Artesano de Circulos Concentricos

<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


心にくる歌だ

The Rolling Stones – As Tears Go By

It is the evening of the day,
I sit and watch the children play.
Smiling faces I can see
But not for me,
I sit and watch as tears go by.

My riches can’t buy everything,
I want to hear the children sing.
All I hear is the sound
Of rain falling on the ground,
I sit and watch as tears go by.

It is the evening of the day,
I sit and watch the children play.
Doing things I used to do
They think are new,
I sit and watch as tears go by.

一日のたそがれ時
わたしは子どもたちの遊びを座って観ている
微笑む顔を見ることが出来る
けれどわたしに向けたものではない
わたしは涙が落ちるにまかせて座って観ている 

わたしのお金で全ては買えない
子どもたちの歌声が聞きたい
ただ聞えるのは  
雨の地面に降り続く音
わたしは涙が落ちるにまかせて座って観ている

一日のたそがれ時
わたしは子どもたちの遊びを座って観ている
わたしが昔していたようにしていることは
彼らにとって新しいこと
わたしは涙が落ちるにまかせて座って観ている


本日無性に食べたくなった六本木香妃園の鶏煮込みそば。
a0070133_23252411.jpg
a0070133_23253960.jpg
a0070133_23255171.jpg

うまいうまい。。。。途中からラー油を垂らして。しっかりラー油を混ぜるんじゃなくて垂らしたラー油を麺に絡めて食べる感じ。
うまさ倍増。

a0070133_23275989.jpg

最近は柔らかいとろとろプリンが好まれますがNagieは昔ながらのしっかりしたプリンが好きです。
このプリン、昔ながらの手作りプリンていうんです。まさに。
苺は不要。(個人的感想)



[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-04-30 23:32

無目的に歩く。。。。

仕事を終えて、さてどうしようかなぁとちょっと考えて、そうだ六本木にまずは行こう。

先週お願いしておいたワンピースを試着しに。

大体既製品で買う服やさんは決まっている。
ユニクロ、GAP、そして駅ビル内ショップ・・・ディノスの通販も好き。

そしてきちんとしたものを買おうと思ってコンスタントにチェックするのは、殆んどがJOSEPH。
タイシルクオーダー稼業TAKI嬢に作っていただくパンツ以外ではほぼパンツはJOSEPHです。
生地もしっかりしているし、なんといってもパターンが綺麗。値段がちょっと高いのが難点ですが。
(でも昔よりも確実にお手ごろ価格になっている気が。。。ライセンス物になったからかな?それとも景気の流れ?)
高いけど長持ちするし、ベーシックなものが多いのでデザインが錆びない。ほんと重宝です。
Nagieは最後は仕事着として履くのでそれはそれは履き潰してます。
ままさんが、そこまで履けば、十分元取ってるねぇと笑います。大事にしてるんですっ。

先週の土曜日に新宿のハンズに行きましたがその途中にJOSEPHがあったのでざーっと見回したら、凄く綺麗なピンク色のシルクのワンピースが。

で、ハンズの後ミッドタウン内のJOSEPHに移動しましたが、ネイビーのものだけがありました。
取りあえずサイズを見るのに試着。
あれっ?思いの外ネイビーが似合う。これは意外でした。
新宿でピンクを見て来たと言ったら早速お店の方が取り寄せてくださった。

本日試着。

新宿で買ってくればいいのでしょうが、ミッドタウンのスタッフの方は青山にあった時からのお付き合いで(多分10年くらいにはなりますね)、買うならその彼女の顔を見て買いたいのです。
Nagieの買い物はいつもそう。この人から買いたいっていう感じなんです。
極端な場合は、その方が退職されると行かなくなってしまう事もある。

この1週間内のとある日、このNagieの、買うならここで・・・と言った発言がスタッフミーティングに上がったらしい。
喜びでもあるけれども、それは緊張でもあると・・・こういう言葉をお客様からいただけるように一生懸命接客しないとってことなのでしょうかね。

