Artesano de Circulos Concentricos

<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


プライベートレッスンである醍醐味

8月の終わりから9月にかけて、ずーっと薦められ、気になっていたジャイロトニックの体験巡りをしていましたが、歩いて行ける距離にスタジオを構えているところに決めて9月終わりから週一で通い出しました。

当面は週一で体がいい感じになってきたら月2くらいにしようと思うけど、まぁ半年~1年くらいかかるんじゃない。

静かな動きにもかかわらず、筋肉が試される。インナーマッスル。
インストラクターちゃんも結構厳しい。元ミュージカルダンサー。クラシックバレエもやってるようだが。

最近はやりのロングブレスダイエットにも通じるものがある。

で、今のところ、まだ4回くらいですが少しづつ変化しているのはわかる。

まだまだジャイロの動きはスムーズにできません。

なんつったって筋肉ないし、からだ歪みまくりで習慣性でできてしまった癖が全然消せるわけでもないですし。

今日、インストラクターの方が
『これからは少しづつ、コアトレーニングを取り入れて、ピラティス&ジャイロというのに「していきましょう』と。

げげー、まだジャイロの動きも出来ないのに。

ただジャイロは、やはり運動をしている(た)方、主にダンサーさんが取り入れるリハビリだったりメンテナンスだったりするので、ここ数回の体験で、筋肉がある程度あることが前提である運動だなぁと感じていた。

のでピラティスで体幹を鍛えるのがいいのかもと思えた。

なるほど。。。普通のスポーツジムだったら、二つのコースを取らないといけなくなるけど、プライベートレッスンだから、個人個人に合ったセッションをいかようにでも組み合わせることが出来るというとても親切なスタイルですね。

高いのだから当たり前と言われればそれまでですが

エレガントなワンピースを美しく着こなしたいわぁ

昨日、行ってみたかったイタリアンバーへご近所友と。

そしてこんな素敵なお花をいただいたよ。
a0070133_20315120.jpg

なんてノーブルな紫。大好きな色。あれれれ?私が紫好きなの知っていたのかな?
偶然。。。だったら凄いよね。

そしてイタリアンワイン専門・バール&エノテカ インプリチトへ。
a0070133_20352145.jpg
a0070133_20354782.jpg


軽くつまんでグラスで。。。背の高い椅子は、立ち飲みを思わせる、気楽にどうぞ的なつくりだね。
そうは言ってもエレガントなお店でした。

そして仕上げは。。。ケーキ屋さんがやっているスィーツバー。
デザートとカクテルの組み合わせ。。。。お誕生日だからケーキだ。
a0070133_20381775.jpg

くくぅぅぅぅぅ、こんな時間に甘いもの。体に毒だけど心には媚薬だよー。

あー楽しかった。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-10-30 20:44

お誕生日だったのだなぁ

昨日は。。。。

私の家は子供の頃からアニバーサリーのない家。

家業が忙しく、子供のそういった行事は特に。。。

そのせいか特に何かしたいとかなく、忘れてしまうほど普通どおりに過ぎていく。

でもここ数年はちょっと違っている。

私じゃなくて私の周囲の友人が本当に素敵な気分にさせてくれるのだ。感謝。

さて昨日は、ACC企画の朗読会でもお世話になった岩倉さと子さんが劇伴を担当した朗読劇がありました。

松濤にある小さな小さなバーで。

上演時間までちょっと時間があったので松濤にあるお気に入り店、アルルにて軽く一杯。
a0070133_20295175.jpg

素敵なガラスに盛りつけられたカプレーゼ。可愛いし一人でいただくにはぴったりの小ぶりな大きさ。

そして一人仕様にしてくださったシャルキュトリー。
シャルキュトリーってのは、主に豚肉や豚の内臓から作ったソーセージ、ハム、 テリーヌ、リエット、パテなどの加工食品の総称。
a0070133_20393553.jpg

焼き立てのパンとぴったり。

そしてお誕生日のお祝いにオーナーが、こちらの人気メニュー、お薦めメニューでもあるキッシュを小さな器で作って下さった。

感激したぁ
a0070133_203469.jpg


仕上げにデザートを注文したら、お店の看板娘美人ちゃんが、小声でハッピーバースデーを歌いながら。。。
なんせ一人で食べてるんだから大きな声ではマジ困る。
って私が思うだろーってさりげなく小声で。。。


