Artesano de Circulos Concentricos

タグ:映画 ( 155 ) タグの人気記事


【映】ドリームガールズ

すす、凄いです!!!ジェニファー・ハドソン。。。歌唱力。アカデミー賞助演女優賞ノミネートそして最有力候補。ちょっと疑問。主演女優賞じゃなくて?
歌手になることを夢見ている3人の女の子、バックコーラスから始まってスターダムを駆け上っていく。そしてもっと稼ぎたいと野望尽きぬマネージャーの裏切り。。。。栄光と挫折。
友情の破綻。んー、盛り込まれちゃってますねぇ。とにかく歌が凄い。
Nagie苦手のミュージカル色の強い映画でしたがまぁまぁでした。たぶん歌がよかったから。
ただ、よく分からないけど、あれはR&Bではないんじゃないだろうか・・・
まぁ、黒人社会で生まれた歌をもっと稼ぎたいという野望で白人にも受け入れられるダンスに合うノリのいい音楽に模様替えして売り出すっていうストーリーにあわせたのでしょうけど、上っ面をなぞっただけの音楽が途中飽きるんだなぁ。魂が少ない。
しかしビヨンセ、綺麗ですねぇ。印象的だったのは成功したマネージャーのカーティスとの二人の生活・・・そのリビングに飾られていた壁一面のポートレート、アフロへアーにびっしり付けられたまつげそして60年代風のメーキャップ、すっごく素敵です。ヘアースタイルは違うけれどツィギーのようです。Nagieはツィギーが大好き。髪型はわざと似させているくらい。
面白かったなぁ。。。

そして今日は恒例のカルトナージュのお稽古、本日の作品はレシピボックス。可愛いですねぇ。
同じ生地を選んでいても裏地やタッセルの組み合わせの仕方で微妙に雰囲気が変わってきます。面白いですね。来月はメモボード。どんなのが出来るんでしょうか。楽しみです。
a0070133_22532146.jpga0070133_2253347.jpg

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-02-25 22:55

【映】マリーアントワネット

んー、まぁまぁですかね。フツーに面白い。
でもです、衣装が豪華で素敵です。画面全体に散らばるパステル調の黄色やブルー、それとは対照的なお菓子(ケーキ)のピンク。いかにも女性監督の作り出すカラーといった感じです。
靴がとにかく素敵で最後のスタッフや協賛のテロップ時には食い入るように画面を見てしまいました。日本語じゃないから遅いから見失う確率が高いですからね。マノロ・ブラニクでした。
やっぱりね・・・フェラガモカと思ったけど、それにしてはデザインや生地が洗練されてるなぁなんて思っていたのです。(生意気ですみません)
14歳という若さでオーストリアからフランスに嫁ぎ、19歳で王妃に。
どこでも一緒ですね。お世継ぎ問題・・・妃に興味を抱かない王太子。子供が出来るはずもありません。またしきたりへの不満。その寂しさや不安をギャンブルやパーティなどそして高価なショッピングで紛らす。
待望の赤ちゃん誕生そして歴史に翻弄された人生、どこの国でも、いつの時代も大変ですね。
それにしても音楽が面白かった。かなりポップです。んー、アントワネットの規律に逆らうアバンギャルド的内面を表したのでしょうね、きっと。
女性好みの軽ぅく観られる娯楽映画ですね。でもソフィア・コッポラが作る大作物ってことで期待していたNagieにとってはもうひと踏ん張りひねりが欲しかった。
次何観ようかなぁ。。。。バブルへgo!!は是非観てみたい。懐かしく思うんだろうなぁ。
もうすぐドリームガールも封切。私の好きなベン・ステイラー主演のナイトミュージアム・・・これは微妙です。コメディーでなくファンタジーでした。ファンタジーは好きじゃない、私にとってベンちゃんは抱腹絶倒コメディがいいんだけどなぁ。
ついにNagie、六本木ヴァージンシネマ・シネマイレージカードを作りました。6本観たら1本無料。マイレージポイントで特典がつく。くやしぃーーー。今までの分加算して欲しい。既に2本は無料勝ち取りですよ。