そんな大袈裟なとは思いましたが、喜ばしき出来事だと思いました。

そして麻布十番へお茶をしにてくてく。
電車で恵比寿に出てまたてくてく。

a0070133_2063733.jpg

薄いブルーグレーに差し掛かる空に、最後の力を振り絞るように光を放つ沈みゆく太陽。ちょっとスピリチュアルな感じでした。

a0070133_2081179.jpg

この左側に拡がる帯状の雲がなんだかビルが吠えてるみたいだった。

a0070133_209539.jpg

可憐。

a0070133_209324.jpg

我が家は駅でいうと凄く便利そうな駅なのですが、どこからもちょっと遠くて不便。不便故、静か。
こんな緑も一杯。だから好きなのでしょう。

a0070133_20111911.jpg

人工物。コンクリートの巨大な塊。なのに何故か好きなの。

a0070133_20144819.jpg


あまりにもカメラが可哀そうだと思ってこんなお掃除キットを買ってきました。
細かい所を分解してお掃除するといいのでしょうが絶対戻せないからしません。
子供の頃これで何度もNagieは時計を駄目にしていますから。
a0070133_2015322.jpg


しかし相変わらず曲がってんなぁ。。。写真が。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-04-30 20:20

芸術は爆発

a0070133_2047353.jpg


ゴールデンウィーク、微妙に突入故か混んでた。
ガチャガチャ欲しかったけど列を見て断念。家の中にいらない雑貨が増えるだけだ、物を減らしているんだからいらないいらないと自分に言い聞かせるNagie。

Nagieは彼のデッサンが好きなんです。余り知られていないけど凄く繊細で美しいのです。今日もほんの少しですがありました。

後はあのいつものエネルギーバリバリの絵が一杯。
一つ一つの画の意味を初めて知って、なるほど単純に、豪快な画だというだけではほんとないんですねぇ。
思いの外ナイーブな意味を含んでいたり。

タイトルの芸術は爆発だ。。。。余りにも有名な言葉ですがこれは自分の心を開放する事なんだそう。
凄くよくわかった。
自分の心の中に持つものを、さらけ出すって、閉じていた蓋をばかっとまるで爆発するくらいの勢いを持って開けないと難しいですよね。勇気がいります。
きっとこれを一度してしまうと色々な意味で凄く楽に生きられそうです。

Nagieは岡本太郎の言葉が好き。画よりも本がいい。
みなさんがイメージするよりもずーっと哲学的で素晴らしいです。

また読みたくなった。

美術館の後は日本橋までお散歩してこちらへ。

たいめいけん

並んでたなぁここも。
a0070133_20554073.jpg

お箸が出てくるところがいいねぇ。久しぶりに来た。何年ぶりかな?

まずはどこに行ってもサラダ。レタスサラダ
a0070133_20563531.jpg

大好きなレタス一杯。先日患者さんに好きな食べ物は?と聞かれ、レタスと胡瓜といったほど。Dr.Kはすかさず、おまえはキリギリスかっ?って怒鳴っていました。あははは。

そして悩みに悩んで。。。。ナポリタン、海老フライ、オムライス、グラタン・・・・
a0070133_20584617.jpg

で、蟹マカロニグラタン。

a0070133_20591436.jpg

器の縁が見えないほどのボリューム。半分でお腹いっぱい。

Nagieはどこに行っても完食することは少ないので、全部食べきれる量をと考えてメニューを選ぼうとすると頼めなくなってしまうので悪いと思いながらも残すのが前提。すみません。

美味しかった。

友人に頼まれたピアスのイメージが湧かなくて、デパートのアクセサリー売り場をざーっと流して見てみた。
一時間といられない空間。に・が・て

雑誌装苑を読んでいたら。。。。資生堂のアートディレクターさんのコメントがいい。

今の女性はモテ重視から私らしさを大事にするマインド。なんだそう。

なるほどねぇ、そうかもしれない。
Nagieは元々が男性を意識して何かしようという人間じゃないので(媚び型じゃなさ過ぎて問題です)凄くいいな。
こんな自分ですがよろしくお願いします。
本意じゃないことはたとえ好きな人の為でもできない。

