Artesano de Circulos Concentricos

タグ:ベルギービール ( 7 ) タグの人気記事


風流ですなぁ。。。。

和食ってよいですねぇ。もちろんイタリアンもフレンチも美味しい。でもね、和食ほど素材本来の味を楽しむ料理はないのではないかしらねぇ。そして季節感がもろにお皿の中に出るのも和食が一番のような気がします。

今日は(昨日はかな?)お料理教室。京都のお稽古に行けないのが残念ですが、東京でのお稽古も最高です。

a0070133_015378.jpg胡麻豆腐の上に雲丹と青芋茎(ずいき)、しっかりお出汁を利かせた地がはってあります。冷たくてよいねぇ。ガラスの器もまた涼しげさをヴァージョンアップしていますね。







a0070133_0181745.jpg鯒(こち)の洗い。山葵と梅肉で食べるのです。鯒は大分産の天然物。目の前で絶命する姿を見てギョッと(うけ狙いじゃないよ)しましたが食べる瞬間にはすっかり忘れていた自分が怖い。







a0070133_0211156.jpgこんなビールを発見して即購入。確かに確かに。。。ライムとレモンの香りが爽やか。軽いねぇ。。。
恐ろしいです。これでは満足できなくなった自分。お酒弱いくせに。






a0070133_022578.jpgそして先日我が家にやってきたモルト。クライヌリッシュ。楽しみだなぁ。
横にちらっと写っているモノクロ写真は森山大道さんのハワイの写真です。只今、恵比寿の写真美術館でやってるよーー。終わっちゃったかな?





[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-06-08 00:25

【映】ミスターロンリー

インパーソネーター・・・自分以外の人間のモノマネをすることでしか生きられない。アイデンティティを見出すことが出来ない人々の話。
パリに住むアメリカ人のマイケル。マイケルジャクソンのモノマネで生計を立てている。ある日、老人ホームの慰問の仕事の依頼があった。一生懸命パフォーマンスしていたら、マリリン・モンローとして生きる女性と出会う。
そして彼女と一緒にスコットランドにある古城へと向かう。そこにはモノマネ芸人たちが共同生活を送り、地上最大のショーを開く為に日夜会場作りに励む。
マリリンの夫はチャップリンで娘はシャーリー・テンプルで、ベッドでタバコをくゆらせている二人はエリザベス女王とヨハネ・パウロ2世・・・マドンナはジェームス・ティーンの肩を借りて泣いている…なんだか時代も歴史もばらばら・・・
古城で様々な出来事と遭遇したマイケルは一人パリに戻り、自分という人間で生きていこうとし始める。髪を切り、洋服も変えて、見違えるほどの青年になった。

そしてもう一つの世界が・・・パナマではシスターたちが小型飛行機に乗って布教活動の為に小さな村に食料を投下していた。その時シスターの一人が誤って転落してしまう。パラシュートもなしで。『主を信じています』と祈りながら落下していったシスターは奇跡的に無傷で助かる。
奇跡・・・・

この二つのストーリー、最後の最後まで交わることがない。映画の最後のシーンはシスターたちが海のあちこちに浮かび、無惨に折れ曲がった小型飛行機・・・奇跡は起きなかった。いったい何を意味していたのか。

Nagie解釈・・・自分は誰になれるわけでもなく、自分でしかない、これでしか生きられないのですよ。Nagieが黒木瞳として生きようと、そっくりに(なるわけないんだけど・・・笑)したところでそれは決して黒木瞳ではないんですよ。奇跡は起きないんですもしその奇跡を引き起こそうとするならば大きな大きな犠牲、代償が必要なんです。
シスターサイドのストーリーはそんなことを言いたいが為のシーンじゃないかしら。

a0070133_1930203.jpg東急ハンズの近くを歩いていたら小さな小さな韓国料理屋さん、韓ちゃんねの前に。ランチメニューにスンドゥブを発見し、お腹もいい感じで空いていたので映画の前に食べていくかとお店に入る。スンドゥブランチ900円。新大久保には敵わないけまぁ、美味しい(かな?)意外にもコリアンのお客さんがちらほら・・・

a0070133_19321411.jpgすっきりとしたのみ口の軽いビール。オレンジがかった綺麗な色合い。苦味の中にフルーティな香りを感じさせるような・・・お風呂上りにあまりにもあーっという間に飲み干したビールです。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-02-11 19:43

