Artesano de Circulos Concentricos

タグ:朗読会 ( 15 ) タグの人気記事


かけ離れた私はどうしたら。。。。

仲良し友、〇さま(ランゲージスタジオまる、だよ)が。。。ご自身のブログでNagieの企画を、私という人間をこんな風に書いてくださった。


一人の友人がArtesano de Circulos Concentricos(ACC)という
企画集団(?)を立ち上げました。

彼女のブログからの引用
「ACCって何?
このblogのタイトル、aretesano de circulos concentricos・・・略してACC。

artesanoは職人。。。circulos concentricosは波紋とか水紋とかの意味、何かを起点にして同心円状に拡がっていく様を表しています。

何でも簡単に済まされてしまう今の世の中で、昔ながらの、、、面倒な手間をコツコツと積み上げて物を作り続ける職人。そんな素敵な人たちが落とす滴が、水紋が拡がるように皆さんの心にぽとりと何かを落とせたら・・・そんな思いで付けさせていただいた。
ものを作るということは出来上がった、その完成品だけが作品ではなくそのプロセスにまで美しさが溢れています。
そしてこれこそが日本人が昔から持つ、いやっ物作りに携わる人たちの美学だと思うんです。

大量生産が当たり前のこの時代にNagieはこの面倒なひと手間に惜しみない努力と力を注いでいる方たちを発掘して少しずつでもご紹介できればと思います。」



Nagieはありとあらゆる"表現"に触れてきた人。
それは絵画だったり演劇だったり、写真、舞踏、陶芸、音楽などなど。
ジャンルにだってこだわりません。
クラシカルなバレエも観ればタップダンスだって楽しむ。
上村一夫に涙すればドガにだってときめく。
とにかく”表現”が好き。

そんな彼女のフィルターを通過できるものは
作品の完成度とか洗練さはもちろんのこと、
いつも「作者の思い」が表現されているかどうか、であるように思います。
そしてその思いとは「愛」。

消えゆくものをいとおしむ心
弱く儚いものをいつくしむ心
いにしえの時から継承されてきたものを大切に大切に愛でる心
強靭であるがゆえに時として折れそうになる心
そしてそれに寄り添う気持ち

いろんな愛があるけれど
彼女がいいよと勧めてくれる作品からは
いつもそんな作者の「思い」が見えるものばかり。

時にその愛は激しさだったり、内に秘めたものだったり、
本当にこれが愛かどうか謎めくものだったり、
かと思うととても素直にストレートな思いだったりしますが
根底にあるものはいつも同じ。

アーティストから発信された思いを
波紋が広がるように他の人にも共感してもらえたら。
アーティストが投げかけた思いを、
誰かが受け止め、その思いを更に大きく広げることができたら。

人と人とのつながりを大切にするNagieゆえに
たぶんそんな思いから、きっとそんな思いから
いろんなジャンルのアーティストに光を当て、紹介していこうと
ACCを立ち上げました。
 
そのACC企画、第一弾。
四谷にて朗読と書道のコラボイベントです。
う~~ん、この組み合わせがNagieっぽい。
4月16日17:30開演
詳細はArtesano de Circulos Concentricos

愛の人である主催者Nagieの意向で
東北太平洋沖大地震義援金チャリティーイベントになりました。
一人ひとりの小さい思いが重なり合って、
折れかけている傷ついた心をちょっとでも支えられるよう
大きな強い愛になるといいですね。


有難きお褒めの言葉とともに思うのは、さすが言葉を、日本語を生業にしているだけあって、凄く言葉が素敵だ。
そういえば思い出した。
出会った頃、彼女から送られてくるメールにいつも綺麗だなぁと羨ましく思う一方で、凄く悔しさも感じた。
どうしてNagieにはこんな風に綺麗な日本語が、こんな風に発想できる心・脳がないんだろうと。
まだまだ未熟だなぁと。
それは今も変わらない。

こんな崇高な志をもつ私ではございませんが、誤解を恐れずに言おう。
〇さまが書いて下さったこの文章の中のNagieが決して間違いでもなく、Nagieの想い、本質は物凄くよく表現されている。

本当に素敵な仲間に囲まれてNagieは暮らしているんだと実感。

感謝感謝、深謝深謝。


[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-04-02 19:27

recitaciσn・・・・朗読

4月16日の朗読会。

全体練習が来週末。そこまでには全部が決まっていないといけない。

前回、殆んどが白紙のまま終わった桑原礼佳パートをある程度は仕上げなければ。。。間にあわない。

というわけで。。。持つべきものはやはり友です。

営利も何も伴わない、純粋な友。

舞台出版関係のお仕事ゆえ、事務所の中に舞台を持つ知人、今週来週舞台を貸してほしいとお願いしましたら、どうぞどうぞという有難き返事。

早速行ってまいりました。19時半に待ち合わせして兎に角お腹に何か入れようと近所のうどんやでずるずるざーっと食べて速攻移動。

舞台の部屋に行ってみればテーブルの上に美味しそうなお焼きが差入れと書いて置いてあるではありませんか。

なんと優しいのだろう。
そして本人は友人たちと会食へ。

二人でじっくり2時間。

あーだこーだと言いながら。。。。

正直に言おう。

自分でも嬉しくなる。。。。ふふふ。楽しみだ。

ジムミちゃんからのワンピース、Nagie所有の服を着て動いてみる。

肌の色や目の色髪の色、Nagieの中で絶対この雰囲気が似合うだろうというものをクローゼットから。
学生時代ずーっと西武デパートの服やでアルバイトをしていましたから大体分かるんです。
(並行して六本木の飲食店でもアルバイトしていました、歯科大生でこんなにアルバイトをしていた女子はいないでしょうねぇ)