男性の目を意識して自分を可愛く仕立ててみたりってナンセンスだと思うなぁ。
それこそ、自分の内面を表現するための化粧だったりファッションだったり・・・・

でも意外にも違う意味で気は使っているのです。

例えば。。。。お食事をするとしよう。
その日にご一緒する方のファッションは意識する。
一緒にいる時、並んで歩く時違和感があるのは嫌なんです。
あまりかけ離れた格好にならないようにはしています。
似たようなテイストの方が絶対空気感が綺麗に見えるというかしっくり見えるというか。

カジュアルな方だったらカジュアル風に、びしっとスーツで決めてくる方にはそれに合うようなちょっとドレッシーな服とか。決して自分中心にはならないようにしていますが。
相手の方に、えっ?この格好?って思わせないように。。。

そう伝わっていたらよいけど。

とにかく内面をアウトプットさせたNagieのファッション性や人間性をいいなと思ってくれたら嬉しい。

どう表現していいかわからないけど、男女問わず、着ている服を見てみると、その人の感性とか、ライフスタイルとか美意識とか諸々が分かる時ってありますよね。
それでなんとなく共通の価値観を感じたりして。

そういう瞬間て好き。

多分だからNagieは憧れの女性と同じようなファッションをしてみたいって思うんだと思う。
そういう女性になりたいから。まずは形から。

最近ファッション雑誌をめっきり買わなくなりましたが装苑、読んでよかったな。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-04-29 21:29

思いつきで生きてるんだと実感した。

昨夜は。。。。月曜日仕事中。KBやんがじゃじゃ麺食べたくないですか?とひとこと。

この一言でNagieの興奮度はぼぼっぼぼぉぉぉぉっと上がる。

非常勤で働くKBやんと会うのは金曜日。休みじゃん。その後は予定があるなぁ。

木曜日どう?ってことで、KBやんわざわざ千葉から出て来てくれた。
それだけ食べたかってことだよね。

休日モードのKBやんはちょいと派手目な女に変身してきます。最初ちょっと驚いたけどもう慣れた。
何にしても可愛いキャラだから許せるね。

おいけんさんとこ、忙しかったなぁ。いつもコンスタントには人がいるけど今日は満席。全然話せなかった。
じゃじゃおいけんは食べるだけではだめなのよねぇ、おいけんさんの突っ込みトークを合わせて初めて成立する。

KBやんもnagiやんとおいけんさんの毒舌トークがなかったからさびしいと。わかるなぁ、私も物足りん。

まぁねぇ、おいけんさん岩手出身だから何となく心にいつも何かがくすぶっているんだろうとは思いますよ。
Nagieもお支払い時に、『釣りはいらねぇ』と帰ってきました。少しだけど義援金ね。

でもじゃじゃ麺は相変わらず美味しです。
a0070133_17381420.jpg


満席だったのでお店の前で待っていたら、お店から出てきた男性が。。。
『Nagie~』と、低い声で、おばけぇっていう時の感じでいいながら出てくるじゃないですか・・・
びっくりして見たら、Daisukeさんではありませんかぁ。。。

そうでした、HI-FIイベントでしたよねぇ。
10時~のスタートでしたが、あった時間は8時ちょい。

なるほどねぇ、このくらい前から準備に入るんですねぇ。
思わずイベンターの目になってしまった。

帰りにちょっと顔を出そうかと思案するも、まだまだ始まる時間じゃないし私たちは青山にあるカフェに移動しなきゃいけないし。。。。(えっ?決まり?気になっているお店があったので行ってみたかったわけです)

すまぬぅ。

この出会いがちょっとNagieの何かを動かしてしまいました。
昨晩、夜中(もう今日になっていましたが)突然、渋谷でお世話になっているBAR、snootyfoxの店長さんにメールしてしまった。