阿佐ヶ谷 海晴亭

a0070133_23224656.jpgこちらなんとも不思議なお店。でも知る人ぞ知るお店です。それはとてもミスマッチな組み合わせです。たこ焼き&ベルギービール。阿佐ヶ谷の駅から徒歩1分のビル内の 仲見世通りにある。壁一面にビールのビンが飾られていてそれは圧巻です。




a0070133_23242932.jpga0070133_23245154.jpgさてさてやはりたこ焼きを・・・普通のたこ焼きと葱たこ焼き。ふぅふぅはふはふ・・・うんうん美味しい。外はわりとしっかり焼けていて中は柔らかい。ただもう少し中がとろとろの方がNagie好みですがボリュームも満点。
これにベルギー風のフライドポテト(これはよく分かりません・・・ただのフライドポテトに嘘くさいタルタルソースがついているだけ)にその他諸々。
くだらない話で盛り上がる女二人。クリスマスにここに来るお客はやはり一風変わった方々多いと感じたのはNagieだけじゃないはず・・・ねぇ、yosiyosiさん。。。。

ビールはあまり飲めないから淋しいですがまずはヒューガルテンの樽生を。これが泡がきめ細かくて苦味も少なく美味しいの何のって飲めちゃいましたよ。嘘みたい・・・こんなに飲んだ事ないよ。でももう頭はふわふわです。そしてNagieの好きなビールをシェアして仕上げに飲んできました。このお店を教えてくれた方がくれぐれも飲み過ぎないように・・・びっくりするし払いになるからと言われていましたが、案の定私たちでは心配するほどではありませんでした。
ビールはさすがに立派な値付けになっていますから、そりゃー飲めば相当なもんになっちゃいますよ。銀座の普通のバーで飲むモルト並みですからね。でも大満足でしたよ。
a0070133_23361918.jpga0070133_23364920.jpg








駅へ向かう途中、私たち好みの路地に遭遇。こんな素敵なレトロ感満載の洋食屋さんを発見し、元気なインド料理店のお兄さんに会い、次回来ることを約束して帰ってきました。
a0070133_23384194.jpga0070133_23385665.jpga0070133_23391095.jpg









[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-12-25 23:40

新店訪問

Nagieがよく行く恵比寿&目黒のバーの系列店が7月、中野に新店をオープンしました。
中野界隈在住のmichizoさんをお誘いして早速行って来ました。
a0070133_2151251.jpgnavel 03-5340-5808 〒164-0001 中野区中野2-30-8 JR中央・総武線、東京メトロ東西線 中野駅南口より徒歩1分 17:00-4:00(日祝-0:00) カウンター14席 日常の中で気軽に利用できるワインバーとして、中野駅南口ロータリー沿いの地下1階にオープンいたしました。¥290で提供するハウスワインからはじまり、スタンダードからハイクラスまで充実したグラスワインと、¥380で提供される鉄板小皿料理の数々、豊富に取り揃えたチーズ、スイーツなどで、1グラス1プレートのマリアージュを楽しんでいただければと思います。
Wine bar & Grill wagon を掲げておりますが、ハードリカーやカクテルなども、系列他店に負けないこだわりと取り揃えをしております。~店主のお言葉ぁ。
a0070133_2231717.jpg
a0070133_224310.jpga0070133_224343.jpg





あれこれと鉄板焼きのおつまみを頼んでビール&ワインを少しづついただきました。本格的な料理ではないけれど、こんなに安い値段で気軽に飲めちゃうっていうのがよいですよねぇ。でも、でも、でもぉぉぉ、ワインは先日飲んだ、ヴォーロ・コズィでのものやサル・キッチンでいただいたものには叶わず、忘れられない。ワインを苦手とし殆ど飲まないNagieが甚く感動したのであります。あー、川島なお美嬢の気持ちが少しだけわかったな。14席という小さなお店ではありますが、途中から満席状態が続き、後続のお客様をお断りしている状態でした。大盛況ですねぇ。Nagieも人事ながら感激です。店長の石川さんはとてもバイタリティ溢れる、でも小粒な可愛らしい女性です。小粒というだけで他人とは思えません。

今週は今日でお仕事が終わり。実家にも帰らずのんびりです。というわけでNagieにとって本日は酒デーです。先日渋谷東急で買ってきたベルギービールを。
a0070133_22153198.jpga0070133_22155218.jpgブーン・クリーク。チェリーを6週間から1年漬け込んで造られるビール。まるでフレッシュのチェリーじゃないかと思わせる甘さと香り・・・とても飲みやすい。そしてルビーがかった茶色に薄ピンク色の泡がとても上品で素敵です。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-08-17 22:26

