Artesano de Circulos Concentricos

タグ:pizza ( 26 ) タグの人気記事


はまりまくりですよ。終には・・・

今日はakkoさんとakkoさん´brotherとでここ最近のお気に入り殿堂入り果たしそうな勢いの代々木上原ピザやへ。
今日はakkoさんたちと3人ということで今まで遠慮して飲めなかった(高くて・・・)ベルギービールをいただきながらのお食事。
akkoさんはNagieが愛飲しているドゥシャス・デ・ブルゴーニュを、弟君と私は飲んだ事ないものをオーダー。やはりベルギービールらしくどれもフルーティで美味しい。
a0070133_2324242.jpga0070133_23242351.jpg







ジャガイモとキャベツの窯焼き&温野菜の盛り合わせ
a0070133_23252797.jpga0070133_23254375.jpg








ジャガイモは小粒でしっかりしている。瑞々しいというよりはホクホクとしていてサツマイモのような栗のような感じもする。バターとパルミジャーノがたっぷり使われているのですが、バターの香りと風味が本当に美味しい。バターはできるだけ避けたい派のNagieも絶句。
そして温野菜の盛り合わせは見たこともないような色々な新鮮な野菜がたくさん可愛らしく串に刺されて盛り付けてある。器は中にお湯のはってあるお皿が中に入っていてスチーム&保温効果。付けるディップは3種類。胡麻ベースのものとオリーブにニンニク、カレー粉(バーニャカウダに付けるような・・・)それに塩。どれもこれも美味しかったけど特に気に入ったのはバーニャカウダみたいなもの。パンに付けても美味しいですよ。

仕上げのピザはマルゲリータと蓮根(バジルソース、松の実、モッツァレラ)のハーフ&ハーフ、それに絶対逃したくないデザートピザ。満腹でも食べます。本日はブルーベリー&無花果のハーフ&ハーフ。
a0070133_23335538.jpga0070133_2334613.jpg








ピザに使われているモッツァレラがまたまた絶品で、恐ろしいくらい乳臭いのですよ。
Nagieは牛乳が嫌いなのでこれ以上の臭いになったらちょっとギブアップかもしれませんが取り敢えずは美味しいと思えるから安心っていうか大満足で絶句しちゃう。
これも清水牧場のチーズなのだろうか・清水牧場のチーズはNagieが一番好きなチーズを作っているところで、以前伺った時に、清水牧場チーズの盛り合わせというのをみた。その時は売り切れで諦めましたがそれ以来見たことがありません。
そしてデザートピザ。不思議なのですが、お腹一杯のはずなのにこのデザートピザを食べるとお腹がリセットされてまた何か食べられちゃいそうなのですよ・・・恐ろしいです。

akkoさん姉弟は恐ろしいほどグルメなのですが特に弟君はかなりです。その彼がもくもくと食べていたから本当に美味しいのですね。
高じて・・・私たち軽井沢まで行くことになりました。ご報告、乞うご期待くださいませませ。

帰りがけに駅前の素敵な古本屋さんに寄って偶然欲しかった漫画に、そして寺山修司の本を見つけてお買い物をして帰ってきました。大満足です。
a0070133_2353779.jpg


[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-07-02 23:54

寂れた街にも素敵なスポットあり。

宇都宮のBANBAPIZZA(バンバピッツァ、馬場通りにあるから・・・かな)へ実家の方の患者さんと行ってきました。普段土曜の夜はすぐに東京に戻ってしまうのだけど珍しく宇都宮の街に繰り出しました。しかし・・・・冴えないなぁ・・・。どんどん寂れていく。まだ8時だというのにシャッターが閉まっているところが多い。楽しい場所に人は集まる・・・集まるからもっと楽しくなる。
全くといっていいほどこの気流に乗れていない。寂れた街、駅前の景観ワースト3に入ってしまうのも頷ける。若手の青年商工会の方々が一生懸命努力しているらしい。

BANBAPIZZAは宇都宮餃子の聖地、みんみんのすぐ隣にある。みんみんの前にある駐車場に車を止め・・・おーーーー、餃子のにおいが・・・ぐぅうううう、おおお腹が。
一皿餃子を食べてBANBAPIZZAに行きたいと思ったけど、この行列に並ぶと新幹線の時間に間に合わないもんなぁ・・・断念。(次回は宇都宮餃子3件はしごに決定です)

小さな小さなカウンター8席ほどのお店。2階もあるけど基本的にはこの1階がメイン。まぁ、一人でやるには調度よいスペースですよね。全く賑やかさのない静かなお店。それがまた疲れたNagieにはよい。