今年の2月にやって最後にしようと思っていました。店長さん退職しちゃうから。

で、確認したら6月退職との由、DJトーマスさんの予定を確認しつつ数回のメールのやり取りでイベント決定

6月18日19時半~。
今回はコンパクトに行こうと思って会費は4000~4500円。(思案中)
普段より2000円も安いです。いつもは料理も余るほどの量だしバックバーのお酒どれを飲んでもOKというシステム。(これ特別です)酒好き、酒こだわり派が多いので会費をあげてこのシステムにしていました。
もっと安くもできますが、そうなると簡単なものばかりでさびしいテーブルになってしまうのでそれもね。
で、この辺りの価格にしてみました。

この日は、まさしく店長さん退職の日。

お世話になりました、お疲れさまでした。新しい世界へ羽ばたいて下さいとみんなで送り出すべくイベントとしよう。

あまり時間がないからどれだけ人が集まるかだけど兎に角本当にここでのイベントは最後。
みんなで楽しみたい。

正直、恵比寿代官山中目界隈で場所を探してみてはいるけどびびびって来るところがないのですよ。

雰囲気はいいのですがキャパがねぇってのが一番ですね。大き過ぎたり小さ過ぎたり。

結局自分が我儘だからでしょう、自分が動きやすいエリアじゃないとしっくりこない、イベントをやるテンションにならないし。

難しいですな。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-04-29 18:06

smile


最近のお気に入り曲
先日の朗読会でも流しましたが・・・・

チャップリン、モダンタイムズより

Smile even though your heart it is aching

Smile even though it's breaking

When there are clouds in the sky

You'll get by

If you smile through your fear and sorrow

Smile and maybe tomorrow

You'll see the sun come shining through for you

Light up your face with gladness

Hide every trace of sadness

Although a tear may be ever so near

That's the time you must keep on trying

Smile, what's the use in crying

You'll find that life is still worthwhile

If you'll just smile

Smile...

スマイル

胸が苦しくても微笑もう

たとえ傷ついても微笑もう

空に雲が立ち込めても

君ならきっと切り抜けられるから

怖い時にも悲しい時にも微笑むことを忘れず

微笑み続けたなら 明日には

お日さまが君のために輝いてくれる

喜びに顔を輝かせて

悲しみの影をみじんも見せずにいよう

たとえ今すぐにも涙がこぼれそうだとしても

そんな時にこそがんばり続けて

微笑むんだ 泣いたってどうにもならない

もしも微笑んだなら

人生には生きるだけの価値がまだあることを君は知るはず

微笑もう.......



無理する必要はないけどね。
凄くいい唄です。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-04-29 01:28

上原ひろみ×熊谷和徳@Blue Note

今日はustreamにて配信。

その場にいなくても感動した。

ラプソディインブルー、最高。

昨日観たのに。

色々あったとはいえ、日曜も観たのに。(日曜は違うSETでしたけどね)

泣ける。

やっぱりいいねぇ、この二人。

上原ひろみちゃん、チック・コリアとのジョイントでNagieは失敗した。

演奏にじゃなくて会場に。。。。武道館。

好きじゃないなぁ。

やっぱりね、ブルーノートくらいの規模で聴くのが一番素敵だし、心に沁みますねぇ。

ふぅ、昨日の事も思い出して只今心地よい充足感でいっぱい。

ひろみさま、ソロがあったはず。行っちゃおうかなぁ。金欠だよなぁ。


最近丸の内に素敵なカフェができました。

a0070133_2318298.jpg

さすが資本力のあるお店は違いますねぇ、内装が凝ってましたよ。

a0070133_23191233.jpg

a0070133_23192343.jpg

時計に、オリジナルの布巾に、魔法瓶。

a0070133_23212373.jpg

お茶の入れ方をレクチャーしてくださる。家で飲んでいるのと同じ銘柄を選んでみました。
どれほどの差があるのか。
我が家も、意外にお茶の入れ方はしっかりしている方だと思いますがどうでしょうか?

