Artesano de Circulos Concentricos

<   2011年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧


冬に逆戻りだわぁ。

厚いコートに飽きてしまってクリーニングに出した途端。。。寒いじゃないか。。。

でもいいんです。Nagieはもう気分は春です。
薄い恰好がしたいのだ。

とはいえ、、、風邪気味。

今朝、彫金の用事でクリニックにちらっと顔を出してくださったフィリップさん。
いつもはポロシャツにパンツというスタイルなのですがクリーニングに出してしまったのを忘れて何も持ってこなかった私。ピンクのワンピースタイプのナースユニフォーム、そして何故か足はモノトーンのノルディック柄のレギンス。そして靴下は木綿の赤と黒の霜降り胡麻編み。かなり個性的な足元で、これやばくないかと思っていたのですがみんな、何故かピンクのワンピース姿の、そしてレギンス&変な靴下のNagieに嬌声をあげる。
マイボスDr.Kもふふっと笑って終わる。
やっぱりこのクリニックはおかしい。

a0070133_21413720.jpg

分かっていたらもっと違う足元にしましたよー。なんせブーツで隠れちゃうから気にしていませんからねぇ。

その恰好を見たフィリップさん、『Fankyだねぇ、Nagiちゃん。。。顔赤いよ』
てっきり暖房で暑くて顔が赤いのかと思っていたら熱があった。気づかないんだから凄いね。

で、今日のNagieは。。。。
a0070133_21481278.jpg



CDが届いた。

a0070133_2162234.jpg

須永辰緒プロデュース。
Mood Swingsには敵わないなぁ。しかしakikoという方はCDがいい。ツクヅク。。。。

a0070133_218521.jpg

大好きなFried Pride。おぉぉぉこれはいつになくJazzyです。スタンダードなJAZZナンバーも彼らの手にかかるとこんな風に変わるのね。MJのBADもこんな風にJAZZテイストになるわけね。そして一曲目の出だしのギターがいい。
はいっ、聴かせますよ、私たちという思いを十分に出しています。
彼らのライブはかなり行っていますがいつ行ってもいい。そして確実に生がいい。
CDではあのShihoさんの声の迫力や横ちゃんのギターテクは味わえないのだ。耳だけじゃなくて目でも楽しみたいのだ。
来月はビルボードだ。楽しみです。

a0070133_21152764.jpg

日本のクラブ・ジャズシーンを中心に活動するジャズカルテット。クラブJazzミュージック。
スタイリッシュそしてダンサブルな曲ばかり。朝の通勤から体が揺れる。やばしやばしのCDです。
今、一番行きたいライブはこの人たちかも。
スタンダードなJAZZも好きだけどNagieはやはりクラブジャズミュージックやアシッドジャズと言われているようなダンスに特化したようなのが好き。
そしてこのCD、参加ミュージシャンがよいの。Nagieはやはり菊地成孔、タブゾンビですかねぇ。

そういえば東京スカパラダイスのGoldfingersの中の菊地成孔も凄くいいです。というかこのCDは全般どれもいい。先日グラミーを獲得した上原ひろみさんも最高です。

a0070133_21273180.jpg

これはかなりマイナーですね。元々akikoのライブに行ってコーラスをしている彼女の唄声を聴いてグッときた。
まさかCDがあるとは思わなかったのですが、何を見たのか(ブログかな)CDがあることを知りましたのよ。
で早速ゲットしてみました。
彼女は確実に生派ですね。兎に角小さな体でよくもまぁというほど素敵な声が。。。惚れるわぁ。

実家の仕事もあと僅か。。。今年に入って休むことなく実家に戻っている。京都にも行けない。
間に合わないから。
正直かなり疲れている。でもあとひと踏ん張り。
もう少しもう少しと自分に言い聞かせながらあと1カ月ちょっと。。。乗り切らなきゃ。

あーつくづく残業がない仕事でよかったと思う。週6日勤労。これで残業があったらNagieの体は持たない。

凄いなぁ。休日も返上して出勤し、毎日も残業という方々。結構いますよねぇ。
尊敬する。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-02-28 21:59

テレパシー?