銀座天龍の名物餃子。一つの大きさが大体10cm強。昔、大学の頃は1人前・8個(だったのかなぁ?6個?)をぺろっと(いうほどでもないが)食べきった。このお店のその頃の私の印象は、お昼に行くと、座るなりサラリーマンの人たちが人差し指を立ててご飯という。そうすると餃子1人前にどんぶり飯・スープに漬物が出てくる。今では、半分の4個がいいところですね。宇都宮餃子なら3人前弱食べるNagieもここのしっかりラードの効いたお肉中心の餃子は今となっては・・・・ちょっと苦手です。なのに天龍に来ると必ず食べちゃう。そして辛いそば(そのままずばりです。)は色ほどには辛くなく美味しかった。お酢をかけながら食べると美味しいですよーってお店の方が教えてくださいました。でもこれって微妙とも思った。昔、料理人の方に伺ったことがある。中華料理屋さんでお酢をかけたくなるのは油が酸化しているとしたくなると・・・・

a0070133_180349.jpga0070133_1805123.jpg







あー、Nagieの大好きなアキバのちゃんぽんやの餃子が食べたい。東京では1番好き。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-02-12 18:08

【映】フランキー・ワイルドの素晴らしき世界

実話をベースに作られた映画。天才DJ、フランキー・ワイルド。スペイン、イビザ島のクラブを中心にヨーロッパ全土で活躍したそう。そんな彼が突然聴力を失ってしまう。多かれ少なかれ聴力の低下はDJの宿命でもあるんですねぇ。切ない。左耳に残る僅かな聴力と補聴器で必死にレコーディングしていた。
出来上がりを聴いてミュージシャンがあまりの出来の悪さに怒り出す。その行為が・・・最後に残る僅かな聴力を奪い去ってしまうことになる。お金が稼げなくなったフランキーをさっさと捨てて出て行ってしまう妻。酒・ドラッグ・・・そして幻覚・・・・以前観たブライアン・ジョーンズの映画と同じだ。
最低の、心の破壊した状態から、何がきっかけだったのか・・・持っていたコカインを全部トイレに流し、向かった先は読唇術の教室。そこで再起を助けることになる女性・ペネロペと出会う。
そして音楽を聴くということから感じる、肌で、目で・・・そして独自の方法を編み出し、クラブに帰ってきた。そして最終的に彼が選んだ道はペネロペとの静かな生活。
今はどうしているのか分からないらしい。ロンドンで小さなレコード店を営んでいるとか、既にドラッグの影響で亡くなってしまったとも・・・

人間て五体満足がいいに決まっている。
でもそれはあくまでも生活するうえで便利ってことではないだろうか?
私の患者さんで目の見えないおじ様がいる。病気がきっかけで視力の急激な低下がおこり、つい2年位前までは少なからずも少ーしは見えていたけれど今は完全に見えないらしい。でも彼は、道路に止まっている車の存在をある程度の距離のところからでも感じることができるようになってきたと仰っていた。エンジンをかけずに、只駐車してあるだけの車。
近づくと肌に当たる空気の流れが違うんだとか・・・私はその話を聞いた時に涙が出るほどに感動した。人の感性ってそれほどまでに研ぎ澄まされるものなのだと・・・
ある意味、目も見えて、耳も聞こえてという状況って不幸な時もあるんだと。わたしが凄く羨ましいと申し上げたら、大きな声で笑いながら『先生は変わり者だねぇ、でも僕が思うにそんな風に仰る先生ってなかなかなんじゃないですか』って、またまた嬉しかった。
全然違うし、無理なんだけど私自身、少しでも感性を研ぎ澄ませたいといつも願っている。
何故って・・・人と接していても感じ方が全然違うと思うし、音楽や映画を観たり聴いたりしても情報として入ってくるもの以外に肌や、身体に伝わってくる振動を体感することで感じたいっていつも願っているから。