【映】ボルベール<帰郷>

スペイン映画の巨匠のひとり・・・オール・アバウト・マイ・マザー、トーク・トゥ・ハーのペドロ・アルモドバル監督。
失業中の夫を抱え家庭を切り盛りする元気一杯のライムンダ(ベネロペ・クルス)そんな彼女に二つの死が・・・一つは「俺は本当の父親じゃないから」と関係を迫る父親を娘パウラが思い余って殺してしまう・・・もうひとつは子供の頃から可愛がってくれた叔母の死。
隣の閉鎖したレストランに死体を隠し、気にしながら映画撮影のために来ているクルーたちにランチを提供する。そして突然現れたのは死んだはずの母・・・・そこで明かされていく生い立ちの事実。やっと打ち解けあった親子。この映画を観ていると色々思う。どんなに抵抗して、母親とは違う人生を、違う人間の形をと願ったところで親子って同じような人生を歩むんじゃないかしら・・・それが悲しくもあり、嬉しくもあり・・・・所詮こんなものかななんてことも思っちゃったりしてさ。劇中でペネロペが歌う、タンゴの名曲だというボルベール、吹き替えなんだろうか?もし彼女が歌っているとしたらかなりよいですよ。

よいねよいねぇ・・・スペインの映画って。何がって色がいい。インテリア、衣装、街並み・・・・作りこまれた台詞や景色・・・どれもこれもNagie好み。でもアルモドバ監督作品だけかもしれません、この感じは、もしかして。
知らなかったけどミツバチのささやきやエル・スールもスペイン映画だったんだぁ、フランスかと思ってた。スパニッシュアパートメントもこの映画に通じる色彩ですがこれはフランスが舞台だし俳優人もフランス人だしな。
んー、ペドロ・アルモドバル監督万歳!!!久しぶりにDVDで彼の作品を見返してみようと思ったな。

帰りにちょっと成城石井に立ち寄るとビールのフェアをしていました。むむぅぅぅ見たことないビールが一杯ですよ。で、Nagiが選んだのはこちらのベルギービール。
a0070133_229266.jpga0070133_22101352.jpg
















なんだか泡立ちがきめ細かい。濃い褐色の上品なビール。程よい酸味と甘みがまたまた上品な味わい。なんとなく喉越しが個性的な気がするがよく分からんとです。まぁ、美味しいです。
右のウィスキーは恵比寿駅前にあるお酒屋さんで樽から量り売りしていた物を買って来ました。
独特のスモーキーなテイストにおぉぉぉ大人の味じゃぁと言いつつグビグビ(実際はちびちびですがね)ほろ酔い気分に最高の休日ですな。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-07-15 22:26

はまりまくりですよ。終には・・・

今日はakkoさんとakkoさん´brotherとでここ最近のお気に入り殿堂入り果たしそうな勢いの代々木上原ピザやへ。
今日はakkoさんたちと3人ということで今まで遠慮して飲めなかった(高くて・・・)ベルギービールをいただきながらのお食事。
akkoさんはNagieが愛飲しているドゥシャス・デ・ブルゴーニュを、弟君と私は飲んだ事ないものをオーダー。やはりベルギービールらしくどれもフルーティで美味しい。
a0070133_2324242.jpga0070133_23242351.jpg







ジャガイモとキャベツの窯焼き&温野菜の盛り合わせ
a0070133_23252797.jpga0070133_23254375.jpg








ジャガイモは小粒でしっかりしている。瑞々しいというよりはホクホクとしていてサツマイモのような栗のような感じもする。バターとパルミジャーノがたっぷり使われているのですが、バターの香りと風味が本当に美味しい。バターはできるだけ避けたい派のNagieも絶句。
そして温野菜の盛り合わせは見たこともないような色々な新鮮な野菜がたくさん可愛らしく串に刺されて盛り付けてある。器は中にお湯のはってあるお皿が中に入っていてスチーム&保温効果。付けるディップは3種類。胡麻ベースのものとオリーブにニンニク、カレー粉(バーニャカウダに付けるような・・・)それに塩。どれもこれも美味しかったけど特に気に入ったのはバーニャカウダみたいなもの。パンに付けても美味しいですよ。

仕上げのピザはマルゲリータと蓮根(バジルソース、松の実、モッツァレラ)のハーフ&ハーフ、それに絶対逃したくないデザートピザ。満腹でも食べます。本日はブルーベリー&無花果のハーフ&ハーフ。
a0070133_23335538.jpga0070133_2334613.jpg








