Artesano de Circulos Concentricos

タグ:彫金 ( 95 ) タグの人気記事


あー、落ち込む。。。

どうしてこうも納得いくものって出来ないのでしょうか。。。。そうです、彫金です。
全体の形はとても可愛いのですが細かく見ていくとどうも満足いくレベルではない。しょうがないよ、素人なんだからと言ってしまえばそれまで・・・もっと上手くなる様に努力努力。
今回初めて鋳型をとってもらって、ピンクゴールドでキャストしてもらいました。なるほどねぇ、金属の収縮とかあるから微妙にサイズが変わるんだね。よし、今度はちょっと大きめに作っておこう。
どんなに下手でも形になることは凄く嬉しい。この作品、丸い輪の所にぺリドット、水晶、アクアマリンの雫型のカット石がぶら下がります。あと少しで完成。楽しみです。
そうそう、この作品形が蛙みたいでしょ?ということで命名、grenouille fleul。蛙に色んな石の花が咲いたってイメージで。
a0070133_22153616.jpg


ところでNagie、お腹が空くと気が散漫になるので、彫金に行く日は大概おやつを買って行くのですが本日コンビニでまたまた発見。糖朝シリーズ。
こんな物まで出していたのですねぇ。侮れんぞ。。。
a0070133_22171379.jpg

まぁ、味はそれなりです。

そして本日の〆はこちら。夏ですねぇ。涼しげでしょう。。。。
a0070133_22194286.jpga0070133_22195447.jpg









たまりませんよ、ふるふる感。
老松さんのHPから夏柑糖のところを抜粋して添付します。
■夏柑糖(なつかんとう)
純粋種の夏みかん果汁と寒天をあわせ、再び皮に注いで固めました。
戦後まもなく、もののない時代に、庭にあった夏蜜柑の果実に、少しの砂糖と寒天を合わせて、上七軒の数寄者のお客様方のためにお作りしたのが最初です。
日本原産種の夏蜜柑の強度の酸を寒天で固めることは非常に難しく、約20年前に人工ゲル化剤が誕生するまでは、唯一の蜜柑の寒天菓子として多くの方々のご愛顧を賜って参りました。
ところが、昭和50年以降、グレープフルーツの輸入自由化等により、夏蜜柑は甘夏に作付け転換され、その姿がほとんど消されてしまいました。私たちは、原産地である萩(山口県)の各農家に依頼し、種の保存と品物の確保に努めて参りまた。
その後、クール宅急便の全国拡大により夏柑糖の需要が増大し、原種の夏蜜柑確保のため、和歌山の産地農家にも依頼。各農家の協力を得て、ひとたび甘夏に変えらえれていた樹を夏蜜柑に戻してもらうことができました。そのため、現在もこの菓子をようやく作り続けられる状況にあります。
毎年4月1日に製造を開始。その年の夏蜜柑の取れ高により、終了時期はまちまちになります。

なるほどねぇ、本当に美しい四季を持つ日本ならではの情緒豊かな涼菓子ですねぇ。また食べたい。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-08-12 22:26

よしっ、なんとかひとつ

仕上がったよ。チョーカー&イヤリング。
a0070133_22551315.jpg


自分のを作った時には半年以上かかったチョーカー。教室も変えて日曜日の映画も返上して取り組んだ結果、3ヶ月弱で仕上げた。偉い。しかもイヤリングもセットで。
このイヤリング、七夕の短冊が風に揺れるのをイメージして作ってみました。完全にピカピカに仕上げるのではなくぎりぎりのところで艶消しっぽくしてみた、これが曖昧な独特の雰囲気を引き出す。中々気に入った仕上げ。
チョーカーは独特の形をしていますがこの形こそ、オーダーメードの証、個人個人の方のラインに合わせて曲げてあります。

a0070133_2302910.jpga0070133_2304170.jpg











気に入ってもらえたら嬉しいなぁ。そして残すところチョーカーあと1本。これもあと少し綺麗に整形して仕上げ磨きをして出来上がり。どうにか目処が付いたぞ。
これが終わったら夏のスワロフスキージャラジャラのシルバーのバングルにやたらに長いチェーンの巻きつけタイプのネックレス・・・・形にしたいものが目白押し、Nagie頑張る。