a0070133_23225149.jpg

急須にも一保堂の屋号(って言ってもいいのですよね?違った?)が入っています。

美しいですねぇ。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-04-27 23:25

上原ひろみ×熊谷和徳@Blue Note

本日2ndステージに行ってきました。
素晴らしい演奏でした。

1.BRAIN TRAINING
2. PLACE TO BE
3. TOUHOKU
4. 上を向いて歩こう
5.RHAPSODY IN BLUE
6.WHAT A WONDERFUL WORLD

ピアノのアレンジがどれもこれも素敵で息をのむほど。
それに合わせて刻むKazさんのTAPもまた素晴らしかった。

マイクを手に持ち、挨拶を始めたKazさん、『僕は仙台出身で、先月・・・・』ここまで言ってうつ向く。
言葉にならない。。。そしてステップを踏み始めた。
また言葉を発しようとするけれどもやはりうつ向く。そして目には涙が。

十分メッセージは伝わったよ。言葉なんていらないよ

だって君の言葉は、君の心はその靴音にあるのだから。

思わずNagieも目頭が熱くなった。

堪能させていただいた。よかった。

でも、一度心に刻まれたものは決して拭い去ることは出来ないんだと知った。

先日日曜日に喜び勇んで仲良し友人E夫妻と行ったのです。

それがそれが、近くに坐っていた人の声がうるさいというか、もう怒声のような、汚い声で
『ひろみ~ぇ』
『かずぅ~ぃ』

とにかく下品なの何のってありゃしませんでした。最初の内はちょっとうるさいなぁという程度でしたが、もう演奏に集中できないは、またいつあの汚らしい声がするのだろうと思うと怖くて怖くて。
怒りで体が震える。

私たち3人は段々怒りのボルテージが上がってきてしまいました。
他のお客様に迷惑をかけてもいけないし、場を壊してもいけないから必死に我慢しました。
アンコールが終わった瞬間、私たちは爆発した。
E夫人が『うるさいっ!!』とキレた。彼女にあった人ならわかるでしょうが、本当に穏やかな素敵な女性なんです。滅多に心乱れた所を見た事がないほど。

私自身は悔しさとこの心をどーしていいのかわからずに頭を抱え込んでしまった。

このままじゃ帰れないと、Eご主人に、マネージャーに苦情の申し立てをしようよと。。。

マネージャーさんをテーブルまで呼んで始まっちゃいました。

なぜあぁいうお客さんを上手にコントロールしないのか。
ブルーノートほどのお店がそれでいいのか。。。。

マネージャーさんはお詫びに後半のステージを観て帰ってくださいというけどね、この気持ちのままで観られるわけがないんですよ。

偶然にもNagieは火曜日にも取ってあったのでそれで兎に角楽しめばいいやと。

帰ってからも、この悔しさと怒りの気持ちは収まらなかった。

以前、行ったライブで演者の方が上手にその手のお客さんに静かに観てくださいと言っていたのを思い出し
Kazさんサイドの事務所にメールを出させていただいた。

別にメールに返信を期待していたのでもない。目に留まってくれたらそれでいい。

KazさんのTAPというのは娯楽性に富んだものというよりもメッセージ性が強い。その分、ステージでやったパフォーマンスは大袈裟に言ってしまえば彼の言葉であり、アーティストとしてのプライドみたいなもののような気がするのです。
だからこそ・・・・

喜ばしい事に、彼から直接ではないにしても真摯な返事をいただけた。私たちがあの日にした行動は彼らにも伝わっていたようです。

少しは心が軽くなった。でもね、一度味わったものを完全に拭う事は絶対にできないのですね。

今日は、義援金かごにはKazさんの顔がありました。

そうなんです、前回これも気になった。やっぱり直接顔をみて、義援して下さった方々にお礼を言うべきですよ。たぶん偶々のタイミングだったのだと思いますが・・・そう信じたい。彼はこういうことをおざなりにしてしまう人間ではないはずだから。
それにしても・・・・私たちが苦情を言った後に受付フロアーに上がったのだからそれなりの時間でしたから。

Nagieは、自分が心動かされないものに義援する気は全くないので、日曜日はしませんでした。
こういうものって双向性を持っていなければいけないんです。一方じゃだめなんです。
形だけならいくらでも出来ますが、自分が出したお金に意味がなければそれは心を伴わないただの行為、偽善、出しときゃいいみたいになってしまうでしょ?
それってちょっと納得いかないから。