時々思う。私が映画やコンサートなどにやたらに行くのは、もちろん大好きだからに決まっているのだけれど、そんな感覚を風化させたくないという危機感からのような気もする。

大満足で帰りにはハチ公交差点角にある甘栗やさんでほかほかの甘栗を買ってスキップ状態で帰ってきました。この甘栗や。Nagieお奨め店です。昔からあってえっ?て思うけれど、あの高級甘栗やさん、石井よりも大好きです。是非とも渋谷土産にしてみてください

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-01-08 18:56

【映】愛されるために、ここにいる

人生の斜陽を迎えた男性・・・バツイチのジャン=クロード、息子との距離もしっくりいかず、年老いた父親ともしっくりいかない。毎日が退屈。このまま残りの人生を過ごしていいのか・・・・
結婚目前の幸せの絶頂期のはずのフランソワ-ズ、小説執筆に夢中になる婚約者。何故か満たされない。
そんな二人が、ある日タンゴレッスンで出会った。それぞれの人生が、心が少しずつ変化していく。んー、いかにもっていう感じの仏映画。好きだなぁ、この世界。まったり進む恋愛。エネルギー弾けた感じのない大人の恋愛。
最初ぎこちなく踊る二人、心通わせるにつれて、お互いの顔が近づく。二人だけの濃密な世界。
タンゴの艶っぽい旋律にのって踊る二人・・・決していやらしいシーンではないのですが官能的に見える。ジャン=クロード演じるパトリック・シェネ、うまいなぁ。。。
それにしても音楽がとてもよい。ピアソラ好きのNagieは映画を観ながらつま先でリズムを刻む。映画を観終わってサントラを見に行った。一目見て購入決定。
何故なら私の好きなGOTAN PROJECTのメンバー二人が作っていたから。どーりで私好みだと思った。

で本日のCDはこのサントラの他、GOTAN PROJECTのインスピラシオン・エスピラシオン・・・
んー、大人って感じですね。

音楽を聴きながら、バッグの整理。意外に使っていないバッグって少なかった。
それでももういいかなってバッグはありますねぇ。さすがに汚れの酷いものはごめんなさい・お疲れ様でしたとゴミ箱へ。使えそうなものは患者さんにお願いしての今年の春(目指して)予定のフリーマーケットに向けて整理しまくります。

小さな頃に祖父にいただいた絣のバッグや大島紬の袋はどんなに時代が変わっても、使わなくても捨てることはない。だって思い出、形見ですもの。
引き出しのスミィの方から小さな小箱が・・・開けてみたら私が小学生か、中学生くらいの頃、母と祖父でドイツ、フランスなどなど旅行に行ったときに買ってきてくれたペンダント型の時計。
手書きでお花が書いてある。首にかけて思い出に浸る。祖父を思い出してちょっと涙・・・
大好きで尊敬していた祖父。日がな一日、縁側の籐椅子に座って御香をくゆらせながら、読書に耽る。そんな姿が大好きでいつも隣に座って私も読書。スカーフが大好きで大学がお休みに入るとデパートで祖父の好きそうなお洒落なスカーフを買っていつもお土産にしていた。
それを嬉しそうに首に巻いて満面の笑みで『似合うかい?』って聞いてくる。もちろん私は『おじいちゃまが似合うものしか買ってこないよ』と答える。そのスカーフ、祖父が亡くなった時にいくつか貰おうと思ったら、ちゃっかり長男である叔父が使っていた。『なんだ、Nagieが買ってたのか・・・センスいいなぁ』と言って、気に入ってるから俺にくれだって。ちぇっ。まっ、いいか。
成人してからでもいつも手を繋いで歩いていたなぁ。あー、私も祖父みたいな人間になりたい。

