は繰り広げられる会話の中でNagieに何か楽しい雫を落として帰って行くのです。

こうした患者さんに出会った時…やめられないなぁーって思ってしまうんですなぁ。

物凄く心がヘタれていても、あー明日も頑張ろ!明日は◯◯さんが来るんだわぁ。ってなるわけ。

感謝だなぁー。
[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-09-21 20:11

NODA・MAP番外公演 表に出ろいっ

昨晩はお昼間の重い映画と真逆に明るい抱腹絶倒の。。。何も考えずにただ笑うだけ。。。舞台を観てまいりました。
仲良し知人の奥様にお声かけいただいて。

旦那さまとはよく飲みやら食べやらわいわいと交わっておりますが奥様と二人だけは初めて。
Nagieは密かにこの奥様にLoveでございまして。。。Nagieの周りの友人も隠れ奥様ファンがわんさかいるんです。
ふふふ。


中村勘三郎×野田秀樹・・・夫婦役です。
アミューズメントパークを偏愛する父、アイドル系を偏愛する母、ファーストフードを偏愛する娘。
『はまる』って現象。
Nagieは何にはまっているんだろう?
色々ちょっとしたこだわりはあるもののはまっているものはなさそうだなぁ。

テーマパークのパレードが見たい父(勘三郎)、アイドルのコンサートに行きたい母(野田)、ファーストフード店の行列に友人と並ぶ約束をしている娘(太田緑ロランス/黒木華のWキャスト)。それぞれにはどうしても出かけたい事情があるが、今夜にも出産しそうなペット、犬のピナ・バウシュの世話で誰かが残らなくてはいけない。留守番を押しつけあう3人のやり取りは、とんでもない方向へ走り出し——。

それぞれに鎖で繋がれちゃった3人。表に出ろいっどころか出たくてしょうがない3人。

とにかくスピーディーなせりふの応酬。台本なんてあってないようなもんじゃないかと思った。
娘役はさておき、男二人は大体の流れだけ決めておいて、殆んどアドリブ即興劇じゃないかしら・・・

面白かったなぁ。。。。

でもね、この舞台。。。ちょっと現代家族の絆や人間関係の希薄さに一石投じているような気がしますね。
知ってるようで何も知らないって家族でもよくありがちですよねぇ。

舞台も衣装もとにかくカラフルでそれだけでウキウキしちゃいますが、あの二人。。。一体何歳なんだろうか?
50半ばか。。。。パワフルだぁ。確実に私より。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-09-20 17:35

【映】悪人

深津絵里さんがモントリオール映画祭で主演女優を獲得した作品ですね。

公開前から、妻夫木くんの演技が新境地開拓と評判を呼んでおりました。とても楽しみにしていた映画でした。

いやぁ想像以上に重い映画でしたが物凄くよかった。

多くを語らずもどかしいほどに表現しないことでの、無の演技。どれほどまでに辛いか。
抑圧された感情に潜む純粋性や脆さを物凄く感じた作品でした。

解体業の祐一は保険外交員の女の子と出会い系サイトで知り合うが、侮蔑的言葉に思い余って。。。。
本当の愛が欲しい。。。。

一方、こちらも本当の愛が欲しい光代。一度だけ出会い系サイトでメールの交換をしている。

そんな二人が出会い、絶望の淵を彷徨いながら、愛を貪るように互いを求めあう。
光代は初めて温かい幸せを感じるんですねぇ。孤独じゃない。

そして祐一の『自分は殺人者である』という告白から二人の刹那的な逃避行が始まる。

物凄く印象に残ったシーンは、隠れ家で寒さに震える光代を同じ毛布に包まりながら一生懸命にさすってあげるそのシーンは物凄く不器用なんだけど愛が一杯だ。
そして光代の足先が真っ赤にかじかんでしまう。。。その足を盥にお湯を入れて慈しむように優しく包み込み温めてあげるシーンなんて悪人てこんな人?って思ってしまう。

最後のシーンは衝撃的でしたが、これが祐一が光代に示した最高の究極の愛なんですねぇ。
きっと光代はわかっていたでしょう。彼のそんな本当の優しさを。

この映画を観ていると善人と悪人の境がよくわからなくなる。
映画の中で岡田将生や満島ひかりが演じた男女は決して法を犯したわけではない。。。ましてや満島演じた女性は祐一に殺されてしまうんだから被害者なんですよ。
でも物凄く上手に悪人を演じていた、そう心が汚い人たちを。

そしてそんな彼らを支える人たちも秀逸。
樹木希林、柄本明、光石研・・・・特に白眉なのは樹木希林さんでしょうねぇ。
もう堪らなかった。

この映画、どことなく小池栄子×豊川悦司主演の接吻(これもNagieお薦め。小池栄子脱皮作品と思っているくらい)に似ている。
愛を知らない孤独な二人が、不思議な糸で引き寄せられ本当の愛を知る。そして愛を知ったことで今までなかった感情が芽生え始める。

そっくりだよ。

この映画が終わった瞬間、ペラペラと喋りだした隣の若いお兄ちゃんとお姉ちゃんが不思議だったなぁ。
よく喋れんなぁって。
殆んどの人が無言ぽかったというのに・・・若さっていいなっ。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-09-19 17:23

はぁ、いかんいかん。。。。

<減った体重を維持して体力だけを戻したいと言っている、その舌の根も乾かぬそばから。。。。

昨晩、ママさんと一緒に御近所インド料理店シリバラジへ。しっかしうまいなぁ、このピンクちゃん(お店がエロエロピンクなんですよー)。

ジャガイモの揚げ物パコーラではなかったけどパコーラと一緒じゃないかな。。。結局。
a0070133_19441349.jpg
a0070133_1944324.jpg

ほっくほくで美味しいよー。コロッケはそんなに好きじゃないけどこういうのは美味しいなぁ。

a0070133_19452717.jpg

Nagieの大好物。ドーサ。何とかという豆のドーサです。
インド風のクレープって言えばいいかしらね。豆を挽いて粉にしてあるものを薄ーい生地にしてパリパリに焼いてあるんです。うちわくらいの大きさにびっくり。
Nagieが知るドーサは筒状に丸めてあって中にジャガイモやチーズが入っているのですがこれはペラペラ状態。
だからって侮れませんでした。かるーくいけると思っていたら案外ボリューミーでした。
ドーサの中身は。。。。コリアンダーと玉ねぎ。
a0070133_19501330.jpg

ドーサには3種類のチャツネとスープが。赤と緑のチャツネが美味かったぁ。
a0070133_1951727.jpg

a0070133_19511978.jpg
a0070133_19513088.jpg

このスープがね。。。滋養系?ってくらい漢方っぽい。まぁ、スパイスは漢方ですが。
ママさん曰く、Nagieの体調を知ってるんじゃないかと笑っておりました。
a0070133_19525179.jpg

ママさんが頼んだトマトと魚のカレー。
これがトマトの甘さと酸味が絶妙でそこにスパイシーさが足されているんだから美味いのなんの。
少しだけお裾分けしてもらっちゃいました。
a0070133_19543376.jpg


我が家の近くのこの景色・・・好きなんです。
a0070133_19551232.jpg

何がっていうわけじゃないいだけど・・・・どうやらNagieは巨大煙突好きなのかもしれない。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2010-09-18 19:57