Artesano de Circulos Concentricos

<   2011年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧


移動の激しい一日で

くたくた。。。。

夕べのウキウキ気分そのままで・・・知人とのランチへとお出かけ。

半蔵門(お休みの日に近づきたくない労働エリアですがねぇ)のL'espace du vin 筵まで。
通勤の途中で見かけては気になっておりました。
Nagieは今は半蔵門には行っていないのですが、同行才媛女史の居住エリアということもあってこちらとなったわけです。

安いかもぉ。Nagieセレクトは 本マグロ頬肉のステーキ 白ワインと柚子こしょうのソース

まずはコーンスープとグリーンサラダ
a0070133_208512.jpg


a0070133_2091387.jpg

あれぇお肉を頼んだったのかしらと思わせるほどの食感でした。ほんのり柚子の味わいが効いていて美味しかった。

同行女史のオーダーは NZ産仔羊肩ロース肉ソテー 黒オリーブとトマトのソース
a0070133_20114889.jpg


久方ぶりの再会であれこれ話し笑う。楽しいわぁ。
自営業の彼女。。。大きなプロジェクトが終わって今はのんびりしているんだそう。
次のお仕事は?と問えば・・・・どうしましょうかしら・・・もう少しのんびりしていたいかしらねぇと言う。

羨ましいかぎりです。

そしてお土産に私のイメージだったと街角の花屋さんにて。
a0070133_2018323.jpg


そしてNagieがプレゼントしたものは。。。。女子力アップですからぁと。。。
a0070133_2019983.jpg

ザ・ボディショップ クリーミィ ネックジェル E

これ中々いいらしいのですよ。

そしてこの後もばたばたの移動ばかりでした。
タクシー代がかかっちゃったなぁ。


反省。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-11-30 20:22

TAPの世界王を観た。

昨夜はブルーノートにてドラム&TAP。

御歳86(?)才というロイ・ヘインズ。。。凄いなぁ、足腰も丈夫だし力強いし頭の切り替えも早いし。。。
素晴らしいなぁ、そして音がやっぱり熟練なんでしょうねぇ、トゲトゲしてなくて丸みを感じる。

それに世界のTAP王、セヴィアン・グローバーのステップが乗っていく。
んー、どんな会話をしながら奏でられているのかなぁ。

小鳥が飛んでいるような時もあれば、モンゴルの大平原を馬の蹄の音を高らかに鳴らしながら風に乗って颯爽と走っているようにも聞こえる時もある。

KazさんのTAPとはまた一味違う。
同じなんだけど違う。

何だか軽やかで華やぎ感を感じる。

何でだろう?

言語の違いを感じた。私は英語が出来ない、何となく言っている意味はわかるけどちゃんとはわからないわけでKazさんは日本人だから日本語でステップを刻みメッセージをのせていきます。
セヴィアンは英語でその作業をするわけですね。
さらに血に流れているものは全く違うわけだからねその文化や生い立ちの違いもありますね。


あー楽しい。

周りの方々を良く見ればみんな口角上がって笑っている。

わかるー。

私も何だか話しかけちゃうのよー、一人で喋ってる。

終わった後、Mさまと良かったねぇ。これは観なきゃだよねぇといいながらぺちゃくちゃ。

お互いなんとなくお仕事で溜まり気味な二人。

これで1週間は乗り切れそうだわぁ。

昨夜はお茶屋さんにも大満足、ライブにも大満足。

幸せだった。

そして仕事では、初診の患者さんがいらした。
なんか会ったことあるぞ・・・あれ?どこで?あーーーーー丸の内時代の患者さんだぁ。

どうしてどうして?と興奮気味に話す私。だってここにいるの知らないはずだもの。

会社で最近歯医者に行ってねぇよなぁと同僚となったらしい。
で、私はどこに行ったんだろうねと。。。
ネットで見たら出てくるんじゃねぇのって言って調べてみたら出てきた。
みんなで出たよーってなったらしい。
会いに来ちゃったよー。だって。