蝋燭の火を吹き消して二人でぱちぱち手を叩いて笑い合う。
なんて素敵な時間なんだろう。

ってかなんて優しく包み込んでくれるお店なんだろう。
これだよね。。。接客業って。

このお店がいつ行っても一杯だし、満席なのが分かる。

ただ美味しいとかそういうことじゃないのだ。

お客様を優しく包み込んで幸せな気分にさせてくれる。
しかも仰々しくなく、そりゃそうだ。。。だって作ってやっているんじゃなくてそういう人柄なんだから。

これって出ますねぇ。どんなに取り繕ってやってもすぐわかる。

どんな仕事にも共通しているね。

わたしも見習おう。

そして思うのは。。。私このお店、言うほど常連じゃないのだよなぁ。
なんだかずーっと前からこのお店に伺っているような感じだ。

初めて行った時に凄く印象に残ったのだそう(2度目に行った時に言われたの)
それは私の目と、メニューの説明を聞く姿勢が印象的だったのだそう。
同業者か似たような接客業の人だろうなと思ったのだそう。

以来、とてもよくしてくださるのだ。

感謝だな。

その後お腹が満たされた私は・・・・・

朗読劇へいそいそと酔いの気分に任せて向かったのでしたぁ。

はぁ御想像通り朗読会は眠気との戦いとなった。ははははは



[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-10-28 20:51

貴重な体験

とあるドキュメンタリー映画で。。。。

その映像に関する感想などを語る。

若手カメラマン、映像作家、アーティスト・・・・そんな中で素人代表でインタビューを受けてきた。

初めての体験なのでドキドキでしたがとても楽しい時間を過ごさせていただけた。

写真を撮られていることも忘れるほどに、その映像の、その作家さんの作品について想いを感じるままにお話しさせていただけた。

二人一組で、私は我が彫金師匠でもあり心の友でもあるフィリップと一緒。

だからかな。。。

普段は絶対こういうのを嫌い緊張してしまうのにとても安心していられた。

そして色々な発見もあった。

一つの映像だったり作品というフィルターを通すことで、普段では中々表現できない心の中に持つ見えざる感性を容易に引っ張りだしてくることが出来るのですねぇ。

あーこういう形の自己表現もあるんだぁ。

そして話していくことで新たな箱の蓋が開かれていくのだということにも気づいた。

これは中々楽しい作業だった。

私は作家個人の生き様や作品を中心に。

フィリップはアーティストとしての自己表現や作品に込めるメッセージの乗せ方みたいな観点と物作りの観点で映像を的確に捉える。

その目はさすがだと思った。

こんなチャンスは中々ないけれど、こういう表現の仕方、ちょっとはまりそうです。

またこんなチャンスが巡ってきますように。

そして夕方は実家へGo。

お誕生日の毎年の恒例は大好きなお寿司屋さんでお腹一杯食べる。

a0070133_23452546.jpg
a0070133_23451312.jpg
a0070133_23455292.jpg

ほっき貝の紐。これは絶品でしたねぇ。
a0070133_2346473.jpg
a0070133_23464420.jpg

アワビの肝も堪らない。
a0070133_23465462.jpg

立派なぼたん海老は卵まで食べちゃいます。
a0070133_23473036.jpg

すっきりとした上品な甘さはもう一つ食べたい。。。。

あー美味しかった。

さて次回はいつかなぁ?