久しぶりに彫金へ。

行くなり、見せて見せてどれどれ。。。そうです。昨日の山崎航さんのピアス。

フィリップさん、さすがですねぇ。よ~く見ていましたよ。

そしてNagieの指輪。金属になって上がってきました。
a0070133_19525776.jpg
a0070133_19531450.jpg

この写真、フィリップさん嫌だろうなぁ。ごめん。。。
記録だから。

さてと仕上げるか。。。と作業を始めようとした時に。。。。

『Nagiちゃん、あの色どう思ってる?、俺はねぇ、もう少し緑がかっていた方がいいと思うんだけどどう?』とフィリップさん。
私もそう思った。でも直せないのかと思った。

『やっぱりね。。。これを見せた瞬間のNagiちゃんの顔が。。。。すぐわかった。。。俺と同じこと思ってるって』

で、納得いくまでやり直そうかと言ってくれた。

優しさに感謝だ。しかももう一度WAXで上がってくるから、この金属の状態で上がってきたのを見てもっとこうしておけばよかったという所を手直ししてみようと。

はぁ、小さなことかもしれないけどこうして人の優しさに触れながら、包まれながら生きているのですねぇ。
私もみんなに優しさを。。。。。

a0070133_2024371.jpg

仲良し彫金仲間のつっちーのスカルプ。
a0070133_2034276.jpg

food pick
a0070133_2075329.jpg


『Nagiちゃん、今日、人形持ってきた?他にやることある?』ってことで指輪の作業が無くなったので人形作りを。
顔を作ろう。
a0070133_2094149.jpg

こうやって作っていくといいですよーとお手本を。NagieブログデビューのTAKAちゃん。

そしてWax作業の女王つっちーも色々アドバイス。このwax使ってみたらと自分のを分けてくださる。
なんて優しいんだ。

a0070133_20104253.jpg

ブライスの顔にしようと思ったのですがやめました。抽象的な生き物風にしようと思って・・・人間とも動物ともつかない、ある意味両性具有のような。船越桂風に。

そうして王冠を。。。これは18Kでパキッと作ろうかと。

かなりかっこいいですよ。服はどうしよう。お裁縫は出来るけど得意じゃないから、誰かに作ってもらうか。

彫金の後、ちょっと仕事で新宿へ。
医局に入るなり重い空気。マイボスDr.Kと3月で退職することになったDr.Eが退職に当たっての話し合い。
まずいタイミングで来ちゃったなぁと心の中で愚痴る。

早く患者さん来てくれぇぇぇぇと祈るばかり。

そして話し合いが終わったと思ったら。。。Nagieが診療してる所に態々来て
『Nagie、今日昼にいるかと思ったらさぁいないんだなぁ、今日昼美味しいお寿司を食べたんだぞ。残念だったなぁ』とにやにや笑う。

ずるいずるい。。。いつもPRONTのくせにぃぃぃ。なんで今日は寿司なのよぉぉぉぉ。

自慢するだけしてさっさと帰って行きましたよ。まったく。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-02-27 20:28

photo stream

今日、池尻に御一緒させていただいた知人はカメラマン。
NagieのNEX5のアルバムを繰って写真を観る。観られて困る写真は一枚もないのでどうぞどうぞ。。。

不細工コンプレックス。。。お願いします、私の写真は撮らないで。

お世辞でも嬉しい、上手いよと褒めてくださる。
そして好みのものを選ぶ。
Nagieの好みもまじえて徒然に。。。

a0070133_23363643.jpg

フィリップ作。切れない愛が欲しい。ふふっ。

a0070133_23372415.jpg

彫金、切り出し課題

a0070133_233807.jpg
a0070133_23381088.jpg
a0070133_2338208.jpg
a0070133_23383466.jpg
a0070133_23384996.jpg


a0070133_2339682.jpg

フィリップ作キーホルダー。プレゼント先の友人が壁に向けて後ろから光をあててNagieが撮影。
回転させながらコマ送りで何枚も撮影した中の一枚。光の当たり方が好きだと。
この頃はNagieの体調不良のピーク。友人とのこんな他愛もない時間がとても心地よかった。
救われた気がしたな。感謝。
今年も猛暑らしい。正直怖い。

a0070133_23433225.jpg

前回のトーマスナイト。躍動感に溢れている?

