Artesano de Circulos Concentricos

タグ:バー ( 52 ) タグの人気記事


突飛な行動って素敵。。。

木曜日の夜、仕事が終わったNagieが向かった先は・・・いつもなら栃木、でも今日は違うのだ。京都へ。何ヶ月かに一度、こうして思い立って京都へ足を延ばす。夢は京都半在住。いつ叶うんだろうか?
7時過ぎの新幹線に乗り込み、京都着約10時。地下鉄で四条に出て、さてホテルに向かおうかこのまま、祇園の方に出ようか迷った末、直接バーに向かうことに決めた。
今回伺ったバーは、JAZZ好きにはたまらないお店、Prestige。。。。高瀬川沿いの木屋町通りの古いビルの一角にひっそりと所在無げにある。この界隈は祇園の小洒落た、金持ちの若旦那が芸妓さんやらを連れてくるような素敵なバーとは正反対の場末感漂うバーばかり。
知らないと入るのに勇気いります。実はNagieも初めてです。
美味しいお酒が飲みたい時は、K6、カルバドール・・・(大体がK6に行くことが多い)いい音楽が欲しい時にはPrestige。さてさてどんな音楽が流れているのだろうか。
鴨川沿いに面し京都の山並みが一望できる全面ガラス張り、カウンター8席とテーブルがひとつの小さなお店。しかし京都はネオンの規制があるので、夜だと見える景色は綺麗とは言い難い。
今回はお酒に関しては全く期待していない。だって音楽が目的だから。棚の上に並ぶ瓶をさらーっと眺めつ、まぁ、ふつーのバーの品揃えですね。ここはフルーツを使ったあっさり目のカクテルといきましょうかね。
音楽は最高によいですねぇ。レアものの外国でやったどこかのJAZZミュージシャンのライブが流れていました。そしてちょっと前衛的なサックス・・・んー、ここちよい。
お決まりの会話がスタート・・・どこから来たのから始まり、ひぇー物好きやなぁ・・・・
そして夜中の12時、この辺まで来ると、この手のお店は常連で出来上がっているので他のお客さん交えてのみんなでトークに花が咲き始める。音楽を聴きながら楽しい会話・・・どんな音楽聴くの?から始まり、京都ではどんなお店に食べに行くのなどなど。これさえあれば初めてのバーでも全然大丈夫。今回、私の隣にいらした方々はJAZZ愛好家の方と某有名ホテルのフレンチのシェフ(たぶんスーシェフだと思う)、このお店は調度昼間にAKKOさんと最近、とてもよくなったらしいよと話していたばかりだけに吃驚。
で、明日はどこに食べに行くのかと聞かれ、今回はことごとくふられた・・・イタリアンは予約が一杯だったし、フレンチは土日しかランチやってないし・・・今回は和食は考えてなかったといったら、どんなお店が好みかと聞かれ、菊乃井なら瓢亭の方が好きだし、千花や千裕はあまり・・・
京都に関しては奇を衒ったものよりは伝統を踏み外さず踏襲したお料理が好きですって言ったら、正解とか言って何度も頷いていた、バーテンダーさんとフレンチシェフ。そしてシェフが滋賀県在住ということで、昔月心寺にお食事に行ったのだけど、庵主さんが高齢だから元気なうちにもう一度あの料理を食べたいのですよーーーって行ったら、びっくり眼で、『あんた、何者?』って聞かれた・・・フツーの人ですって答えといた。だって本当だもん。
で、京都に行くと必ずNagieにはこの手の出会いが待っている。恒例。。。お店紹介。
バーテンダーさん(オーナーさん)のお友達が花見小路で割烹をやってるんだけど、地味なお店だけど、きっちり京料理出すから行きますか?ってことで早速お願いした。ラッキー。

相変わらずツイてるな。ハンカチ王子よろしく・・・運は使い切るものじゃない・・・何かがある、こういう運命なのかな・・・生意気じゃーーーー。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-06-23 21:37

えっ?うそっ?キャスリーンは?

今日は長年夢見た、ディーヴァ、キャスリーン・バトルのリサイタル。ほんと楽しみにしていた。
初めて聴いたのはNagieが大学生の時じゃないかしら・・・当時付き合っていたボーイフレンドがたまたまXmasに彼女のアヴェ・マリアの入ったCDをプレゼントしてくれた。
とにかく素敵な声でクリスタルボイス、でもソプラノ歌手にありがちな金属的な高音ではないのです。聞き惚れた。そして時を経ることんー十年、念願の生声ですよ。
お仕事終わって勇んで行き、自分の席に座ろうと思ったら素敵なご夫人が既に座られている・・
何で?って感じです。しかもチケットは全く同じ、どういうこと?とよーく見るとキャスリーンバトルじゃない。ピアノの人のになっている。確かめるべくスタッフテーブルに行くと『あー、探しておりましたのよー、実は本日の公演はキャスリーンバトルが来日出来ず中止になったのです』ですってぇ。私の長年の夢があっけなく消えましたよー。
チケット代を返却してくださり、ピアノ演奏も聴いてまぁ・・なんとも・・・ただ私はアルゲリッチや上原彩子は好きだけど、取り立ててクラシックのピアノは好みじゃなく、ピアノはJAZZが好きということを再認識した。
そして空腹を抱えて目黒酣へ・・・こんばんはぁ、ご飯を食べさせてくださいぃ。。。雲子の湯豆腐ポン酢餡かけもみじおろし添え、温野菜の柚子味噌と黒酢のドレッシング、そして笹寿司。
あー、この季節雲子(白子)って美味しいですよねぇ。しかもあっつあつですよー。寒い中、来て本当によかった。なんだか素敵な人に包み込まれるようなほんわかした感じになります。
で本日のモルト。明日がお休みだからいつもの通り、3杯〆です。
a0070133_2181098.jpg

どれも中々個性的です。真ん中のものはチョーチョーチョーーーレア物。そして左端も最後の1ショット。すみませーん、Nagieが最後飲んじゃいました。
Nagieはいつもロック、トゥワイス、ストレートと決めています。店長の坂本さんはこの順番を把握していて、今回はこれで行きましょうとセレクトしてくださる。
隣り合わせになったIT関係会社勤務のほのぼの男性と楽しくお話しながらよい時間を過ごしました。有難うございますぅ。

そして昨日は友人たち、7人で緑ヶ丘ちゃんこ芝松へ。おつまみも充実していてどれもこれも美味しい。ただボリュームがあってちゃんこの前にお腹が一杯になったにゃー・・・困ったにゃー。
ちゃんこは塩味と味噌味があって、塩味は柚子胡椒を溶かして食べるとさらに美味。
Nagieは今回は味噌味までお腹が回らなかったが次回チャレンジしてみたい。a0070133_2243527.jpga0070133_2244829.jpg



焼き鳥も美味しかったけど、爆弾みたいなクリームコロッケは、クリームコロッケやグラタン好きのNagieには堪らない。おいしー。


a0070133_225216.jpg

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-01-13 02:33