[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-10-26 23:49

スペインバルっていいね

過日の夜、友人と美味しい中華を食べて帰宅途中、プルプルプル・・・・・・携帯が鳴る。

この時間かけてくるのは一人しかいないのですぐに誰だかわかる。

『Nagiちゃん、今どこ?もう家?』

帰宅途中の私『今帰るとこだけどぉ・・・どっか行く?』

で、近所がいいってことで前から気になっていた中目黒はずれのスペインバルへ。

Exiles・・・・なんだか有名男性グループみたいだね。

お店に合流する頃には何故か人が増えていた。。。すごい調達力。

a0070133_10461447.jpg

この方々がとても良い方々だった。お仕事もプライベートも一生懸命な方々はいいねぇ。話していても楽しい。
勉強になる。

a0070133_10472559.jpg

なかなかボリュームたっぷりサラミの盛り合わせ。サラミって美味しい。

a0070133_10481089.jpg

スペインバルっていえばぁのアヒージョ。美味い。

この夜は1時半解散。この方との夜中飲みでは早目のお帰りですな。

そして昨夜はバイト先の可愛い女医さんと神楽坂飲み。またまたスペインバル。
marisqueria EL Pulpo、小ぶりのお店は一人でふらっと立ち寄るにもいい感じ。
a0070133_10514916.jpg

殻付きウニのプリン。中はムース状になっていてクリーミーで美味しい。白ワインとかカバですかね。
a0070133_10524936.jpg

たっぷりボリュームなサラダ。一人ならこれ一品とお酒で十分。
ツナがあまり得意じゃない私ですが美味しいって思った。
a0070133_10535436.jpg

そしてまたまたアヒージョ。墨烏賊がぷりっぷりで美味しかったぁ。
ガーリックオイルはパンにたっぷりしみこませて食べると最高ですね。
a0070133_10551024.jpg

〆はご飯代わりにズワイガニのみそのグラタントースト。これまたカニみその独特の味が効いていてうまし。

面白かったなぁ。
飯田橋は今月からスタート。私はバイトだからまだ数回しか行ってないけど、Drひきちゃんは常勤だから毎日。色々思うところがあるんだね。
物凄い早口で澱みなくずーっと話し続けていました。
おばちゃんからしたらたわいもないことばかりだけどまぁしょうがないね。可愛いよ。

私がアドバイスしたことと言えば
『ドクターがやるべき仕事以外にこころを砕くな』ってこと。

あっちもこっちも見ようとすると収拾がつかなくなるし目に付くことが増えて細かくなるだけ。
それは疲れるし無駄なこと。

頑張ろうって言いながら、またご飯に行きましょうっつって楽しそうに帰って行きました。

よかったよかった。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-10-23 11:01

ふぅペースが出来てきた。

10月からバイトに行き出したところのペースがやっと出来てきた。

最初はどうなることやら。。。こんなにも帰るのが遅くなるなら疲れてしょうがないなと思っていたけれど、だんだん自分のペースも出来てきたし、スタッフも早く帰れるようになってきた。

実は余りにも下の子たちが帰れないから、トップの女の子にメールしたの。

あれじゃぁ辞めちゃうよって。自分は残っても下は帰すぐらいじゃないとだめよーって。

次の日から変わったらしい。私がメールしたことは知らないから、早く帰れるようになったんですよーと嬉しそうに。

よしいい感じ。

昨日は京都へ。雨女の本領発揮。。。。

余りお散歩もできず、またお稽古仲間のおばちゃま方にお茶にお誘いいただいて、せっかくだからご一緒させていただいた。

本当に優しいおばちゃま方でずーっと行ってなかったから心配してメールを下さっていたのよ。

予定が合わなくてぇなんて返事していたけど本当は、この4月からの仕事のごちゃごちゃで心折れ気味でなんだか気持がのらなくて足が向かなかった。

夏も暑かったしね。やっと先月踏ん張って行って、やっぱりリフレッシュにいいなと実感したのさ。

色んなお話しを伺ってきた。自分の親のような年齢の方々ばかり。

勉強になる。

で、帰りはお肉が食べたくて。本当は行ってみたかったお店があったのですが雨だし、時間無くなったしで
いつものお決まり店。三嶋亭にてすき焼き。

関西のはちょっと違いますが私は関東のすき焼きより好きです。
a0070133_22224385.jpg
a0070133_22225429.jpg
a0070133_2223438.jpg
a0070133_22231535.jpg


アー美味しかった。

しかしなぁ、もうちょっとお肉少なくていいのよねぇ。1枚余分なのよね。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-10-18 22:25

まるで合コン。。。

昨夜は、知人ちゃまからお声かけ頂いて、六本木にある最強ビストロへ。

祥瑞(しょんずい)・・・こちらは初めてですが、丸の内勤務の頃は同じ系列のグレープガンボにはよくお邪魔していました。

今もある?