a0070133_2344749.jpg

Nagieはこれが凄く好きです。知らない人同士が初めて会って交わす握手。綺麗。

a0070133_23445869.jpg

懐かしい。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-02-26 23:51

ゆるゆるタイム

先日のNagie企画でご一緒くださった方がイベントによい空間がありますよーとお声掛け下さって今日御一緒させていただきました。

池尻大橋で待ち合わせをし、池尻中学校跡地のものづくり学校へ。
a0070133_2114118.jpg


とてもとても昔のルノーで登場した知人。それを見たNagie。わぁ、懐かしい。
大学の時の仲良しがルノーサンクターボを。彼の家へ遊びに行くたびに麺棒を持たされて一緒に掃除をしていました。この犠牲者はたくさんです(笑)
彼のお母様が物凄く申し訳なさそうにNagiちゃんごめんなさいねという。
いえいえ、案外ちまちま作業が好きなのでその作業が気に入っていたのですが。

go slow カフェ

cafeは物凄くゆっくりと時間が流れている。
だから自分も凄くゆるくなる。あーリラックスできるなぁ。好きだなぁこの空間。
a0070133_2163733.jpg
a0070133_2165129.jpg


どうだろう。。。DJナイトをするよりもNagieが個人的にのんびりしに来たい空間だと。
本来の自分のペースで寛がせてくれる空間。ありそうでそうない。

a0070133_2194773.jpg

こんな素敵な方を見かけました。キ・リ・ス・ト。。。みたい。

仕事の帰り、滅多に行かないデパートへ。新宿伊勢丹。
去年クラスカの中のギャラリーで催されたジュエリーアート展。
物凄い混雑にフィリップさんのブースに顔を出してさっさと帰ってきました。
そこにやはり出展していたデザイナーさんの、期間限定出店。
山崎航さん。
a0070133_21103340.jpg

新芽&勿忘草。
a0070133_21144193.jpg

わざと左右違うものを買いました。

そして嬉しい、心温まる会話。
N『クラスカのジュエリー展で初めて拝見してビビビって。。。』
Y『あーお見かけしたことがあるなぁと思っていたのですよ、あのジュエリー展の後に率直なメールをいただいたので嬉しかったし心に残っていました』
N『すみませんでした。。。どうしてもあの賑やかな空間とこの繊細な作品が私にはリンクしなくてあの空間では手に取ることができなかったのです。生意気ですみません』
Y『いえいえ、こんな風に感じる方もいるんだと思ったし、あの混雑は確かに余りよくなかったですね。またこちらからもメールさせていただいてもいいですか?』
N『勿論!!』

少しの時間とはいいながらも色々とお話させていただいた。会話の端々から彼の人柄が窺い知れる。
誠実な感じ。作風と一緒。
こんな可憐な作品は優しくないと作れない。といか浮かばないデザインじゃないかな。。。
彼が関わる彫金教室の話。打ち出しという技法のこと。

ますます興味が湧いてきた。
まだまだだけど今の彫金がもっと上手になったらこの打ち出しも覚えていこう。

こんな風に人って繋がっていくんですね。嬉し楽しです。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-02-26 21:35

Rickyが。。。。

帰ってくる。

香港生まれのチャイニーズ。国際弁護士。
自転車で転んで鎖骨骨折しちゃうほどのガリガリ君(笑)
日本大好き。
日本料理なんて、そこいらの日本人より確実に上手です。
写真はプロ並み。

香港、アメリカ、日本(勿論、Nagieは日本で知り合いましたよ)ロンドン、パリ、そしてまた今ロンドン。
日本を離れて何年?