まずはサラダと窯焼きジャガイモの生ハム包みa0070133_10464829.jpg
a0070133_1048935.jpg








ジャガイモは生ハムの下にトマト、アンチョビソースがのせられていて、それがホクホクとしたじゃがいもに程よいアンチョビと生ハムの塩分を添えている。車でもあるので友人はお酒を飲まなかったので私もガス入りのお水で・・・これにとっても合います。ワインだったらもっと最高です。

そして次に出てきたのはアスパラのカルボナーラ風。カルボナーラは数えるほどしか食べたことがないパスタ。苦手なのです。友人がこれを選んだ時、・・・・と思ったのですがパスタみたいにたっぷり来るわけじゃないし野菜だから大丈夫と思ってオーダー。
a0070133_10543827.jpga0070133_1054531.jpg








まずは熱々に熱せられた器にアスパラ、パンチェッタ、パルメザン、生クリーム、卵が器に盛られ、この状態でみせてくださり、これを交ぜてだしてくださる。意外にさっぱりです。
やっぱり田舎は野菜が美味しいなぁ。アスパラの甘さが一杯そして瑞々しいんですよねぇ。これまたお酒が合いますよねぇ。

ピザは悩んだ挙句、一人1枚食べることにしました。だめならテイクアウトすればいいし・・・(悩む必要全くなしでしたが)
スペシャルマリナーラ・・・オリーブ、モッツァレラ、トマトソース、アンチョビなどなど、そしてスペシャルフォルマッジョ・・・4種類のチーズにトマトソース、きのこ(エリンギ)。
注文を受けてからひとつずつ丁寧に生地を伸ばし具材をのせ、薪が焚かれた窯に専用の巨大へらで入れ込んだらそれはそれは愛しむように丁寧に何度も何度も回転させていく。
このやり方だと一度に何枚も窯に入れて焼くことは出来ないから、のんびりムードのお店が出来上がってるんでしょうねぇ。凄く真摯な姿なんですよねぇ。
a0070133_116234.jpga0070133_1161788.jpg







お若い(といっても35歳と予想した私たちですが)ご主人の笑顔が凄く素敵だし真面目そうでよいんです。先日、歯科検診の帰りにランチに伺ったことを覚えていてくださり、再訪を凄く喜んでくださった。帰りに『今日も東京に戻るんですか?』と聞かれ、『はいぃ、これから帰りますぅ』
新幹線はまだあるのかと心配されていましたが10時半くらいまであるんですよっていったらほっとした顔をされていた。また絶対来て下さいねぇと笑顔でお見送り。がってんだ・・・
福呼ぶ女(自称)Nagie、このお店絶対満席にしてみせます。というかそれも彼のスピードには困りものかもしれません。がははは。
a0070133_11115852.jpg

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-06-17 11:18

美味尽くし。。。

昨日は年に1度の(正確には2日行くのですが)学校歯科検診のアルバイト。今回の担当は英進部といってこの学校のエリートでありお金持ちのご子息が多い。有名大学を目指すクラスの子達。ここだけの話・・・やっぱり歯が綺麗だなぁ。親御さんの教育レベルというか生活レベルというか・・・やっぱり反映するのよねぇ。凄く面白い女の子に出会った。生えてくる眉毛を毛抜きで抜いちゃうの・・・もったいないですよねぇ、自然に薄くなっちゃうのにぃ。気になるんだとか。確かに毛深そうでしたが。保健室の先生に『おまえぇ、おかしいぞぉ!?Nagie先生、見てくださいよー変ですよねぇ』 Na『えーっ、可愛いけどなぁ・・・普通はのっぺり変になるはずなんだけど貴方のは凄く可愛いわよ、私好きだなぁ、あっ、でも私にいいって言われても・・・わたし、かなり変だからなぁ、微妙ですねぇ・・・・』保『やだぁ、Nagie先生、凄いですよー、お前、よかったなぁ』その彼女曰く『この先生凄いよー、センス分かってるねぇ、先生の歯医者どこなの?』Na『それが遠いのよー、東京だよー』 『あっ、そうなんだ・・・でも来年大学は東京に行くからその時は絶対行くからねぇ』Na『うーん、おいでねぇ。楽しみだわぁ、きっと職場のみんなも会うの楽しみだと思うわぁ。可愛がられそうだものぉ』
検診の合間になんの話をしてるんだかですね。今回はNagie一人だったので、先生も気楽だったのでしょうね。いろいろ雑談を交えながら笑いながらいい感じで進んでました。