ちょっと背丈は違うけどどうにかなるだろう。

a0070133_23181459.jpg
a0070133_23182644.jpg


彼女の好みも踏まえて。。。後数着着せてみよう。

そしてパソコンで作った、自己流台本は、始まる前はまっさらだったのが終わった時には

a0070133_23195032.jpg


自分で言うのもなんだけどかなりのレベルになると思う。

正直、今回の会は(今後もだけど)自分の内面を表現している。何と言ったらいいのでしょうか、作家なら文字や言葉に投影することが出来る。
画家は絵で、フォトグラファーは写真で。

そういう意味でこの会全体を演出することはNagieの内面を赤裸々に見せてしまうようなもの。

本心を言えば、みんなに来ていただいて、パフォーマンスを観てNagieという人間はこういう人なんだってことを知ってほしいし感じていただきたい。

それがNagieの目的だから。

去年、Nagieの従姉妹が、短歌で女流新人賞をいただいたのですが、彼女は短歌を通して自分の内面にあるふつふつと溜まる心の澱みたいなものを表現している。
凄く羨ましいと思った、そして自分も中々口には表現しにくい澱というか塊というか、そんなものを表現してみたくなった。
短歌が作れるわけでも、歌えるわけでも、画をかけるわけでもない。。。

辿り着いた先がこの形。

こうすることで弾けたいわけ。

きっと段々この世界にはまっていくような気がしている。

母親譲りでもともと演じることが大好きだったのだもの、それを人を介してしたとしても喜びは凄い。

あー、自分の中にある何かを抉りだしてみたい。

お時間ある方は絶対観に来て。。。。私の中身を視に来て。。。。そしてNagieを好きになってほしい。。。。

最後のは余計か。。。いやっ、本音だ。こんな私を好きでいて下さいって感じかな。






[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-03-31 23:39

こんな風に

書いてくださってありがとう。

今日は、Dr.ナギ主催の朗読会の初稽古。

顔合わせでもあった。

舞台監督などいないので、

ほんとうに、個人の手作り舞台となる。

もちろん、大道具・スタイリスト・ヘアメークなども居ない。



ただ、皆の志のみで作る舞台。

なので、最初はゆっくりしていた空気が、

途中から早足となった。

皆、個々に、意識が高まってきたようだ。



なので、一番客に近い質問をする。

提案をする。

意見をする。

これが、大切。



こうすることで、個々が一番したいこと、

成りたい自分が見えてくる。



とにもかくにも、ナギの意識がハッキリしてくる。

これはイヤ。

こうしたい。

こうなりたい。



今日の打ち合わせは、とっても良かったと思う。

舞台経験豊富な平子くん。

イベントを企画を経験している石川さん。



主催者のナギの意識レベルの高さ。


きっと成功する。

彼らなら、してくれる。



皆さん、是非、見届けにいらしていただけませんか?


視覚中心の世の中…
ひとときだけでも聴覚だけを頼りに、
果てのない想像の世界を旅してみていただけたら
軽妙洒脱な文章に言葉遊びの天才と言われた夏目漱石。
そんな彼の世界を昔の風情が今だ(未だ、どっちが正しい?)
残る四谷荒木町の料亭跡…隠れ家的小さな空間で味わってみては如何でしょう。
漱石の美しい言葉の響き…それは無意識に私たち日本人の血肉と化しているのです。
何でもが直截的に語られるこの時代にこの様な空間に身をおくことが無価値であるはずもない。
と私は信じる。




タイトル  
recitaciσn
a0070133_232526.jpg



出  演  

平子悟(エネルギー) 

浅井企画所属タレント。

http://www.asaikikaku.co.jp/profile/energy/

桑原礼佳(女優) 

石川徳仁
徳仁表参道書道教室主催。書道家、花押師範。
2010年 東久邇宮文化褒賞授賞。
数名のパートナーと日本の伝統文化を海外へ広める活動も展開中。
HP:http://www.aisary.co.jp

日 時  
2011年4月16日(土) 開場17:00/開演17:30

会  場  
四谷荒木町 橘家
HP http://www.cabinet-club.com/tachibanaya/

料  金  
自由席 前売4000円 当日4500円(税込)

チケット  
artesano.c.c@gmail.com
メールにてお名前・枚数・連絡先をお知らせ下さい。
追って振込先をお知らせします。


感謝感謝・・・・深謝。    Nagiより。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-03-27 23:26

