Artesano de Circulos Concentricos

タグ:餃子 ( 2 ) タグの人気記事


祝!!ふんよう菜館

毎年春の恒例になっているダッチオーブン料理を喰らう会、公園パーティーで知り合ったデザイナー&イラストレーターご夫妻、餃子談義に花が咲いた。Nagieが栃木出身と言ったら『昔、幡ヶ谷に凄く美味しい餃子のお店があったのだけど、突然店を閉めて宇都宮に移転したのですよ』と。。。。激戦区宇都宮になんでまたと思いました。その日以来、食べてみたくてしょうがなかった。先月チャレンジしたものの宇都宮の夜は早かった・・・既に閉店。
晴れて本日、お店の中に入ることが出来た。噂通りでした・・・ききき汚い・・・ひぇー。
椅子を引こうとしたけど地面に油で引っ付いて離れなかった・・・凄いですねぇ。お店には数人の男性が既に豪快に食べていた。とりの唐揚げ、豚バラの煮込み、いかの唐揚げ・・・・凄いボリュームでびっくりですがどれも美味しそう。しかも笑っちゃうくらい安い。大体500円~600円くらい。4人で来ないと厳しそうな量ですよ。
Nagieたちはそんな豪快料理を目の端に置きながら、ちんまりと中華サラダ(320円)、餃子(230円)味噌タンメン(420円、ちなみにただのタンメンは400円)味噌タンメンは単純にタンメンに味噌を足して人参が入っているだけです。だから味噌と人参が20円という計算ですね。a0070133_040815.jpga0070133_0403719.jpga0070133_040554.jpg







餃子は噂で聞いていたよりもさっぱりしていました。野菜はどちらかというと粗めの刻みで口の中でしっかり残る形でしたね。もう少し細かい方が野菜の甘みが出るかもと思いつつも粗い分歯ごたえがあって甘みも十分に感じられました。皮もモチモチして美味しい。
そしてタンメン、これまたさっぱりで田舎にあっては塩分少なめでよいよい。かなり大満足。
私たちは6時半にお店に到着しましたが、なんと私たちが食べた2人前の餃子がラストだった。
その後に来たお客さんは、がっかりして帰る方もあり・・・他の物を食べて帰ろうという人ありでした。偶然かカウンターに並んだお客の半分は、東京、埼玉から・・・埼玉から来たお客さんは、ふんよう菜館大ファンの方に連れられてきて、カウンターでこのお店の餃子と宇都宮のトラフィック・トラブルについて熱弁を振るわれ、聞かされていました。ご苦労様です。
次回はなんとか人を集めて4人で来てあのいかの唐揚げととりの唐揚げを食べてみたい。
行きたい方、名乗りを上げてください。但し宇都宮集合です。
しかしこのお店のおばちゃん、やる気あんのかいな?殆どこの姿勢でじーっとTVに向かっています。でも可愛いですが。
a0070133_049593.jpg


蓮田のパーキングエリアにあるファミリーマートでこんな素敵なチロルチョコパンを発見!!
思わず買ってしまいました。えへっ。。。
a0070133_051591.jpga0070133_0521746.jpga0070133_0523464.jpg






[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-12-23 00:57

【映】マリーアントワネット

んー、まぁまぁですかね。フツーに面白い。
でもです、衣装が豪華で素敵です。画面全体に散らばるパステル調の黄色やブルー、それとは対照的なお菓子(ケーキ)のピンク。いかにも女性監督の作り出すカラーといった感じです。
靴がとにかく素敵で最後のスタッフや協賛のテロップ時には食い入るように画面を見てしまいました。日本語じゃないから遅いから見失う確率が高いですからね。マノロ・ブラニクでした。
やっぱりね・・・フェラガモカと思ったけど、それにしてはデザインや生地が洗練されてるなぁなんて思っていたのです。(生意気ですみません)
14歳という若さでオーストリアからフランスに嫁ぎ、19歳で王妃に。
どこでも一緒ですね。お世継ぎ問題・・・妃に興味を抱かない王太子。子供が出来るはずもありません。またしきたりへの不満。その寂しさや不安をギャンブルやパーティなどそして高価なショッピングで紛らす。
待望の赤ちゃん誕生そして歴史に翻弄された人生、どこの国でも、いつの時代も大変ですね。
それにしても音楽が面白かった。かなりポップです。んー、アントワネットの規律に逆らうアバンギャルド的内面を表したのでしょうね、きっと。
女性好みの軽ぅく観られる娯楽映画ですね。でもソフィア・コッポラが作る大作物ってことで期待していたNagieにとってはもうひと踏ん張りひねりが欲しかった。
次何観ようかなぁ。。。。バブルへgo!!は是非観てみたい。懐かしく思うんだろうなぁ。
もうすぐドリームガールも封切。私の好きなベン・ステイラー主演のナイトミュージアム・・・これは微妙です。コメディーでなくファンタジーでした。ファンタジーは好きじゃない、私にとってベンちゃんは抱腹絶倒コメディがいいんだけどなぁ。
ついにNagie、六本木ヴァージンシネマ・シネマイレージカードを作りました。6本観たら1本無料。マイレージポイントで特典がつく。くやしぃーーー。今までの分加算して欲しい。既に2本は無料勝ち取りですよ。

銀座天龍の名物餃子。一つの大きさが大体10cm強。昔、大学の頃は1人前・8個(だったのかなぁ?6個?)をぺろっと(いうほどでもないが)食べきった。このお店のその頃の私の印象は、お昼に行くと、座るなりサラリーマンの人たちが人差し指を立ててご飯という。そうすると餃子1人前にどんぶり飯・スープに漬物が出てくる。今では、半分の4個がいいところですね。宇都宮餃子なら3人前弱食べるNagieもここのしっかりラードの効いたお肉中心の餃子は今となっては・・・・ちょっと苦手です。なのに天龍に来ると必ず食べちゃう。そして辛いそば(そのままずばりです。)は色ほどには辛くなく美味しかった。お酢をかけながら食べると美味しいですよーってお店の方が教えてくださいました。でもこれって微妙とも思った。昔、料理人の方に伺ったことがある。中華料理屋さんでお酢をかけたくなるのは油が酸化しているとしたくなると・・・・

a0070133_180349.jpga0070133_1805123.jpg







あー、Nagieの大好きなアキバのちゃんぽんやの餃子が食べたい。東京では1番好き。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-02-12 18:08