何て何て嬉しいの。

だからこのお仕事は好きなのだ。

でもこの業界は嫌いなのだ。

はぁ昨日はハートフルな一日だった。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-11-30 10:36

やったぁ。。。。。

こんな女性になりたいシリーズ(そんなのあったのか?)トップに君臨するE夫人Mさま。

今日ご一緒にブルーノートへ。

早く終わるとの由、先に受付を済ませていただいて開場までフリー。

遅ればせながら登場したNagieですが、スターバックスでお茶を飲むMさまを横目にちょっと気になっていたお茶やさんへ。

何度行っても開いていたことがなかった。明かりは点いているのに鍵がかかっている状態。
今日もだめかなと思ったらなんとぉ開いちゃったのぉ。

スターバックスにいるMさまを残し、わけもわからず入ってしまいました。
そしてそこからメール。実はかくかくしかじか。。。。

で、優しいMさまは早速こちらへ移動して下さった。
でもね、彼女も気になっていたというではないか。。。そして凄く喜んで下さった。
よかったぁ。

店主の方がね、手がね、所作がね、美しすぎて死にそうでした。
もうNagie好みで惚れた。
Mさまにまずい恋に落ちそうだと一人興奮してあわあわ。。。笑うMさま。

幸せでしたぁ。もーすぐに再訪ですよ。
a0070133_0533182.jpg
a0070133_0534591.jpg

お抹茶椀でいただく中国茶はまたいつもの雰囲気と違っていいですよー。あーもうだめだぁ。
綺麗過ぎるぅ。ぐぐぐぐー。

a0070133_0545818.jpg

お皿まで熱々の焼き菓子。素晴らしい。

a0070133_0552965.jpg

なかなかふてぶてしい蛙ちゃんが鎮座ましましておりますよ。
一煎目の捨ててしまうお茶をこの蛙の背中に掛けるんですねぇ。この蛙は縁起ものだそうです。
お客様が帰ってくる。運が帰ってくる。
あり難き蛙ちゃんです。

本日、中々大胆な花柄の藤色系の紫のチャイナに紫のシルクのコートを着ていたNagieにお召し物が雰囲気に合っていますねと仰るではないかぁ。

ややっやめてくだされぇ。恋に落ちるではないですかぁ。

またこの服着て行っちゃう?

今日も明日もあさってもこの服で。。。

むむむっ臭くなるじゃないか・・・悩むな。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-11-30 01:03

飯楽@神楽坂

自分が恐ろしいと思ったよ。

お久しぶりですとお店に入る私に、さも私が常連であるかのごとくに、店主のおじさん。。。おぉ、久しぶりですね。いつもどうもと言う。

よく考えてみればこのお店ってたぶん5回も来てないんじゃないかな。

今日は職場の女子会。ちょっと早いけど、まぁ、忘年会みたいなもんですね。

スタッフの女の子が、Nagie先生はやっぱりどこでも目立つんだねぇ、いいことだよね。
先生のは嫌味がないから。。。。

んーどうなんだろうね。

さて今日は前回(夏に9人で行きました)に比べて人数の割りに品数少なめだったような気がします。(8人)
女の子たちが一人づつ食べたいものを選ぶ。大人チームはそれを静かにオーダーします。

a0070133_2316019.jpg

店主のおっちゃんお奨めの蒸し鶏とイカとセロリの和え物。蒸し鶏は柔らかいのなんの、あっという間に崩れてしまいます。

a0070133_231768.jpg

小龍包。ジューシー&熱々で美味しさは言うまでもない。

a0070133_23181564.jpg

Nagieイチオシの春巻き。見た目だけじゃ美味しさが伝わらないのが残念なほどに旨い。
とにかく中の餡がとろとろなのだよー。
みんな何これぇ、初めて食べた気がすると言わしめたほどちょっとないんだなぁ。ありそうでないってやつ。
とにかくNagieは2本食べたかった。そしたらみんな2本というではないか。16本。おっちゃん呆れて笑っておりました。
みんな、2本食べたくなるのがわかると言っていました。ずーっとここの春巻きを絶賛し続けておりました、やっとみんなに味わってもらえて嬉しかった。