そんな彼が年末に本格的に日本に戻ってくるらしい。

嫁を連れて帰ってくるかな?もしそうならそれもまた楽しみ。
それとも一人かな?

いやっほー。

〇さまと一緒にいじっちゃおう。

っていうかさ、結局ロンドンに一度も遊びに行かずに終わったってことか。。。。
飛行機が苦手だからこの夏に行くわけないし。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-02-24 23:57

言葉というものは。。。。

どうしてこんなにも透明なのか。。。。

それは小さな子供がなんの衒いもなく、怖い物に近づいて行くように無邪気であり。。。。そして時にとげとげしく、Nagieの体をナイフのように切り刻む。


そんな言葉を私は愛している。

平野啓一郎著、かたちだけの愛、読了。

彼の文章は本当にNagieにしっくりくる。

この本の主人公の一人はプロダクトデザイナー。そう物づくり

そんな彼のせりふが、なるほどと思う。

『出来ることの範囲で最高を目指すのがものを作るってことなんだから~略~』

さすが。

これねぇ、自分の不器用さを嘆いていた時に似たようなことを言われたことがありました。

そして文中にレオス・カラックスのポンヌフの恋人が好きだと。。。Nagieも好きな映画。
レオス・カラックスの元妻(恋人?)はこれまた大好きな女優さん、ジュリエット・ビノシュ。

何て言えばいいのかしら。
平野氏はNagieの世界観を、言葉にできない私の代わりに具現化してくれているみたい。

そう、私の従姉妹が去年、短歌で女流新人賞をいただいたのですが、彼女の作品に触れた時にも同じように感じた。それと同時に悲しかった。羨ましかった。
こんな風に自分の中の何かを表現できるツールがある人ってって。

そして今また、彼のデビュー作日蝕を手に取ってみた。ほんと、これを初めて読んだ時には、内容じゃなくて表現、文章に衝撃を受け、相当ショックだったのを思い出す。
今読むとどう感じるのだろう?

今日は久しぶりに一人ランチタイム、いつもは職場のGMと一緒ですから。
で、御近所に勤める、ゲームデザイナーの友人に声掛けてみた。11時半。。。無理だよなぁ。急過ぎて。
しかも彼は料理上手な奥様の愛妻弁当だもんなぁ。
やはり。。。お弁当でした。

で、Nagieはご飯で彼はお茶という組み合わせで、Nagieお気に入りcafe(というか界隈ではここしかこういう雰囲気のところないの)そしてお互いの職場の中間地点ポール・バゼットへ。
a0070133_23223686.jpg

ホワイトデーヴァージョンだそうです。
a0070133_2323439.jpg

お野菜とエリンギのソテーを挟んだピタパン。
向こうにあるのはロールケーキ。一応ダイエット中。薄着に備えて1~1.5㎏落としておきたい。

あれこれ話したなぁ。ずーっとNagieが話してる?途中静かに頷いて静かにコメントしながらずーっと聞いてる友人。ありがと。
中目黒の親父が集う飲み屋散策実現したいが。。。中々実現しないなぁ。

夜、なんとなくまっすぐ家に帰りたくなくて。。。そんな時は表参道の喫茶店へ。
予感的中。臨時休業。ジャズフェスとかどっかの国でやってるのかな?