殆どが初めましての会。

一人の男性を中心にしてのお知り合いのよう。

私はさらにそこから派生しての連れです。

総勢8名の団体様。まぁみなさまお酒がおつよぉございました。。。。

泡に始まり、赤白ロゼ微発泡。。。。若干大きなボトルもありました。

恐らくは6,7本空けたのではないでしょうか?

ワインに詳しいお酒屋さん店主の方が同席されていましたので説明なんかもいただきながら

皆様ごくごくですが私は試飲する感じで。

料理もあれこれたっぷりといただいた。

うんうんグレープガンボとほぼ同じっていうか似た感じだね

そりゃそうだ、同じ方が経営なさっているんだから。

a0070133_20243873.jpg

たっぷりのトマトにプッラータチーズ。これ最高。お家でも作りたい。
a0070133_20242645.jpg
a0070133_20258100.jpg

短角牛の熟成肉のステーキ。中勢以の熟成肉かしら?
これは美味い。焼け具合が美しい。端の方の芳ばしい焦げが堪らない。
『私端でいいですぅ(端がいいのだぁ』と言いながら謙虚風に取る。
ふふふ、しっかり端をいただいちゃいました。
ワインもどれも美味しいかったよー。

自然派ワイン。次の日頭に残らないって言ってました。ほんとだったと思う(ってほど飲んでないし)
a0070133_2032491.jpg
a0070133_2033011.jpg
a0070133_20331227.jpg
a0070133_20332032.jpg

凄いラベルですねぇ。圧倒されます。

宴のあとを眺めれば空瓶が一杯でした。

幹事さん、『すみませぇん、あまりにもみなさんピッチが速くてワインちょっと多くなってしまって・・・1万円でお願いします』と。

かなりのお料理もいただいていることを考えれば安いと思った。
しかもワインを本当にたくさん飲んだので普段だったらかなりリーズナブルなんじゃないのかな?
私並みの酒量&胃量であれば5000円もあればいけるんじゃないかしら?

しかしいいメンバーだった。

面子が分からなかったので友人をお誘いしなかったけどまたあったらご近所仲良し友を誘いたい。

そしてこの後・・・ニューロカフェ東京@千駄ヶ谷でゆっくり。
こちらは私の知人が運営する貸しスペース。今年の冬はここでイベントをします。

途中から近所で飲んでたベロベロてつさんをまじえて。

またまたそこから移動。

カフェ詩人の血・・・ここがとにかく素晴らしいバーカフェなのだ。

そして詩人の血オーナーの芸術家さん(じゃないかと思う)と常連客の映画監督さんやらみなみなでbonoboへ移動。

bonoboは私まだ3回目。なのに2回も同じ知人にあった。

どんだけ行動がこの方々と同じなのか。(私はくっついていくだけで自分ではこういう動きはないですからね)

そしてべろべろてつさんがまたまた、某有名焼肉店&クラブオーナーさんを呼び出し合流。

久しぶりに遊んだぁ。

この遊びの中でこの夏はたくさんの出会いがあった。

こういう会にお声かけいただけて幸せです。

ありがとう。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-10-13 20:46

徒然。。。

今日は朝から渋谷に出かけて用事を済ませ、エステへ。

季節の変わり目で肌がセンシティブになっていてイオン導入の機械をあてると乾燥甚だしいところは痛かった。

それでも汚れが取れて肌理が整った感じです。

で帰りに今日は時間があるから料理でも作るかなぁとちょこっと買いだし。

具だくさんおみおつけ。。。これでおかずになりそうなほどお野菜を一杯。

そして和えもの
a0070133_20324222.jpg


和え物は本当に難しい。和え衣を作って混ぜるだけじゃないかと言うけれど、はい、ごもっとも。

でもね、いかに水を出さないかってことを考えるといちいちそれぞれに気を使わないとね。

鳥のささみは酒で火を通すでしょー。熱いうちに裂くのよ、水気が飛びやすいから。しかも出来る限り細く裂くでしょー。綺麗だから。
胡瓜は極々薄い輪切りで塩を振ってそれはそれはきつく絞るでしょー。なんなら重しもしちゃうよ。
食感も良くなるしね。
椎茸は裏白にして焼いて水けを十分飛ばすでしょー。結構小さくなりますよー。
絹さやは茹でて種取って極細切り
木耳も細切り。