ピザに使われているモッツァレラがまたまた絶品で、恐ろしいくらい乳臭いのですよ。
Nagieは牛乳が嫌いなのでこれ以上の臭いになったらちょっとギブアップかもしれませんが取り敢えずは美味しいと思えるから安心っていうか大満足で絶句しちゃう。
これも清水牧場のチーズなのだろうか・清水牧場のチーズはNagieが一番好きなチーズを作っているところで、以前伺った時に、清水牧場チーズの盛り合わせというのをみた。その時は売り切れで諦めましたがそれ以来見たことがありません。
そしてデザートピザ。不思議なのですが、お腹一杯のはずなのにこのデザートピザを食べるとお腹がリセットされてまた何か食べられちゃいそうなのですよ・・・恐ろしいです。

akkoさん姉弟は恐ろしいほどグルメなのですが特に弟君はかなりです。その彼がもくもくと食べていたから本当に美味しいのですね。
高じて・・・私たち軽井沢まで行くことになりました。ご報告、乞うご期待くださいませませ。

帰りがけに駅前の素敵な古本屋さんに寄って偶然欲しかった漫画に、そして寺山修司の本を見つけてお買い物をして帰ってきました。大満足です。
a0070133_2353779.jpg


[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-07-02 23:54

疲れたぁ。。。。

今日こそやらねばと荷物の整理を夕べから始めたが・・・・結局昨晩はダンボールを組み立てて終わった。普段TVをあまり観ないNagieですがたまたまダウンタウンが司会をしていたお笑い番組を見始めちゃったら、さーっ止まらない。面白い。一番面白かったのは、ワンフレーズカラオケ、松崎しげる、葛城ユキ、もんたよしのり、あと一人名前がわからないのですが愛のメモリーに始まりマジンガーZのテーマソングの聴きなれたフレーズの部分を唄って本人と芸人代表が対決する。やっぱり歌い手さんは上手いねぇ。もう全然声量が違うんですねぇ。
葛城ユキって何歳なんだろうか?すっごい短いショートパンツから伸びた足は確実にNagieより綺麗でした。ストッキングを履いていることを加味しても頑張ってるんだなぁと感心しきり。。。。
TVって連ドラに始まって2時間スペシャルドラマとか映画とか・・・どれも好きじゃない。なんといってもしらけちゃうんですよねぇ。Nagieの心は冷めすぎかな?
Nagieの好きな番組はお笑いやプロフェッショナル、トップランナー、カンブリア宮殿、ソロモンの王宮、情熱大陸・・・・まぁ、人物を語る系が好きですね。ただこの手の番組も淘汰されつつある感ですが・・・。

はぁ、うだうだとTVを観て過ごしてしまったことに落ち込む私。今日は頑張るぞと早起きして始めました。途中以前より予約をしていたエステにちょこっといってまた再開。
で、疲れたのでビールを片手にブログを書く。
Nagieはビールはあまり好きじゃない。何故って苦いから・・・大人の味ですね。
真夏の暑い日、喉がカラカラ、汗だくだく・・・こんな時のビールの最初の一口は最高に美味しいですよね。でもそれ以降はやっぱり苦い。そんなNagieにも例外があるのです。唯一、買ってまで飲むビール。a0070133_14195646.jpga0070133_14201563.jpg















二つともベルギービール。一つはさくらんぼのビールで熟成4ヶ月ほどのランビックに酸味の強いブラックチェリーを6週間~9ヶ月間漬け込み、フィルターろ過した後瓶詰しコルク栓をしたもの。ルビーの色合いとチェリーの新鮮な薫り豊かな綺麗なビールです。
もう一つは『ブルゴーニュの皇女』という意味だそうです。王女マリーのことだそうですよ。上面発酵させた西フランダース風のレッドビール。チェリーのような甘酸っぱい香りが漂ってきます。チェリーっぽい甘味とコク、ちょこっと酸味がいっぺんに広がります。ちょっとスパイシーな味もするかなぁ。苦味は殆どない気がします。ちなみにこの味は、熟成にオーク樽を使い、甘味の強い12カ月モノと酸味を奏でる18カ月モノをブレンドして出していると何かに書いてありましたへぇー。
こんな物はビールじゃねぇ・・・という方もおりましょうがまぁまぁ。。。私が美味しいのですからお許しくだされ。ぷはぁー一息ついたな。さてとはじめますか。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-03-21 14:40