今日はほんの少しですがかごに入れさせていただいた。

そして先日の朗読会の収益は彼が始めた義援プロジェクトに寄付をさせていただこうと思っている。

そう、朗読会の前から決めていたのです。
日本赤十字とか色々あるけれど、兎に角小さくても目に見える形でちゃんと行動している人に託したかったから。

この一連の出来事、人によっては大したことではないかもしれない。
なぜNagieもここまで心が折れたのか不思議でなりません。

正直当分尾を引きそうです。

一つ言えるのは、Nagieにとってこういう時間は心の糧、エッセンス・・・Nagieの感性・人格形成に取って絶対的に必要な時間だから、凄く凄く大切にしているからなのかなぁと。

こういう時間を味わう事でメッセージを受け取り、それを自分の身に落としこんでいきたいから。

こういうことなのかなぁと漠然と考えた。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-04-27 00:58

フェミニン&マスキュランな女

夏木マリ。

あこがれ続ける。この人の感性に。

もうすぐ還暦というお歳でどうしてあーしていられるのか。プロだから。

それだけじゃないよねぇ。自分に凄く厳しいのだろうな。

ON、OFFがしっかりあってONの時は厳しいけどOFFの時は男性に自然に寄り添えちゃいそうな感じ。

今日はビルボード東京にてライブでした。1年ぶり。

でもここ最近の彼女のライブで一番は、東京文化会館小ホールでのコンサート。このホールでクラシック以外の人で、しかも夏木マリさんですよ、音楽すごいからねぇ、この時が初めてらしいです。

彼女の舞台も研ぎ澄まされていて大好きですが、独特の世界観で生きているので、誰かを誘うにはちょっと厳しい。

スタートは、ジャニス・ジョプリンのハードなナンバーから。

よくもまぁ、頭がくらくらしないこと。

鍛えてますねぇ。声量が相変わらず凄い。迫力が半端じゃない。

エチオピアを旅した時に作ったという、ONE OF LOVE。

本当に滋味溢れた愛の歌だ。あのしゃがれた声で歌うとなおさら味があるんですねぇ。

あー、夏木マリになりたい。

そう言えば昔、秋吉久美子になりたいと言ってみんなにやめろと言われたっけ。なんでかな。

夏木マリさんは、やめろとは言われないけれども無理だとは言われる。

服の好みも、お芝居も、唄も、感性も、そして彼女の美意識・美学、全部大好き。

時々ライブ会場などで見かける彼女の普段着もシンプルでかっこいい。

でもNagieはマスキュランな服はきっと似合わないし、カラオケだって(今は行かないけど)ブルースtypeの人間じゃないし、好きじゃないけど歌うとなると今井美樹とかの嘘くさい優しい唄になっちゃうわけ。
結局声質がね。

Nagieはこれからどんな女性になっていくのでしょうか?

今の感性も大したもんじゃないけど、最低でもこれをキープしながら、そして自分を律してさらに高めて行く事は出来るのだろうか?

彼女を見ているとそんな事をふと考えてしまう。

色は違えど彼女みたいなマインドの女性になりたい。

そう言えば、今回、ジビエ・ド・マリのメンバーが斎藤ノブさん以外全面とっかえになっていた。
フランス婚の相手、ノブさんは変わるはずもないし、彼女を支え続けるでしょうし

どうしてなんだろう?

ちょっと気になった。

でもキーボードの男の子(って歳でもないでしょうが)が凄くよかったなぁ。

かなりきてるね。エキセントリック度合い。

明日は昨日とまた一緒でブルーノート、上原ひろみ&Kazさんのライブ。
昨日の雪辱を晴らすべく。。。。

さて昨日何があったのでしょうか?




[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-04-26 00:12

KUNG FU KICK presented by team HIGH FIDeLITY

【告知】
元同僚Dr.daisukeさんはじめたくさんの方々で催されるイベント。
今週ですね。基本音楽好きの為、飲んだくれの為の会です(と思います。えへへ)

a0070133_7555616.jpg

お待たせしました!!

90年代初期のUKロック好きを中心に結成され

渋谷、青山を中心に都内で数々のロックイベントを開催してきたteam HIGH FIDeLITY!!...
いよいよHI-FIが、一年以上の年を経て帰ってきました!!