食べる時に食べる分だけ和えますよー。
和え衣は練り胡麻、醤油、砂糖、酒、酢。

そして昨日、蓮餅を作りました。
a0070133_20401182.jpg

修行僧のように只管鍋をかきまぜ続けること約20分。なぁんだって思うでしょー
やってみせ。。。。結構大変ですから、しかもずーっと強火だから熱いのよ。
a0070133_20413779.jpg

熱いうちに流し缶に入れてラップして冷蔵庫へ。

そして・・・・やっちまった・・・・
a0070133_20432660.jpg

ほんの一瞬急冷しようと思って冷凍庫に入れたら忘れた。

きな粉買ってきて、さて食べようかなlと思って冷蔵庫を開けたら、あれ?ない・・・どこ行った?

ぎゃーーーーーーーーーー

駄目もとで解凍したよ。仲良しご近所友より情報もいただいたよ。

a0070133_20454141.jpg

ちょっと急ぎ過ぎてしゃりしゃりしてたけど美味しかった。

ママさんのはしっかり解凍したからプルプルで『Nagie、美味しい』ってお替りしてくれたぁ。

も少しレシピを改良しようというか。。。黒糖は全部が同じ味じゃないってことに気づいた。

ので、火入れをする前の段階の味見をできるだけ均一にすればいいのだな。

月末に実家に帰るから叔母1号へのお土産にしてあげよう。

こういうお菓子好きだから。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-10-09 20:50

【映】ル・コルビュジエの家

ドキュメンタリーかと思った。

デザインした椅子で成功をおさめ有名になったレオナルド。

成功の証・・・建築家ル・コルビュジエが設計した南アメリカ大陸唯一の邸宅クルチェット邸に家族で暮らす。

平和に暮らしていたところへけったいな隣人・ビクトルが越してきて、我が家に向かって窓を作り始めた。

ハンマーで壁を壊す破壊音がレオナルドの心を、彼の家族を崩壊へと向かわせる。

ここに出てくる椅子は実在。

アルゼンチン新進デザイナー、バッティこと、ディエゴ・バティスタの作品で、日本でも販売されていたプラセンテーロ・チェア。
a0070133_1931215.png


身体を優しく包み込んでくれる椅子の名称「プラセンテーロ」はスペイン語で 「心地よい」という意味だが、これは「プラセンタ」(胎座)が語源だそう。

内容は中々シュールでちょっと怖い。

最後がえーそこで終わりにしちゃうのぉって思った(笑)

しかしこの映画、さすがです。

ル・コルビュジエの設計の家が舞台になっているだけあって、すべてにおいておしゃれ。

若手デザイナーの作品で一杯なんだとか

映画が終わって流れるエンドロールクレジットもとても素敵で、正直内容よりもこういった付属している部分のデザインの方が見ていて楽しいって思ったほど。

しかしコルビュジエって素敵だね。

安藤忠雄氏なんかも影響を受けているのかな?

表参道ヒルズの中の作り方や光の取り入れ方(表参道ヒルズはあくまでも仮想でしかないけど)が似ている。

私はルイス・バラカンが大好きなんだけど、色彩とかは違うけど似てる。

ルイスも光を家の中に取り入れることに関してはかなりデザインしています。
光の入り方を考えてその光でできる影を想定して家の中をデザインしているものね。

久しぶりに本棚からルイスの本を取り出して読んでみよう。

2012年年初に掲げた今年の目標に映画をたっぷり観るってのがあったけど全然できていなかった。

ここにきてやっと昔のペースを取り戻すかのように観ている。

10月から仕事の量が増えて、日常のプランを上手に組めるようになったかもしれない。

仕事・彫金・映画・そして友人たちとの語らい・・・・・上手に組み合わせて今年残り充実した日々を過ごそう。




[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-10-06 19:16

操上和美【時のポートレイト】

写真美術館@恵比寿

行ってまいりました。

75歳にしていまだ鮮烈な写真を撮り続ける鬼才。。。
a0070133_2225796.jpg


こんな表現がぴったりかもしれない。

おもちゃカメラで撮ったという、粒子の粗い写真は独特の陰影を放っていました。

それがまた心を掻き立てるのだ。

日本の原初的家族の姿、茶の間・炬燵・みかん・・・平和な家族の姿・・・
例えばそんな1枚の写真があったとしよう。

でもその家族に破滅が訪れることはだれもが知っている。家族も写真家も・・・・
知りながら平和な風景の写真を撮る。

そこにはどんな心が表現されているのだろうか?