終わった後はランチの時間までデパートを見たりして過ごしながら、今回のランチの目的店、BAnBAPIZZA(バンバピッツァ)へ。ここは同郷同僚、AKKOさんが見つけたお店。この近くには宇都宮餃子の有名店みんみんがあり、何度か通り過ぎていたので、Nagieも気になっていたのです。やはり美味しいのですねぇ。ランチピザは4種類・・・悩むなぁ。夕べもおみおつけだけだし、今朝もグレープフルーツとコーヒーだけ。検診の後はずーーーっと歩っちゃったし、お腹はグゥグゥ状態。エリンギをたっぷり使ったピザをセレクト。それにサラダにコーヒー。
まずはサラダ、酸味の効いたドレッシングはぷるっとするなぁ。空腹すぎるNagieには胃にちょっときつい。でもすっぱい物好きなNagie、胃がやばいぞーと思いながら食べちゃった。
その間に店主さんは丁寧に、仕込んだピザ生地を延ばしている。ほっほぉー、腰がはいってるねぇ、君ぃ、いいよいいよ、ジュル。。。。薪が焚かれた釜に入れること数分、ぽこぽこに膨れ上がった美味しそうなピザが取り出された。仕上げにオリーブオイルをさっとかけて出来上がり。
a0070133_19592026.jpga0070133_1959421.jpg凄いもっちりだぁ。美味しい。宇都宮の中ではかなりのレベルなのじゃない?私ごときが生意気ですが本気です。最近のお気に入りピザや(代々木上原とあるピザや)には生地の風味はかなわない、というかあのレベルの生地は普通殆どのお店が無理だから・・・。

薪窯焼きピッツァ専門店 BAnBAPIZZA 宇都宮市馬場通り4-3-1 028-643-8001

午後の仕事を済ませて皮膚科へGo!そして勝利の勲章写真。どうしたのでしょうか・・・うふふ。
a0070133_2085858.jpg


東京に戻っていつものバーへ。吃驚したよー、満席状態。最近混んできたけどこの光景ははじめて見た。嬉しいような悲しいような。カウンターにはよく合う常連さんY君がいた。ちゃっかり隣に座ってお喋り開始。彼のおつまみ、鶏肉の味噌漬け山椒焼きをいただいた。味噌のしょっぱさが調度よく、丸みのある感じで柔らかくて美味しかったです。
今回は珍しくカクテルからスタート。アメリカンチェりーとスプマンテのカクテル、オーダー。
するとバーテンダーATOBE君が『スプマンテがいいですか?他のでもいいですか?折角だから僕のオリジナルのをお出ししてもよいです?ちょっとNagieさんのイメージで考えたのがあるんですよー』おっ、こりゃまた凄いね。とても可愛いピンクレッドのアメリカンチェリーをたっぷり使ったカクテルが登場。正直、何を使っているのか分からないけれど美味しいことだけは確か。
ATOBE君はもうじきここを卒業するらしいです。他店(同グループの・・)に行くことに決まったらしいです。研修期間しゅーりょーてところなのでしょう。私の行ける範囲のところだったらよいなぁ。そしてこの後、ロックでいくはずが出されたボトルがこちら・・・正直、こちらはストレートの方がよいのですけどねぇ・・・の一言にではストレートで加水用のお水を少々いただいて。ううううううまい。Nagieの好みはどちらかというとアードベッグのほうですねぇ。
アルコールのたった香りのわりに唇に当たる感じは柔らかく、フローラルな香りを感じることが出来る。わりに色っぽいのですがいやらしい色っぽさではなく、貴婦人のよう。時間がたつと香りも味わいも変化してきますが、この変化を楽しむのもお酒の楽しみのひとつですな。
a0070133_20265096.jpga0070133_20271494.jpg












夏にはここで和食とお酒のマリアージュを企画することになりそうです。オリジナルのメニューを組んでそれに店長坂本氏がお酒を厳選する。面白そうです。どんなスタイルにしていくかは、もっと話し合って練りこんでいかないとね。それにしても楽しみだ。料理も最高に美味しいからね。

最近、真剣に困っている・・・何を・・・私がプロ並に料理が上手いと勝手な噂が立ってしまっている。確かに下手ではないけどプロ並では絶対ない。普通にそこらへんにいくらでもいるレベルです。しかも全然料理しないし・・・どうにかならないかなぁ。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-06-02 20:43

感覚を開かせる料理ってこれじゃない?