というわけで、意外に好きなロイヤルホストへ。
a0070133_23274064.jpg

朗読会の為の読書。電子辞書片手に。昼間読めなかった新聞。そしてあと少しで読み終わる平野氏の本。
何をしていてもすぐに検索したくなる。その為にはipad。

a0070133_23382114.jpg

んー、ダイエットなんだけど。

今、ちょっとポテトを食べ過ぎて気持ち悪い。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-02-24 23:38

かたちだけの愛

大好きな作家平野啓一郎さんの新著。

ここ最近は作風がだいぶ変わってきましたがどれも美しい世界、水紋が広がるように彼の言葉がnagieの心にスーッと入り込んで広がる。

この本の中にもたくさんの素敵なフレーズが一杯。

そしてここが好きだし、凄くわかる。

『<恋愛>とは、よく言った言葉だと彼は思った。好きという感情に前後があるならば、なるほど、前半は<恋>で、後半は<愛>なのだろう。恋が、刹那的に激しく昂ぶって、相手を求める感情だとするならば、愛は、受け入れた相手との関係を、永く維持するための感情に違いない。
その恋と愛の狭間で、二人の人間は、初めて体を交え合う。恋が花であり、愛が果実だとするならば、セックスは、花を落として、実を結ぶための、季節の変わり目のようなものである。』

『二人は互いに深く結び合って、まさに一個の愛へと至ろうとしていた。そして、その刹那にこそ、彼らは突然、羽がもがれたように、暗い<不気味の谷>へと墜落してしまったのだった。それは限りなく愛に似ていながら、どこか、愛そのものではなかった。〜略〜そんな風に、愛の不気味の谷に沈んで、
そのまま朽ちて失われる恋が、この世の中には、どれほど多く存在していることだろうか?』

これはいかにも女性の持つ世界観のような気もしますが男性が描く女性的視点なのでしょうか?

トニモカクニモ。。。。

美しいなぁ。

彼の作品、どれもこれも大好きですが中でも。。。。

『滴り落ちる時計たちの波紋』とか『決壊』とか好きです。

さて先週末のNagie企画!DJトーマスナイト。。。有難いことに皆さん是非とも再開をというメールをたくさんいただきました。

喜ばしきこと。

音楽というものは体と心で感じるもの。国境も何もない。面倒な垣根もひとっ飛びです。
そして今回初めて参加くださった方より、池尻にこんな素敵なカフェがありますよと情報をいただきました。
たまたま用事があって彫金先生フィリップさんと電話で話していてこの話をしたらどうやらフィリップさんもここでジュエリー展をしたことがあるそうな。
そして彼もあんな素敵な会は続けなきゃと一言。

やはり年に1〜2度できたらいいかもね。
食事の企画をやらずともこれは続ける?

今年たぶん仕事で大きな変化がある気がしています。
ただの感ですが・・・そう遠くないことのように感じています。
そしてそれはnagieにとってどう働くのかしら?

でもnagieは心に決めています。
それを機に週4日シフトにしようと。

もう可哀想とか頑張らなきゃって思わないことにした。
自分が働きたいスタイルをおし通そうと。


I love you

日本語にすれば愛している。


夏目漱石はこの言葉は日本語に訳せないと言ったそうな。

愛している。。。。わかる、この言葉って新しい言葉だと思うから。

夏目漱石の時代はなかった概念のような気がする。


こんな風に思った今日。
[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-02-22 23:40

出会い

昨日行ったアート展。
a0070133_21172228.jpg


コンテンポラリーアートの結集のようでした。そして色々なブースが出ていて面白かった。
こんなものを発見。
a0070133_21185377.jpg

渋谷にポスターハリスギャラリーというのがあるそうな。

どうもNagieの好きな世界が一杯のような。

ゴールデンウィークの青森県三沢の寺山修司記念館では、宇野亜喜良&渚ようこ、写真家森山大道&渚ようこのイベントが開かれるんだそう。

悩む。

青森。。。。以前奈良美智さんを求めて行きました。
どこに行っても霊場と化したような地で、一人怖い怖いと泣きながら歩いたのを今でも思い出す。
ホテルの部屋でも寝られない。物音一つにびくびくしてしまって、壁に映る影さえも得体のしれないものに見えてしまって。

素敵なイタリアンでお店のオーナーさんが気さくに話してくださった時には藁をも縋る気持ちで一杯でした。

二度とこの地は一人では来られないと感じた一人旅。

どう決心したら。。。また青森に行けるのでしょうか?