どの写真も煽情的で、たとえ幸せな風景を切り取った写真だったとしても何故か悲哀や破滅を感じずにはいられない。

そしてエロス。

なんだか艶めかしいのだ。

それがいい。

まだまだ現役で活躍することを約束してくれているようだ。

偶然にも仲良しアートディレクターくんが彼のドキュメンタリー映画を撮影したチームの一人ということで

なんとなく、お会いしたこともないのに近しい方のような気になってくる。

その映像の上映会も催される。

以前観たものと一緒なのかしら?

それとも新たに撮影したものなのかしら?

いずれにしてもまた足を運んでみよう。

今日私は思った。

今度何気ない風景の写真を撮るんじゃなくて、自分の心にあるものを具現化していると思う風景を撮ってみようと。

どんな写真になるんだろう

そして新宿まで。。。久しぶりにお友達とランチをしに。

女子トーク炸裂だった。

その後ママさんに頼まれたお買い物を済ませ、ネイルを済ませ、靴を。。。。

2年前遂に潰れたショートブーツ。。。その後気に入ったものが見当たらずで今年に持ちこされていた

同じものが買えるわけでもなく、とにかく一番近しいデザインのものを探す。

ここ最近の傾向でブーツもデコラティブなデザインだったり、ソールが分厚かったり、ウェッジだったりで中々見当たらない。

シンプルでサイドから眺めた時に

踵からヒールに向かうラインのアールが綺麗なものが好き
足首から甲に落ちるラインが美しいのが好き
ヒールが華奢なものが好き

ありそうで見当たらないのだ。

やっと近しい靴を見つけた。
細かいこと言えばきりがない。。。

ヒールの形が好きじゃないけど、丈がちょっと短いけど

それは昨今のブーティ流行り(私は×××)からみれば致し方ないね。

a0070133_20393996.jpg


はぁ靴には贅沢し過ぎだな。

こればかりは止まらない



[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-10-05 20:49

Fried Prideライブ@ブルーノート

昨夜は久しぶりに大好きなフラプラライブ。

今夏、リーダー横ちゃんが脳梗塞で倒れ、復帰が危ぶまれたものの、思いの外早い復帰、しかも奇跡というほどの状態だったらしい。

運命の糸がほんのちょっとずれていたら………

そう思うと不思議だと思った。

だってこうしてまた演奏出来なかったかも知れないし

shihoちゃんは一人で活動ってなっていたかも知れないし

全く違う人生になってしまうんだよなぁ

とにかくよかった。

そして演奏も素晴らしかった。

何だか横ちゃんのギターも以前に増して冴え渡っていた。

ピュアで美しい音だった。

純粋にこうして演奏させていただけることに感謝しながら喜びながら……

そういうことだよね。

そしてshihoちゃんも一緒にうたえることのよろこびってえあるよねぇ

嬉しそうに歌ってた。

どんなことがあろうともハートウォーミングなライブ展開は心が温まる。

見かけによらず涙もろい私

ウルウルしちゃったなぁ。

今週から新しいところでバイトを始めた関係でまたまた自分のスケジュール管理がすっ飛び

ライブの存在を忘れていた。

偶然にもお昼間に一緒に行く憧れ夫人からメールを頂戴して……

最初はサラーって流していたが、はて?ライブいつだっけ?

ひぇー今日じゃぁん……気がついてよかったぁ。

メールがなかったら完全ドタキャンだった。

あー楽しかった。

バイトも何とかいい雰囲気。

でもこの業界。。。信じきれない。

かなり人間不信、ちがうな、業界不信に陥ってしまったから。

悲しいことです。

さてと次は何のライブに行こうかな。


[PR]

by gota-de-fericidad | 2012-10-04 11:10