a0070133_23222097.jpg

海老と豆腐のあんかけ風のスープ。いやぁ薄味で上品。美味しいなぁ。いくらでも入る。
しかしここの味付けはどれを食べても美味しいなぁ。

a0070133_23233547.jpg

豚ばら肉とキャベツの味噌炒め(ホイコーローだね)
お肉がとろっとろでした。普通は甘味噌がしっかり効いていてちょっと喉が渇きそうですがこちらのは本当に素材の味を殺さないなぁ。キャベツが引き立っていたものなぁ。
凄いなぁ。

a0070133_23255057.jpg

最初いただいたとき(たぶん去年の暮れか今年の頭)と若干印象が違うんだけどそれでも美味しい餃子。最初に食べた時はもう少し焼き油が少なくて生地がサクサクするような、パイ生地みたいな感じでびっくりしたのでした。思わず粉の配合を聞いてしまったほど。
2回目からはそれに比べると普通の感じなのですがそれでも美味しい。

a0070133_23292365.jpg

これもねぇ、他のお店のサンラータンとは違うんですよねぇ。粗挽き胡椒が効いていて見た目以上にスパイシーでみんな辛い辛いと言っていましたが、私と、敏腕外科医M嬢はするすると。。。

そう言えばM嬢は9時過ぎに本日2回目の飲み会へと出かけていきましたよ。すげっ、さすがタフやなぁ。

そしてお会計で、敏腕マネージャー笑う。あまりの安さに。
そうなんですよねぇ、まじびっくりっていう値段なんですよねぇ。

どうしてこのお店知ったんですか?と聞かれれば散歩の途中にふらっと入ってみた。。。としか答えようがない。

みんなびっくりしていました。

えー?そんなもんじゃないのかな?




[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-11-28 23:35

WAKANUI@麻布十番

何だか最近がっつりお肉が食べたくなりました。しかも美味しいってやつ。

で今夜のお肉は。。。。何だかこだわりのグリルレストラン。
日本の一人単位でいただくステーキとは違って500gとか1000gとか。。。シェアしていただくスタイルですな。

でも300gぐらいをペロッと食べる女性もいらっしゃるとか。ひぇーって驚いていたけどNagieもそのくらい食べたんじゃないかしら?

とにかくお肉が食べたかったので前菜とかはなしでお肉とサラダをオーダー。
a0070133_082581.jpg

まずは前菜に出されたラムチョップ。くぅ、ラム嫌いの人でも絶対にこれは食べられそうです。
くせも臭みも全くない。ちょっと今までのラムの概念を覆されそうです。
お肉に甘みがあってよいわぁ。もっと食べたい。
a0070133_095883.jpg

小振りで柔らかく、脂肪も少ない、生後約6ヶ月の仔羊です。骨付きロースは「ラムチョップ」でおなじみの部位ですが、ブロック肉をグリルしますのでラムチョップとはまた違った味わいをお楽しみいただけます。

だそうです。確かに確かに。。。この時点でもすでに驚きの量のお肉をいただいています。
飽きてくるかなぁと思っていましたがまだ入りそうです。

a0070133_012084.jpg

店内熟成庫で充分に熟成させた骨付きのリブアイ1,000gを紀州備長炭で豪快にグリル。柔らかな赤身の旨みと甘さを味わっていただけます。

これは骨なしで500gでしたが恐らく私がいただいたのはこのうち200gくらい。
もうね、熟成した独特の味わいが確かにあります。そして纏わり付くような脂が全くないのでこちらもあっという間に食べきってしまいました。

さすがにお腹が一杯ですが焼肉の後のようなもたれ感は全然なくて凄くよかった。

もっと美味しいお肉はたくさんあるのでしょうがNagieのお肉ライフはここで十分満たされます。

ランチにはハンバーガーがあるんだそうでお休みの日に来てみようっと。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-11-27 00:17