先日、伺ってすっかり気に入った代々木上原ピザやさん。職場のみんなで行って来ました。大人のピザや・・・さて若者たちは如何に。。。。前回の時にもすごーく気になっていたドライトマトのスモーク。そして大好きなピクルス。
自然の姿のままの野菜たちが綺麗に盛り付けられて出てきた。お野菜だけを見て美味しいと思うことって意外に少ないですよね。みんな、わぁーーーって言っていたような気がします。a0070133_21304451.jpga0070133_2133213.jpg








トマトのスモークはトマトの甘みがしっかりとしていてスモークチップの香りでしょうか、これが・・とてもフローラルな香りなんです。ピクルスも変にきつい酸味もなくとても柔らかいお味。お野菜の味を損なわないような漬け地。そして相変わらず(というほど行っていませんが)の野趣溢れるダイナミックな一品たち。
a0070133_2142473.jpga0070133_21504738.jpg

莢ごとピザ釜で焼かれた空豆は莢を割って取り出すと湯気が立ってホクホク感が堪らない。
適度に水分が抜けて甘みが増す。塩をつけていただくのですが、このシンプルさがよい。
新玉葱の釜焼きはこれまた野菜の滋味溢れた甘さで、もうほっぺた落ちそうです。少し辛めのお味噌でいただくのですが、私たちはお塩でいただきました。シンプルな方が玉葱のそのままの味を楽しむことが出来る。a0070133_21592437.jpg
そして40cmもあろうか・・・・長茄子の蒸し物。こちらはおなじみの味です。お醤油、酢そして茗荷、生姜、紫蘇、貝割れ。さっぱりしていてペロッと食べられちゃいます。しかし長いですねぇ。びっくりですよ。




そしてピザ2種。まずはハーフ&ハーフでアスパラとマルゲリータ。どちらも絶品。とにかく生地の風味が恐ろしく豊かなのです。この生地をさっと焼いた物にオリーブオイルだけをかけたというメニューがあるのですが絶対に美味しいはずです。そしてこちらは我が職場の若者ちゃんたちに絶対食べさせたかったピザ。前回、嫌々食べたはずのNagieもあまりの美味しさに絶句し雄叫びをあげた、デザートピザ。今月まではイチゴ。来月はブルーベリー、また行かなきゃ。
a0070133_2265652.jpga0070133_2292398.jpg










しかしこちらのお料理、とにかく素材の味を壊してしまうような味付けが一切ない。ピザもチーズが控えめでそのチーズもとても美味しい。ぐわっとチーズの味が押し寄せてくるというよりは野菜たちと共存している感じ。あっ、いるいる・・・ていうような。濃い味付けに慣れすぎてしまった舌には物足りないかもしれない。
Nagieは常々、このブログにも時として書いていますが五感で食べたいと思っている。だからこちらのお料理も本当に大好き。夏にこちらの常連さんの画家さん(イラストレーター&エッセイスト&ダッチオーブン協会の会長?)が軽井沢で個展をしますが、その時にダッチオーブンパーティーが催され、全然知らないのにNagieとakkoさんはそれに参加したいのですが大丈夫かとオーナーさんに問うてみた。全然問題なしというお返事(快諾と受け取り)を頂き、さっそく仕事の調整をすることに決めました。ずーずーしい私たちです。顔を忘れられないうちにまた行きます。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-05-29 22:24

Nagieの食卓

我が家は母も働いているので夕飯は一緒になれば外食が殆ど。ある年齢になってNagieが母に言ったこと・・・『私が子供の頃や働くようになってからもいつもご飯を作ってくれたけど、もう私の為にご飯を作る必要はないからね。もう十分してもらったから・・・』というわけで母も疲れちゃうから外食になる。
目黒の権之助坂途中にある古めかしいイタリアン。SALITA。。。。イタリアンとジャンル分けするのもおこがましいほどの風体。どちらかというと喫茶店に近い。夜遅くに行くとスポーツ新聞片手にビールを飲みながら・・・というおじさんもちらほら。近所の家族連れがメインのお店ですかね。
侮るなかれこちらのピザ、とても美味しくレベル高いです。嬉しいことにサイズが3種あるSサイズは本当に小さく直径10cm強というところでしょうか。女性ならこれにたっぷりの野菜で十分、もしくは二種類食べられるかもしれません。そしてSは500円(殆どのものが)Mは890円、Lは食べたことがないので・・・・
本日の注文。ズッキーニのフライ(500円ぐらい)熱々で薄付きの衣はパリッとしている。これをさっぱりしたトマトソースに付けて食べる。ふぅふぅ・・・はふはふ・・・・美味しい。
そして茄子のグラタン。あまり余計な物が使われていず、たっぷりのトマトソースと茄子、それに適度な(少なめ)チーズ・・・さっぱり。Nagieのままりんのような年寄り向きです。
全般的に塩気も抑え気味でイタリアンですがヘルシーだと思います。というかそういうものしか食べてないのかも知ません。なんせ私たち親子はお肉はどこのお店に行っても注文することは少ないから。んー、中華の酢豚くらいか、積極的に注文するのは、母の大好物なものでして。a0070133_2334164.jpga0070133_23344788.jpg