そして本日、そんな自分にご褒美。心の栄養・・・・甘いもの。
恵比寿千疋屋の宮崎マンゴーサンデー、1890円。たっけぇぇぇ。
いつもはマンゴーパフェを食べるけどどれだけ違うんだろかなんてちょっと疑ってみちゃったりして・・・どれどれと一口頬張れば、うっそぉぉぉぉ、全然マンゴーが違う。
甘みも柔らかさも、濃さも・・・ほんとにぃって感じですよ。これじゃぁ、宮崎マンゴーが1万円っていってもしょうがないかもねぇ。
普通のマンゴーパフェは1680円、200円の差なら宮崎マンゴーサンデーにしよう。(サンデーだからパフェより量は少ないけどね。)
a0070133_237269.jpg






[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-07-15 23:13

今日はきつかったなぁ

花粉症が・・・鼻の下がもうヒリヒリ002.gifかんでもかんでも尽きることなく出てくる。日光華厳の滝状態007.gif今日は彫金の日だったけど、粉塵だらけの工房に行くのは死にに行くようなもの。とんでもないってことで帰宅。
絶不調の時は家でシンプルな食事が一番。
a0070133_20565759.jpg


青葱と若布のぬた、青菜の辛し和え、糠漬け(昨日取り出し忘れたらしく、やけに酸っぱい)
蒟蒻のピリ辛炒め煮、茹でただけの菜花と白菜、自然薯・・・花粉症対策メニュー。少しは体内浄化されるかしらね。。。

あさってからほっつ先生の個展が始まります。是非是非足を運んでくださいねぇ。凄いですから。
a0070133_2112662.jpg
a0070133_2124168.jpg


明日はお仕事を休んでひと時、東京脱出003.gif049.gif
将来の楽しい老後、セミリタイヤ人生の為の下調べです。さてさていったいなんでしょうか?


[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-03-18 21:14

【告知】jewelry exhibition 諸々

a0070133_21123191.jpg
a0070133_21124527.jpg


残念ながら今はご指導いただくことができなくなってしまったのですが、Nagieの尊敬する彫金の先生、堀田稔氏の個展です。
写真からでも分かると思いますが、とてもスタイリッシュな、シンプルで洗練されたジュエリーです。そして謙虚な彼の人柄がまたまた最高なんです。
緻密に計算された、匠の技を堪能しに、春の声を聞きがてら、表参道ヒルズまで足を運んでみてはいかがでしょうか。

そしてもうひとつ。
元同僚そして今となっては心優しい癒し系友人のdais_uk_eさんが企画するDJイベントです。
こちらもどちらかというと年齢層の高い、大人なクラブイベントです。お若い方から高齢の方までソウル好きなそこの貴方、どうぞどうぞ足を運んでみてください。
お酒片手に、廻って踊ってジャンプして・・・あー、そりゃそりゃ、ファンキーナイトでございます。

a0070133_21235014.jpg






[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-02-06 21:39

厄介なことになった・・・・

a0070133_2253353.jpg
a0070133_22532871.jpg


ジョージ・ジャンセン・・・のはずがない。えせ、似非でございます。
途中のはずのチョーカーが出来上がった。不思議なカーブは、これはNagieの肩周りにぴったり合うように曲げてあるのです、だから立体的になっているわけ。途中のはずの?・・・そうなんです、実はまだ仕上がりのはずじゃなかったのですよ。これに梅のモチーフの巨大なペンダントトップが付く筈だった。
が、皆さんの意見により、これはこのままのほうがラインが綺麗で完成度が高いから何もしないほうが素敵だと・・・Nagieもトップとチョーカーのテイストが微妙に合わないかもと心の中で思っていました。仕上げはまっピカピカにせず、微妙なくもりを残してみました。これがまた渋くていいなぁと。

ではその梅モチーフの巨大トップは何処に・・・色々思案していたら・・・
a0070133_22595992.jpg


これが途中のモチーフです。花の中心には真珠が付きます。これを今度は両サイドに段々小さくグラデーション状態で枝を伸ばしあげていきます。そして首の後ろでチェーンで留めることに。
丸山先生のそんなのいいよねぇの言葉にやる気がでちゃってここまで来たら追い込むっきゃないということで。なんでこうも私は自分を追い込むんでしょうかねぇ。マゾなんですよ、絶対。
追い込むの大好きだもん。仕上がりが楽しみです。いつになるんだか。

先日、実家の方の患者さんが袖もとに可愛らしいカバーをつけていらした。Nagieが可愛い可愛いと連発していたら、こんな素敵な生地で作ってきてくださった。
お台所の洗い物の時やカルトナージュ、彫金、袖口がちょっと邪魔な時にさっとはめるとよいでしょー。今、凄く気に入っている物のひとつ。しかも凄く丁寧に縫われているので吃驚です。
売りたいくらいです。a0070133_2385013.jpga0070133_2391193.jpg














[PR]

by gota-de-fericidad | 2008-02-05 23:10