Dar Roiseau@三軒茶屋

気分はマラケシュ~、モロッコ料理を食べてきました。
モロッコといえばタジンやクスクスですねぇ。

bis millah (いただきまぁす)

まずはスープ。トマトベースでさっぱり。ボルシチみたいです。
レモンをたっぷり搾って食べるんです。なおさら大好物な味ですよー。
a0070133_025561.jpg
a0070133_0251893.jpg

鶏のささ身にシナモンシュガーが入っている揚げ物。(サモサのような春巻きのような)

a0070133_0263447.jpg

モロッコ風オムレツ。綺麗だよー。中にはたっぷりのお野菜が入っていてふわとろ系です。

a0070133_0275691.jpg

タジン。。。。ルル~ン。

a0070133_0283080.jpg

クスクス。。。もうちょっと辛くてもいいかなぁと思いましたが美味しいからね。

いやぁ異国情緒たっぷりのお店の雰囲気、美しいそしてどこか天然なマダムが素敵でした。

友人が週に2~3回は来るというほどの常連店。
そのおかげで何だかサービスしていただいちゃったな。

 lhamdu lillah (ごちそうさまぁ)

三茶は世田谷パブリックシアターがあるので時々くる。おいけんさんとこにも行っちゃうしね。

また行こうっと。

そして家に帰ってみれば届いていたよぉ。
a0070133_032987.jpg

reebokのeasytoneのブーツタイプ。
今年売れに売れているeasytone。。。スニーカーは履かない私、easytoneを教えて下さったしあわせバニラ女史は素敵なシャンパンゴールドのスリッポンタイプのシューズを履かれておりましたがNagieはブーツにしました。
これが一番私には便利だから。
a0070133_036676.jpg

色の組み合わせがいいですよー。この靴底が特徴ですね。バランスボール(みたいのが)仕込んであるわけです。これでNagieの下半身の筋肉は徐々に鍛えられていくんです。

夏になったらサンダルを買うとするかな。

これだけ食べてこの靴。。。。若干本末転倒ですが




[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-11-26 00:37

プレ忘年会スタート

今週辺りからお食事会の席が増えだした。

ひぇーDBとの鬩ぎ合いだわぁ。

さて本日大好きな浅野の餃子鍋を食べに。来月の忘年会でも行くんだけどね。
いつ食べてもウェルカム。

まずは前菜からね

a0070133_23525129.jpg

大好きな辣白菜。白菜の甘辛酢漬けですね。メニューにあれば絶対食べたい。

a0070133_23542160.jpg

海鮮サラダ。白身魚とナッツそして香菜の組み合わせは偉大だわぁ。

a0070133_23553193.jpg
a0070133_23554353.jpg

冬の季節になると登場するのだそう。美味しいのよー。よかったぁ、定番メニューになって。今年も食べられる。
塩漬けハムを金木犀と蜂蜜で蜜煮する。口に含むととたんに金木犀の香りが広がる。
蜜ごと蒸しパンに挟んでベトベトしながら食べちゃいます。

a0070133_23581629.jpg

ホイコーロー。豚肉がカリカリジューシーで香ばしく普通の定食のとは全然違うのね。

a0070133_23592137.jpg

これですぅ。。。。今日は一品多かった。。。。いつもは最後に残ったスープに野菜を足してもらって麺にするんだけどお腹一杯過ぎて。

この後デザートまでがっつり。

昨日は赤坂でフライドプライドのライブ。
昼間どうしても食べたくて、一人でソルロンタンを食べに行ってしまったよー。
一龍別館。。。たぶん5年ぶりくらい。薄味のさっぱりスープはいくら食べても飽きの来ない優しい味わい。
Nagieは胡椒だけをふって食べ、半分くらいになったらご飯&キムチを投入して一気に、、、
うまかったわぁ。
このお店に一人で入れるようになったらもうお一人様上級編の仲間入りかも。