明日は洋服。
売り上げでご馳走してもらうんだーい。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-01-02 21:06

【映】デート ウィズ ドリュー

うひゃひゃひゃー、面白いドキュメンタリー映画だったなぁ。新年、映画でスタート。幸せだぁ。

クイズで優勝し賞金$1.100を得た無職の27歳の青年がそのお金を元手に10歳から憧れ続けているドリュー・バリモアと30日間でデートをするというなんとも無謀な計画。その様子を撮り続けた映画。
すべて友人仲間で作られた映画ですが、侮るなかれ、よく出来ていますよ。なぜ30日間かといえばビデオカメラを買うには予算が合わず、30日間レンタルというシステムを利用したから。30日後には返却しなきゃいけないんですねぇ。
とにかくありとあらゆるつてを頼る。仕舞いにはドリューの行きつけのエステ、ドリューとあったこともないという従妹、セレブ専用のリムジン運転手・・・・進めど進めど大きな壁が待ちうけ、そして崩壊・・・・こんな時に向かうのはfortuneteller、へぇー海外の男性も好きなのね。これって日本女性の特権みたいに思っていたけど。『必ず会えるでしょう、でも予算と時間が足りないわ』
ふぅー30日目にはどうなっていることでしょう。奇想天外な奮闘ぶりが面白い。
しかし主人公のブライアン・・・典型的でした。アメリカンドリームをつかむ・・・やたらにポジティブかと思えばすぐ落ち込む・・・そしてまた興奮。こんな人が近くにいたらNagieはお手上げだぁ。
でも最後には困難に打ち勝ち、夢をつかむ為に、一歩踏み出すことを恐れるなと・・・。
石橋を叩いて叩いて叩き割っても渡らないほど慎重なNagieには中々のお言葉でした。

さすがに人気のない麻布十番。よいですねぇ、静かで。近くのスーパーで買い物して帰ろうと思ったけどレジに並ぶ人たちを見て、あっさり断念。まだ食べるものあるしいいかぁ・・・・
さてと帰るかと歩いていると、真っ赤なポルシェが近づいてくるではないですか。
『はぁーい,Nagieちゃん』えっ?誰?・・・おー、これはこれは、私の友人の中でも飛びぬけた超セレブ、Wongさんじゃありませんかぁ。『はぁい、Wongさん、Long time no see!!how are you?』取り敢えず挨拶は英語でっと。。。そして勿論すぐに日本語にきりかえる。
そしてNagieの心の中は、いやったぁー家まで送ってもらっちゃおーて魂胆で一杯。
というかWongさんは優しいから用事がなければ絶対送ってくれるのですが。案の定、家まで乗せてって言ったら『okよ~』だって。やっぱり・・・で、ついでに都心をドライブしてお茶までご馳走になって大満足でした。しかしNagieはノーメークで服もえっ・・・って感じだったので悪かったなぁ。
でもWongさんとお会いする時は何故か汚いことが多い。何故ならWongさんの住むMSにはプールがあってそこに泳ぎに行く時とか起きむくれに、ご飯に行くからと迎えに来させたり・・・・
Wongさんは女性の我儘には(というか私の?)慣れっこで迎えに来てくれないと行かないというと迎えに来てくれる。苦じゃないみたい。
だから髪もぼさぼさ・・・綺麗にしているところをお見せしたことの方がないのではないか?
まぁ、奥さんで慣れてるか・・・・私より酷い状態だから。

あー、明日も映画に行こうかなぁ。あさってには従妹のsu-mixがやってくる。風邪で寝込んでいたので栄養をつけさせねばとお鍋でもしようかなぁと思っている。
買出しついでに一本。。。。

本日のCD、チェット・ベイカー、BAJOFONDO・TANGOCLUB
チェット・ベイカー、よいですよねぇ。誰かお勧めCDを教えて欲しいわぁ。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-01-01 22:28