今では時代と共にチームメンバーの音楽の幅も広がりロックにハウスにJAZZにファンクにとオールジャンルに展開してきたHI-FIですが今回繰り出すイベントが凄い!!

その名も・・・

「KUNG-FU-KICK」

あの伝説エリクカントナの観客へのブチギレとび蹴りの写真(上の写真を見よ!)をモチーフ(?)にイベントを行います。

目指すはプレミアリーグののゴール裏の雰囲気!?

音楽に踊り狂うもよしサッカー談義に熱くなるもよし、存分にお楽しみ下さい。

HI-FI再始動の一発目イベントとなります是非ともお越し下さい!!

開催地:Orbit
お店HP:http://bar-orbit.com/
お店地図:http://bit.ly/gXsnhk

お時間ある方は顔を出してみてくださいませ。

んじゃ、よろしくお願いします。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-04-25 07:56

盆栽バーにて

盆栽花見パーティー@恵比寿。

友人にお声かけいただいて、速攻返事しましたよ。多分10秒後くらい。

返ってきたメールは。。。返事はやっ。

小さなスペースによくもまぁ、こんなにたくさんの人が入るもんですよ。恐らくは普段は15~20人ぐらいのパーティーがいい感じのところに40人くらい。

a0070133_21583040.jpg

この緑のトルネード状態の被りもんをした方がオーナーさんです。実は過去にNagieは彼の盆栽レクチャーを3度ほど受けているのです。
偶然にも友人が常連さんだったのですねぇ。世間は狭い。
a0070133_2201860.jpg


至るところに盆栽が飾ってあります。
a0070133_225825.jpg
a0070133_2252233.jpg


しかしなんですねぇ。バーっていうのはお客さんのレベルっていうのかな・・・でますねぇ。
ここも人間的にも、社会的なものでも素敵な方々ばかりでした。
自分が行くお店を見て、自分てどんなかなって思ってみるのもよいなぁと思った。
周りを見渡せばお店の質もわかるし、自分の人としてのレベルもなんとなく測れる。
で、まだまだだと思えば、色々人間として幅を拡げる勉強をしていけばいいし、そのお店にマッチしていると思えばさらに上を目指して、ちょっと敷居の高そうなお店にデビューしてもいいしね。
そこに集まる人たちが自分を育ててくれる。

この日は、バーに行く前に友人が気を利かせてくれました。Nagieが思いの外人見知りだということで、ちょっと飲んでリラックスしていこうとなった。
そのお店がいいんですよ。恵比寿の駅そばで、いい感じ。
a0070133_2214987.jpg
a0070133_22142764.jpg

定期的にライブもあるのだそう。ただなんだって。

先日朗読会後に行った渋谷のベルギービールのバー(パブ?)の話をしたら、さすがです。ご存知でした。
いいお店だよねぇって仰っていました。
確かに。また行ってみようと思ったものなぁ。
もう少しビールが飲めたらいいけどねぇ。

今日は久しぶりに彫金デー。もうひと踏ん張りのところまできました。
a0070133_221748100.jpg
a0070133_22181091.jpg
a0070133_22182691.jpg
a0070133_22184284.jpg

リング下のツノンと飛び出たところにブルーダイアモンドが入るんです。隠し味みたいに見えないところに凝ってみたかった。


次回は完成ですね。
艶消し仕上げの予定だった(今も悩んでいます)のですが、お教室にいた殆んどの方が、ツルッツルに仕上げたのを見てもったいないと。いつでも艶消しに出来るんだから最初はぴかぴかがいいよ。
そして500RINGなんとかっていうのに出せばいいのに。
Nagieはそういうのに興味がないのですが、昭平先生の98%選ばれると言った一言に欲が出た。
でも後にライブの予定があって時間的に間にあわないから断念しました。

で、次の何かの時にだそうよって仰っていただいたので、客観的に自分の作品がどんなもんかも知ってみたいなと思ったのでお願いしました。

さて次々~。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-04-24 22:35