この後は。。。。遂に一人焼肉デビューかも。

それはないか。。。普段殆ど焼肉食べないもんね。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-11-23 00:04

ART

今日は舞台を観に行ってきました。

a0070133_20205787.jpg

『EON NAGATA』
コンテンポラリーバレエと演劇が融合した舞台。
ギエムはここ最近は古典を離れコンテンポラリーへ、そして様々な可能性に向かって新たな表現方法で(バレエには絶対ないセリフとか)挑んでいますね。
留まるところを知らない。素晴らしいなぁ。

15世紀に存在したフランスの有名な女装スパイ、シュヴァリエ・デオン(Chevalier d’Eon)の生涯を題材にした、演劇要素のあるダンスです。
シュヴァリエ・デオン(本名が長すぎて一般にはシャルル・ド・ボーモンとして表記されることも多い)は、かの「ベルサイユのばら」のオスカルのモデルとも言われています。父親に男として育てられたとか、男装のまま宮廷に仕えたとか、マリー・アントワネットとのつながりなども、とてもとてもベルばら的。

EON NAGATA・・・DEON+オンナガタからの造語。

歌舞伎からたくさんのヒントを得て舞台に生かされているとのこと、日本文化バリバリですね。
ただあくまでも外国の方が捉えての日本文化だと思いました。それはわかりやすいくらい特徴的ですね。良かれ悪しかれ。。。
よく外国の方に向けた和風インテリア雑誌なんかをみると日本も中国も韓国も入り混じっているなぁと思うことありませんか?それです。

しかし3人だけという登場人物、そして舞台装置のシンプルさは凄いなぁ。
全然飽きさせない。
ストーリーが奇抜なだけに観ることに手を抜けない。ちょっとボーっとしているとわからなくなってしまう。
アレキサンダー・マックイーンの衣装が素敵だった。大きな真っ赤な扇は何故か血の匂いを帯びたエロティシズムを感じた。

そしてこのシンプルな、尚且つ複雑なストーリーでここまでの観客動員は凄いと感心します。
勿論、ギエムのネームバリューは勿論ですが、芸術性の高さやそれぞれの技能、美意識の高さのなせる業ですね。

Nagieも弱小ながらも企画をさせて頂く身、頑張らなくちゃ。
人は本物にしか動かされない。

先日、日本語教師〇さま話していた時にと、Nagieは『そりゃ、お金になるならこんないいことはないけど、スタートが儲かるか否かという商業ベースありきっていうのは・・・一線を画したい、アートとして完成させていきたい』と言いました。
それに対する彼女の言葉がよかった。
『芸術も一流になれば商業的にも成功するんだよ』

ほんとそうだ。ギエムの舞台を観るといつも思う。

日々精進。

こんな私だけど少しずつでも伸びて行こう。

いいもの観なきゃ、聴かなきゃ。


先月まで催されていたフィリップさんの企画展で一目惚れした作品を予約しておりました。
昨日わが手に届きましたよ。本当はピンブローチなんだけどインテリアとして購入。
我儘言ってアクリルのケースを作ってもらって中に収めてもらいました。
a0070133_2027812.jpg
a0070133_20271730.jpg

くぅ、片想いと両想い・・・素敵だなぁ。

大好きな綿帽子の置物とぴったり合うなぁ。
a0070133_20284326.jpg

a0070133_2031248.jpg

壁に掛けた方が素敵なのですが壁に釘を打つのが嫌いなので置いて飾ります。(地震もやだし)

先日の水彩画と共に、我が家はハッピーオーラが一杯になった(はず・・・・)





[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-11-19 20:31

体にいいのか悪いのか。。。

ママさんがNagie用にこんなものを取り寄せてくれました。
a0070133_1952041.jpg

あっという間にできちゃうおうどん。にゅう麺。

a0070133_1981598.jpg

中はこんな感じ。

a0070133_199476.jpg

お湯を注いで待つこと3分。ららら~ん。
おぉぉ、美味しい。意外に薄味です。若布やフリーズドライの野菜を足せばもっといい。
便利でいい。お正月はこれで終わるかも。

今日はお休みでしたが用事があって新宿へ。お休みの日に仕事場の近くに来るって嫌なのよねぇ。
早めのお昼は何にしようかなぁ。高島屋の上に行って今半かお寿司。
三井ビルの上にあるステーキハウスみその。
最近何だか無性にお肉が食べたいのだ。