そして本日のピザは海老のピザMサイズ。あー、美味しいなぁ。いつ食べてもほっとする味。
a0070133_23411962.jpg


これにたっぷりのグリーンサラダを食べて・・・なんとお値段3000円ポッキリ!!!これ、安くないですか。スーパーでお買い物してもこれじゃ済まないですよねぇ。
本当に胃にも心にもそして肝心のお財布にも優しいお店です。目黒は有名でもなんでもないけれどこのようなスタイルのかなり美味しいお店が多い。殆どが家族連れのお客さんばかりで寛げて、時にほっとさせてくれる。貴重な存在。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-05-28 23:46

軽井沢の風を感じた。。。。

ここは代々木上原にあるとあるピザや。マルゲリータとかもあるのですがメインはどちらかというと和風素材。蓮根、アスパラ、たらの芽、明太子・・・・
まずはシーザースサラダと新ジャガイモのピザ釜焼き春キャベツ添え。出てきた野菜の量と野趣溢れる盛り付けにびっくりした私たち。a0070133_23294889.jpga0070133_2330778.jpg










本当は筍のピザ釜焼きが食べたかったのですが既に売り切れ。(どうでしょうか、入荷がなかったのかもしれません、だってまだ8時ですよ)野菜は瑞々しくて歯応えもあり、とても美味しい。
どうだろうか・・・有機野菜というわりに名ばかりであまり美味しくない野菜が多いこの都会で、久しぶりに田舎の野菜を食べた気がします。シーザースサラダはどこで食べてもちょっと味が濃くて仕舞いにはチーズをこそげ落として食べたくなりますが、こちらのはそんなこともなく、どれ一つとっても美味しくバランスがよい。そして新じゃがの釜焼きにNagieは絶句し、涙した。
旨過ぎる。新じゃがってさっぱり瑞々しさがうりものですがこちらのジャガイモはねばりがあるのですよ。そして焼くのにバターが使われているのですがそのバターの美味しいったらありゃしない。食べた瞬間、牧場の香りがしましたよー。あまりバターは得意じゃないけどエシレバターみたいで凄く美味しい。もう味のバランスに抜かりがないのですよ。
そしてピザ二つ。アスパラ(アンチョビとモッツァレラ)とたらの芽(抹茶ソースと2種類のチーズ)のハーフ&ハーフにしました。
a0070133_23452748.jpga0070133_23454996.jpg










アスパラも美味しかったのですが私たちが感動したのはたらの芽です。抹茶ソースのせいでしょうか、それともたらの芽本来のえぐみか・・・ほんのり苦味があって個性的です。チーズが少なめでさっぱりしています。厳選した小麦粉を数種混ぜ、ベルギービールの酵母で発酵させたピザ生地は風味豊かでモチモチしていた。イタリアンで食べるピザとは全く違うけどやっぱりピザになっているのです。仕上げはデザートピザ・・・・正直Nagieはこの手のものは得意ではないのですが、友人どもが是非とも食べたいということで、ケーキ代わりということにしてオーダー。食べてみたら・・・やられちゃいました。生地は少し薄めに仕上げてあるせいとフルーツだけなので逆に口の中がさっぱりして、食べ終わった後にはまた何か食べられそうな勢いでした。
デザートピザと一緒にローズヒップティーを頼んだらこんな素敵な鉄瓶に出てきました。
とに角お洒落で大人のピザやさんです。お客さんも地元の人とクリエイティブ系の方が多いみたいです。この日も年配のスタイリストさんに画家さん、某有名フードライターの方々でした。
a0070133_2348556.jpg


凄く嬉しかったと共になんとも残念だったのは、清水牧場のチーズの盛り合わせがあったことそして本日売り切れだったこと。清水牧場のチーズはNagieが一番好きなチーズ。最近取り寄せようかなぁなんて思っていたところでした。友人二人は、Nagieがチーズでこんなに興奮しているのを見たことがないだけに是非とも食べてみたいと言っていた。本当に残念でなりません。激旨ですよ。

私たちは代々木上原といえば・・・お好み焼・璃○、お野菜のコースのあるイタリアン、そしてここということにした。他ウェストパークカフェもあるが手軽さでは軍配が上がるがおいしさという点では追いつくことはできない。あー、美味しかった。お腹がはち切れそうです。

[PR]

by gota-de-fericidad | 2007-05-17 00:01