しつこく告知

一人一人の小さな輪も繋がれば大きな輪になります。
東北太平洋沖大地震義援金チャリティーイベントと変更して。

これぞまさしく、ACC。。。Artesano de Circulos Concentricos
circulos concentricosは波紋とか水紋。職人の落とした一滴のしずくが同心円状に広がるように
人の心に何かを落としていけたら。。。。

一人でも多くの方に足を運んでいただきたく存じます。


視覚中心の世の中…
ひとときだけでも聴覚だけを頼りに、
果てのない想像の世界を旅してみていただけたら
軽妙洒脱な文章に言葉遊びの天才と言われた夏目漱石。
そんな彼の世界を昔の風情が今だ(未だ、どっちが正しい?)
残る四谷荒木町の料亭跡…隠れ家的小さな空間で味わってみては如何でしょう。
漱石の美しい言葉の響き…それは無意識に私たち日本人の血肉と化しているのです。
何でもが直截的に語られるこの時代にこの様な空間に身をおくことが無価値であるはずもない。
と私は信じる。


タイトル  
recitaciσn

出  演  

平子悟(エネルギー) 

浅井企画所属タレント。

http://www.asaikikaku.co.jp/profile/energy/

桑原礼佳(女優) 

石川徳仁
徳仁表参道書道教室主催。書道家、花押師範。
2010年 東久邇宮文化褒賞授賞。
数名のパートナーと日本の伝統文化を海外へ広める活動も展開中。
HP:http://www.aisary.co.jp

日 時
2011年4月16日(土) 開場17:00/開演17:30

会  場  
四谷荒木町 橘家
HP http://www.cabinet-club.com/tachibanaya/

料  金  
自由席 前売4000円 当日4500円(税込)

チケット  
artesano.c.c@gmail.com
メールにてお名前・枚数・連絡先をお知らせ下さい。
追って振込先をお知らせします。

狂言の舞台で鍛えられた平子悟が夏目漱石の夢十夜を不思議な語りで聴かせます。
可憐で愛くるしい桑原礼佳が可憐な姿を封印して独特の世界観で草枕や書簡を語ります。
そして書道家徳仁が繊細に描く文字の世界。。。

いかなるパフォーマンスが繰り広げられるのでしょうか?


着々と準備も整いつつあります。
今週末は初めての稽古。
Nagieはこういうことをしたことがありません。まったくイメージが湧かない。
どんな風に展開していくのでしょうか?

まずは・・・一歩。とにかく頑張りたいなぁ。



[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-03-23 22:16

告知2

さて4月に企画しております朗読会。

地震の後、色々考えました。中止にするべきか。。。。

でも開催しようと決めました。
そして皆さまが買ってくださったチケット代の一部を今回の地震被災地への義援金として使わせていただこうと。

一人一人の小さな輪も繋がれば大きな輪になります。
これぞまさしく、ACC。。。Artesano de Circulos Concentricos
circulos concentricosは波紋とか水紋。職人の落とした一滴のしずくが同心円状に広がるように
人の心に何かを落としていけたら。。。。

一人でも多くの方に足を運んでいただきたく存じます。


視覚中心の世の中…
ひとときだけでも聴覚だけを頼りに、
果てのない想像の世界を旅してみていただけたら
軽妙洒脱な文章に言葉遊びの天才と言われた夏目漱石。
そんな彼の世界を昔の風情が今だ(未だ、どっちが正しい?)
残る四谷荒木町の料亭跡…隠れ家的小さな空間で味わってみては如何でしょう。
漱石の美しい言葉の響き…それは無意識に私たち日本人の血肉と化しているのです。
何でもが直截的に語られるこの時代にこの様な空間に身をおくことが無価値であるはずもない。
と私は信じる。


タイトル  
recitaciσn

出  演  

平子悟(エネルギー) 

浅井企画所属タレント。

http://www.asaikikaku.co.jp/profile/energy/

桑原礼佳(女優) 

石川徳仁
徳仁表参道書道教室主催。書道家、花押師範。
2010年 東久邇宮文化褒賞授賞。
数名のパートナーと日本の伝統文化を海外へ広める活動も展開中。
HP:http://www.aisary.co.jp

日 時
2011年4月16日(土) 開場17:00/開演17:30

会  場  
四谷荒木町 橘家
HP http://www.cabinet-club.com/tachibanaya/

料  金  
自由席 前売4000円 当日4500円(税込)

チケット  
artesano.c.c@gmail.com
メールにてお名前・枚数・連絡先をお知らせ下さい。
追って振込先をお知らせします。

狂言の舞台で鍛えられた平子悟が夏目漱石の夢十夜を不思議な語りで聴かせます。
可憐で愛くるしい桑原礼佳が可憐な姿を封印して独特の世界観で草枕や書簡を語ります。
そして書道家徳仁が繊細に描く文字の世界。。。

いかなるパフォーマンスが繰り広げられるのでしょうか?

主催者であるNagieにも分かりません。





[PR]

by gota-de-fericidad | 2011-03-14 21:02