そんなこんなちょっと贅沢なお昼を考えていたのに結局sizzler。何年ぶりに来たかしら?
普段のお昼に来るにはちょっと遠い、それ以上にちょっと高い。
滅多に来られないから看板を見た瞬間即決まり。

勿論サラダバーですよー。正直サラダバーだけで十分お腹一杯になる。それほどの品揃え。
でも無性にお肉が食べたい今。。。グリル物をオーダー。
a0070133_19243123.jpg

ラムチョップグリル ハーブソース(サラダバー付き)
a0070133_19254952.jpg
a0070133_1926181.jpg

大好物のグラタン。一口だけ食べたかった。おぉぉ、ファミレス的お決まりのお味。何だかほっとするんだわ。

昔は飲み物は別注文でしたが今はサラダバーについているんですねぇ。
そして昔よりもかなり品数は減った気がします。それをどう捉えるかによって評価が分かれるところ。
Nagieは正直いいと思った。昔は色んなものがあり過ぎて雑多な感じで垢抜けなかったと思う。
野菜の鮮度も以前より良いとも思った。

あーまた行こうっと。便利でいいな。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-11-19 19:37

散歩の途中

昨日のお散歩で、日本橋の高島屋へ。

正面玄関には大きなツリーが。
a0070133_21444192.jpg

引退を発表した大橋のぞみちゃんがイベントでおりましたよ。

このツリーには20万個のクリスタルが使われているんだとか

スワロフスキーとエルメスとの共同企画だそう。

スワロといえば。。。びっくりです、友人のHideくんが。。。

向こうの方から声を掛けて近寄ってくる青年がいると思ったら。。。お互いなんでぇと驚きの声。

Hideくんはスワロの方ですからね。

昨日のSTARNETでこんな本を見つけました。
a0070133_21482896.jpg

著者西村佳哲さん、この方のアート作品が大好き。

彼はリビングワールドというアート製作集団を持っており、空間プロデュースやオリジナル作品を制作したりしている。
もう何年前になるのか。。。益子のSTARNETでやったLW展。
自然の中に開かれた空間で風や光という人間がどうにもしようのないものと共生・共鳴させた作品を発表しておりました。
世界の音を取り集めひとつのテーブルに仕立てたものに感動し、風に合わせてゆれる白い大きなカーテン。
その揺れに合わせて奏でられる音楽。どうやって作られているのか不思議でした。
無風なら無音。
大きく揺れると大きな音に。
一之瀬響さんという方とのコラボ作品(?)だったのを覚えています。

最近ではそうした活動よりも仕事の研究家としての活動が主かもしれません。

ちょっと残念です。

そして昨日撮ったNagieの写真を観たとあるカメラマンさんがお褒めくださった。

技術なんかわからずにただただ撮るばかりで恥ずかしいのなんの状態。
勿論上手に光と影を表現できたらと思うけど、絞りも露出もろくにわからない私ですから。

なのになのに、STARNETで撮ったモノクロの写真を観て・・・こういう画(景色)(こういう光と影の捕らえ方をする)に惹かれるNagieの感性(センス)がよいと。。。

本当にカメラのことは右も左も恥ずかしいくらいわからないんですよ。

それでも素直に嬉しい。

そしてワークショップにお声かけいただいた。

あー嬉しい。

来年、ちょっと短期でもいいからカメラを習いに行こうと思っていた。
ちょっと理屈を知っておこうと思って。

ワークショップでも嬉しい。

きっとだんだん今よりもいいカメラが欲しくなってきちゃうんだろうな。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-11-17 22:08