誰かを誘うか・・・

そんなことをふと。。。(これをふと。。。というのでしょうか?)思い出した、今。

売店。こんな風に書くと可愛いです。
a0070133_21355512.jpg

そしてびびびび。。。またまたNagieの心鷲掴み。
a0070133_21295916.jpg

床材に使われた余り木で作られたコースター。
a0070133_21305338.jpg

綺麗でょー。しかもNagieが、tu-jeeにお願いして作って貰っているテーブルにそっくり。

a0070133_21335290.jpg


まるでミニチュアみたいでしょ?

思わずゲットです。

このテーブルの上にこのコースターを置いてみんなでNagie手作りのお料理でお酒を。。。。

そう遠くもない夢。

楽しそうですねぇ。

あーカトラリーも早く作りたい。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-02-21 21:40

この場をかりまして

昨晩、Nagie企画にお越しくださり、お土産を下さった皆さま。

いつもお心遣い有難うございます。
大切に使わせていただき、また美味しく頬張ります。

そしてどスッピンなNagieを激写していた、そこの貴方。。。。

本日カメラを確認くださいませ。

確実に壊れておりますから(笑)

メンテナンスが必要です。


今、千代田区の練成小学校(中学校だったかな)跡地にできたアートスペースで素敵な企画展が催されております。

ACC企画のサイト立ち上げでアイディアなど色々意見をたまわりメールのやり取りをさせていただいたイラストレーターの藤城光さんが参加されています。

Nagieは数度のメールのやり取りでこの方のお人柄にビビビときました。

会ってきます。

楽しみです。

そういえば・・・Nagieブログのファンと称して下さる方々。。。赤裸々で面白いと。

赤裸々。。。かな?どこが?

あー教えたい。もっと赤裸々ブログを書く人を。。。

でも教えない。ふふふ。

勿体ないから。ふふふ。







[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-02-20 12:16

Nagie企画DJトーマスナイト

昨晩は恒例の企画、そして最後の企画。。。。さびしい。

DJトーマスのセレクトする音楽を耳に美味しいお酒&食事のひと時。

トーマスの本業は建築。DJはあくまでも趣味らしいのですが夏の週末はとにかくあちこち引っ張りだこで忙しいらしいです。
a0070133_934482.jpg

傍らに置かれた美脚のCDは小西康陽の新譜。ここ最近のNagieヘビロテCD。
Nagieからのプレゼント。。。既に持っていたけど。

a0070133_935176.jpg


人数も少なめだったということとNagieの体調が前回とは比べものにならないくらいということで今回は皆さんと色々お話しできたし楽しめた。

a0070133_9363267.jpg

宴の始まりはこんなに静かでのんびりムードに包まれてお食事していたのですが。。。

a0070133_9375251.jpg

odoru。。。踊る。確か・・・西城秀樹のYMCAだったと思う。

料理は何品くらい出てるんだろうか?
a0070133_939143.jpg

a0070133_9401587.jpg



a0070133_9405421.jpg

赤いパーカーのフードをかぶせてパチリっ。フィリップさん。
Nagieのブログに登場する彫金先生のイメージとかけ離れているらしく、『Nagiちゃん、僕イメージダウンだよー』と。
そんなことないよ。。。最高だぞ。ナイスガイだ。

a0070133_9432827.jpg

国家試験合格率数パーセントといわれる超難関試験をくぐり抜けてきたおじじとドラマーとして活動しているおじじ。
この超難関おじじがはじけましたよー。うけたうけた。
a0070133_9453361.jpg

何この人ぉぉ・・・ウケる~~よい、よいです。君に大賞をあげよう。

a0070133_9493845.jpg

赤と白のワイングラスの向こうには?

んーやっぱり音楽は共通言語だと思うなぁ。色々な壁をとっぱらってくれる。

諸事情でこの企画が続けられないのは残念。続けようと思えば出来るのですが・・・場所が・・・・

今、渋谷代官山中目界隈で場所をしかも小さな箱を探そうかと思案中。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-02-20 09:57